通信教育部

ニュース

  • LINEで送る

2017年3月13日  ニュース

【空間演出デザインコース】祝・学長賞受賞!

皆さんこんにちは。
空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
花粉の飛び交う季節、花粉症の私は困り果てているのですが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

 

さて、今回はそんな花粉を吹き飛ばすうれしいニュースをお届けします。
この日曜日から京都の瓜生山キャンパスで開催中の2016年度京都造形芸術大学(通信教育)卒業・修了制作展にて、われわれ空間演出デザインコースの姜幸さんの作品『駄菓子日和』がデザイン科の代表として学長賞を受賞されました!姜さんおめでとうございます! !

photo01

搬入日、尾池学長らにプレゼンテーションする姜さん。

姜さんの作品は、かつては近所の子供たちのコミュニケーションの場を担っていた駄菓子屋さんが少なくなったことをきっかけにして駄菓子に着目し、そうした子供たちの心を惹きつける駄菓子を応用すると新しいコミュニケーションツールを生み出せるのではないかということで、パッケージからそのまま食べてしまいがちな駄菓子に「もてなし」という一手間を加え、駄菓子どうしを組み合わせたレシピを開発して、さまざまなシチュエーションに合わせて子供たちや、親子が楽しい時間を過ごせる駄菓子屋的コミュニケーションの場(空間)の提案をまとめられています。

でも、こうして文章にするとあっさりしてしまうのですが、実際には、266種類もの駄菓子を一つ一つ念入りに調査し、駄菓子屋さんへの取材も精力的に行い、まるで駄菓子博士のように徹底的に調査研究をすすめられ、その背景をまとめた書籍を見た人に「えっ?これ市販の図鑑でなかったのですか!?」と言わしめるほどの圧倒的な説得力を持った作品になっています。
ぜひ、このブログをご覧の皆さんには展覧会に足をお運びいただき、その成果をご覧いただけましたら幸いです。

ちなみに、展覧会初日には、展示作品の前で駄菓子ワークショップも開催され、クジが完売となる大盛況でした。

photo02

展覧会初日のワークショップは大盛況。

尾池学長からは、次の課題となるアイデアもいただき、ますます駄菓子コミュニケーションの可能性を追求する道が開けた姜さん。これからも頑張ってください!!

他にも、空間演出デザインコースでは、過去最多の26名の作品が展示されています。そのどれもがオリジナルの視点でおもてなしのデザインが追求された結果となって結実しています。ご来場いただけない方には、全作品をご覧いただけるデザイン科WEB卒業制作展を6月30日(金)まで開催していますので、ぜひご高覧ください!

 

デザイン科WEB卒業制作展

 

おまけ。
卒業制作展の搬入日の様子です。
卒業生たちも駆けつけてくれ、空デ一丸で設営に取り組みました!

photo03

クーラーをつけるほどの熱気です。

photo04

美しくなるように、床も張ります!

photo05

そして、、、皆さんが帰った後、上田先生が最後に箒がけ!「とことん美しく!」

 

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年1月31日  ニュース

【染織コース】スクーリング「腰機で帯を織る」完成作品紹介

みなさんこんにちは。通信染織コースです。2月に入ると今年度最終のスクーリングシーズンとなります。厳しい寒さも少しゆるんで染織に集中できる時期となりました。

授業の中にはスクーリング後に自宅で作品を仕上げるものもあります。「腰機で帯を織る」もその一つです。

 

この授業は1年次に履修します。ほとんどの学生が初めてか、二度目に取り組む織物です。

織っている様子はこちら。

 

写真1 写真2

長机に経糸(たていと)を取り付けて織っています。織っている側の糸の端は丸い棒に通してロープをかけ、腰で引っ張っています。足をかけているのは糸をぴんと張るためです。経糸の張り具合は織物にとってとても重要です。張ったり緩めたり、ちょうどよい張り具合になるように身体を前後に動かしながら織ります。 ちなみにこの長机はとても重宝で、腰機の経糸を取り付けたり、簡易の整経台を取り付けて整経(経糸の準備作業)をしたり、脚部を折りたたんで着物や屏風の展示台にしたり、絣を括るための台にしたりしています。 慣れないうちはなかなか織り進みません。そのため3日間の授業が終わったら続きは自宅制作です。 まずは自宅で経糸を取り付ける場所を探します。昔ながらの大黒柱があれば理想的ですが、現代の住宅にはほとんどありませんね。でも大丈夫。食卓をはさんで椅子の背もたれに取り付けたり、キッチンカウンターの端に取り付けたり、あまり使わなくなったエクササイズ用のバイクに取り付けた人もいました。探せば必ずありますよ。クランプや紐を駆使してしっかりと固定します。 自宅ではテキスト科目や他のスクーリングの事前課題など、しなくてはならないことがたくさんあります。一日のうち短くていいので織る時間を決めておくのが織り続けるためのコツです。 完成作品はこちら。

