⽇本最⼤の芸術系通信制⼤学院は、
さらにひらかれた創造と研究の場へ。

学びの窓は、教室にあるとは限りません。
いまや、ひとりひとりの⼿のひらに、
芸術探究の⽷⼝があります。

⾃由にひらかれた学びが、
これからの芸術のありかたを変え、
⼈の⽣き⽅を変え、
社会のかたちを変えていきます。

⼈⽣百年時代を、芸術によって磨かれた
思考と実践⼒で、しなやかに⽣きていく。

どこで暮らし、どこで働こうとも。
芸術の技と知恵と⼼を⽣かして、
自分自身も、関わる⼈も豊かにしていく。

この芸術運動の広がりが、
より良い世界の実現につながることを願って。

2022年8月
当特設サイトにて情報公開予定

※1 自大学調べ

※2 学際デザイン研究領域、コミュニケーションデザイン領域、写真・映像領域、美術・工芸領域は初年度納入金46万円(入学金10万円、授業料36万円)。
文芸領域、芸術学・文化遺産領域は初年度納入金47万5千円(入学金10万円、授業料37万5千円)※別途入学選考料3万5千円

募集領域

芸術研究科(通信教育)芸術専攻 修士課程
領域 分野 募集定員
芸術学・文化遺産 芸術学〈芸術理論・西洋美術史、日本・東洋美術史〉、文化遺産〈歴史遺産学、芸能史・伝統文化研究〉 450名
美術・工芸 日本画、洋画、工芸デザイン
写真・映像 〈写真、動画、アニメーション、写真映像に関する展示・出版〉
文芸 〈文芸創作(純文学)、文芸創作(エンターテインメント)、評論・編集・活動支援〉
コミュニケーションデザイン グラフィックデザイン、映像デザイン、空間デザイン
学際デザイン研究 〈デザイン思考・伝統文化の活用〉

出願期間

2023年1月23日(月)~2月21日(火)[消印有効]

※web手続きと郵送での書類提出。

※募集要項は10月上旬公開予定。

通信制大学院特別イベント

8/24(水)19:00-20:30(オンライン、事前申込制)
「今の社会で求められる芸術の力とは?」をテーマにした上村博研究科長によるスペシャルトークに加え、本学大学院の紹介と進学のために必要な準備についてお話します。

※領域別の入学説明会は10月以降開催予定。

通信制大学院メールマガジン

メールマガジンにご登録いただくと、通信制大学院「芸術専攻(通信教育)」の最新情報をいち早くお届けします。