 

DSC_0001 DSC_0001s DSC_0002 DSC_0004 DSC_0006s DSC_0007s DSC_0008s DSC_0009s DSC_0010s DSC_0044s DSC_0070s DSC_0100s DSC_0101s DSC_0172os DSC_0172s DSC_0173s DSC_0174s DSC_0177 DSC_160708s

長さは4メートル前後です。

 

通信染織コースブログで完成作品をご紹介しています。

http://tsushinsenshoku.blogspot.jp/

(ラベルは作品紹介)

 

織物は時間がかかります。一段一段のよこ糸を織り込んでほんの少しずつ進んでいきます。はじめのうちはなかなか進まず「いったいいつ織り終わるのだろう?」と思ってしまうのですが織っているうちにどんどん早くなっていきます。

人間の手仕事は慣れるに従って驚くくらい早く、また美しくなっていくのです。そんな織物の心髄に触れることができる課題です。

 

 

 

染織コース | 学科・コース紹介

染織コースブログ

 

【芸大の学びが体験できる入学説明会開催!(予約不要・参加無料)】

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_feb/

 

  • LINEで送る

2016年12月19日  ニュース

【芸術教養学科】新しい「WEB卒業研究展」サイトができました!

 芸術教養学科は、「てのひら芸大」とも呼ばれ、スマートフォンやタブレットなどで勉強が進められることが特徴となっています。

 ネットで好きな時間に学ぶことができるのは大きな利点。でも、これを「バーチャルな学び」だと思ったら大間違いです。芸術教養学科での学びは、現実社会と深く結びついているのです。

 「芸術教養学科」という名前だけでは、何を学ぶところなのか、はっきりイメージできないかもしれません。名前からは、古今東西の芸術について物識りになるような印象があるのではないでしょうか。WEB上の動画で学べる「芸術史講義」はまさにそういう需要に応えるものです。しかし、芸術教養学科の専門の授業はそこにはとどまりません。そういう科目の話をする前に、その最終到達点である、卒業研究がどんなものなのかをご紹介しましょう。

 芸術教養学科は、最初の卒業生を送り出して以来、公開の合意をいただいたものに限りですが、「卒業研究」レポートを、「芸術教養学科WEB卒業研究展」としてインターネット上で公開してきました。そしてこの12月、満を持してサイトを全面的にリニューアルしました。  http://g.kyoto-art.ac.jp/

をまず打ち込んでみてください。

 まず目に飛び込んでくるのは、マルがたくさんついた日本地図だと思います。これは、2015年3月以来の卒業研究で取り上げられた、対象プロジェクトの位置を示しています。地域別にも整理されているので、そちらから見ていくこともできます。

01_map

WEB卒業研究展のトップページには地図が表示される

 

 レポートをごらんいただければわかるように、これらは現実に存在している場所や行事、作品やプロジェクトを調査し、芸術教養の観点からその特筆性等について検討を加えたもの(地域文化資産の評価報告書)です。先のマップが示しているように、このサイトはさまざまな地域のアートリソースを記載した、成長し続けるガイドブックにもなっているのです。

 このレポートを眺めていくと、いくつかのことに気づくでしょう。一つは、いわゆる「アート作品」だけではなく、現実社会に存在する人間の創造的な仕事全般を見ようとしていること、もう一つは、地域的なものがとらえられていること。

 芸術教養学科の専門教育科目では、そうした現実的な事例について考えていく視点と方法を学びます。それはデザイン思考と伝統文化への理解の2つを軸にしています。ご覧になっている卒業研究レポートでも、優れた作品の中にはそうした学びの成果がはっきりと現れています。

02_repot-list

リストの冒頭を見るだけで、取り上げられているテーマの多様さがわかる

 

 芸術教養学科が「バーチャル」ではないのは、教員や学生同士の交流が盛んに行われているところにも現れています。つい先日の12月10日(土)にも、大阪でフライング・カフェ(オフラインの学習相談会)を兼ねた忘年会が開催されました。教員としては加藤志織先生と私下村、それにこれから卒業研究に取り組む人、すでに卒業した先輩方、この春・秋に入学されたばかりの方、バリバリの現役生、いろんな方が集まり、学びと親交を深めました。なんと会場になったレストランも、卒業生のOさんがプロデュースしたお店。芸術教養学科にはいろんな出会いがあるのです。

03_FC

フライング・カフェ後の記念写真

 

 WEB卒業研究展を見れば、芸術教養学科の学びがどこに行くのか、よくわかると思います。卒業生や学科で学んでいる人だけでなく、今学び始めようとしている方にこそ見ていただきたいと思います。

 最後にもう一言。通学制の諸大学の卒業論文からの連想で、「卒業研究」という科目の存在をプレッシャーに感じる方もいるようです。でも、こうして見てみると、ボリューム的にはそんなに多くないことがわかると思います。内容は深いものですが、ボリュームと時間についてはそれほど心配なさらなくても大丈夫。ぜひ一歩踏み出してみてください。

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

  • LINEで送る

2016年12月9日  ニュース

【ランドスケープデザインコース】活動報告

ランドスケープデザインコースはいつも社会に目をむけたテーマを発信しています。

 

例えば、スクーリングにおける講義や演習ばかりではなく、特別公開講座が行われます。また、日本造園学会での支部大会にて学生による研究発表も行われます。その一例を紹介します。

 

特別公開講座

2016年7月16日 講師:木村直紀(コミュニティデザインチーム㈱おかのて)

講座名「仮設住宅からはじまるコミュニティデザイン 岩手県住田町を事例として」

東北大震災からはや5年。現在も多くの方々が避難所暮らしが継続しています。そういう現状の中で、われわれランドスケープデザインを学ぶ者はどう現状と向かい合うのか。避難所でのボランティア活動のあり方や、被災者からの声をどう受け止めるのかを考える講座になりました。

特別公開講義 木村直紀先生

木村直紀先生

9月3日 講師:菊地直樹(総合地球環境学研究所)

講座名「コウノトリを軸にした包括的再生」

兵庫県豊岡市におけるコウノトリの野生復帰にまつわる地域の取り組みを、住民の環境への意識の変化そしてこれからの地域活動のあり方を軸に、ご講義いただきました。そこには、活動の成果の達成には住民意識が地道な取り組みのなかから形成されたこと、一丸となった気持ちをいかに継続してゆくのかを今後は問い続けること、などが見えたのでした。

特別公開講義 菊地直樹先生IMG_6729 (1)

菊地直樹先生

日本造園学会関東支部大会発表

2016年11月27日

日本造園学会の発表が、千葉市にある東京情報大学にて行われました。

ランドスケープデザインコース卒業生の山本亜美奈さんは「5%のヴィレッジスケープ 榛東村における景観保全の形」と題し、群馬県榛東村の地形特性を捉えながらいかに地域再生を行うのか6次産業化を入れ込んだ改善提案を発表しました。

同じくランドスケープデザインコース卒業生の井出あいみさんは「小学校連携による都市公園管理の可能性 東京都世田谷区砧公園を事例として」と題し、都市公園の利用のあり方、そして管理のあり方において、地元小学校の協力・連携の可能性を示しつつ、その上におけるパークマネージメントのあり方、今後の公園運営での環境教育の位置づけについて発表しました。これらは彼女たちの卒業制作において発表された研究テーマであり、指導教員の髙梨武彦と髙崎康隆先生との共同研究として取り組みました。

造園学会発表 山本亜美奈さんと井出あいみさんIMG_8065

ランドスケープデザインは「人」と「自然」と「時間」の総合芸術です。震災復興に取り組もうとする学生、ランドスケープアーキテクトを志す学生、庭づくりに興味を持つ学生、NPOやボランティアなどで環境問題に取り組もうとする学生、庭園文化を学ぶ学生など多様な学生がともに学んでいます。そして、その師となる教員たちもまた、

時代を見据え、一歩先を意識して取り組んでいます。

ランドスケープデザインコースには、学ぶことや研究することへの努力を惜しまない人たちがいます。

学びたい方は、是非ランドスケープデザインコースの説明会に足をお運びください。

 

入学説明会&ミニ講義

「今こそ森林空間の風格を考えよう」

日時:12月11日(日)

場所:東京会場(外苑キャンパス)

 

詳細はこちらから    

教員:髙梨 武彦

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年11月25日  ニュース

【空間演出デザインコース】 「造形表現基礎(空間演出デザインII-1)」スクーリングのご紹介

皆さんこんにちは。
空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
11月には珍しく、東京では雪が降りました。気候が急変する毎日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?
さて、今日は先週末(11/19~20)に外苑キャンパスで開催されたスクーリング空間演出デザインII-1「造形表現基礎」をレポートいたします。

空間演出デザインコースでは、インテリアデザインを中心にしてさまざまな領域の学習へと視野を広げていきますが、1年次配当科目の「造形表現基礎」では、身近な素材としての紙に「折る」「切る」「曲げる」という加工を施して、多様な表現を探っていきます。
ご担当いただくのは、彫刻家の牛膓達夫先生と樋口保喜先生です。

 

まず、手を動かして作り始める前に、牛膓先生のスライドレクチャーです。上のスライドは、イギリスの彫刻家、アンソニー・カロの作品。太いパイプと細いパイプが異素材で接合され、非常に軽快に、まるで台座から滑り落ちんばかりの絶妙なバランスで構成されています。「コンポジション(構成)するためのコンストラクション(構造)」という、現代彫刻家の構成の妙に、最初は皆さん戸惑いながらも、楽しそうに彫刻を語る牛膓先生のお話しに引き込まれていきます。

photo01

講義中の牛膓先生

スライドレクチャーで造形する手がかりをつかんだ後は、2クラスに分かれ、1クラスはインスタレーション、もう1クラスは照明器具に取り組み、翌日はクラスのメンバーを入れ替えます。インスタレーションクラスでは、キャンパス内の空間に数十個の「紙のユニット」を点在させ、その空間に作用する形を考えます。ここはさすが空デの皆さん。居ても立っても居られず、すぐに教室を飛び出して、空間探しのスタートです。

photo02

インスタレーションの場所探し中

この方は、外苑キャンパスの中庭をインスタレーションの空間に選び、中庭に面した廊下の途中のひとつの地点から見るとそれまでバラバラに見えていた単体のユニットが突然、全体で意味を持つ形になって見えるようになるというインスタレーション作品を作られました。彫刻のような立体的なユニットを考えるだけでなく、ぺらぺらな平面的な紙でも、配置、構成の仕方によっては、立体的に空間に作用することができるという発見がありました。

photo03

時には先生にも配置の調整をお願いして、、、。

photo04

時には友人にも相談して、、、。

そして、照明器具のクラスです。照明器具も同じく紙のユニットを基本形態としますが、インスタレーションと異なるのは、「紙のユニット」を一体に組み合わせて全体を形作るということです。つまり、ここでは自ずとユニットが組み合わさった立体物(照明器具)が出来上がります。このクラスでは、水に濡らして形状を固定し、乾かすとその形状が保持される、ファイバークラフト紙という特殊な紙を使用しています。

photo05

ファイバークラフト紙の特性を語る樋口先生。

photo06

ファイバークラフト紙を水で濡らして乾燥中。

ユニットが決まればあとは全体をどのように形作るかを検討します。内部から照明を照らすという条件もありますので、影の出かたも考慮して、組み上げていく作業となります。この作業はほんの少しの構成の違いで全体の見え方がガラリと変わる、非常に重要な工程になります。

photo07

試作段階で何度も光の加減を確認します。

構成が決まり、全体が形作れれば作品の写真撮影です。合評会では写真を教室内の大きなプロジェクターで表示しながら行いますので、この撮影は最も大切なプロセスです。余計な光や、背景が映り込まない様に注意し、手ブレの無いように、カメラを三脚にしっかり固定して撮影します。

photo08

さぁ、うまく撮影できるでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雰囲気のある写真が撮れましたね。

 

授業の最後には牛膓先生から、2016年のノーベル医学生理学賞を受賞された大隈良典さんを引き合いに出し「基礎科学は基礎の段階では何の役にも立たないように見えるかもしれないけれど、その応用を見出されたときがすごい。この造形表現という美術の基礎も、皆さんがこれから取り組まれるデザインという応用を見出されたときに初めて活きてくるのです。頑張ってください!」と励ましの言葉をいただきました。

 

この授業では「点・線・面」という造形の基本要素を使用して、空間の演出を試みながら、発想、表現していただきました。言うまでもなく「点・線・面」という造形の基本要素はインテリアを設計する際にもまず押さえておかなければいけない要素でもあります。それらの要素をもとにして設計する意識がなければ空間のつながりがなく、バラバラな構成となり、また、一向に全体が形作られないことにもなってしまいます。今回は、紙という一見シンプルな素材でも、「点・線・面」から形作ることで、実にいろいろな表現やその展開の可能性があることを体験いただけたと思います。いつかきっとここで発見した「点」のようなアイデアが、線になり、面となって皆さんのデザインに昇華されることでしょう。

 

それでは、授業に参加された皆さん、牛膓先生、樋口先生お疲れさまでした!

 

おまけ
先日、11/3(木・祝)に関西、関東同日開催で空間演出デザインコースの秋の恒例行事、空デエクスカーションが開催されました。新入生をはじめ、卒業生たちも集まってくれた和やかなエクスカーションになりました。関西は滋賀県近江八幡市で開催していたアートイベント、BIWAKOビエンナーレ2016。関東は新宿区で公開されている作家や画家たちのアトリエ空間を逍遥しました。次回もまた面白い空間を訪ね歩きますので、開催をお楽しみに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関西:BIWAKOビエンナーレ2016の会場で作戦会議中

photo11

関東:画家・中村彝のアトリエに「お邪魔します!」

さらにおまけ
11/13(日)の一日体験入学に参加された皆さん、お疲れさまでした。
皆さんと同様、京都の研究室スタッフもとても楽しいひと時だったとのことです。
またお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

1 2 3 4 5 14

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。