こども芸術大学

2015年12月

  • LINEで送る

2015年12月2日  イベント

夜の瓜生山

いつも遊んでいる瓜生山と能舞台は夜になるとどんな世界を見せてくれるのだろう。

 

毎日過ごしている場所で夜を感じ、子どもたちにいろいろな発見をしてほしいと、お母さんたちが素敵な企画を考えてくれました。

 

14時にいつもどおりさよならをした後、夕日が見える16時すぎに能舞台に親子で集合しました。

IMG_9699

「うわーきれい」

夕日を見て、子どもも大人も歓声をあげます。

せっかくなので刻々と変化する夕焼け空を絵に描いてみました。

IMG_9677 IMG_9678 IMG_9684

「この絵、太陽で燃やすねん」

 

ある男の子はそう言いながら、夕日に向かって絵を掲げていました。

今にも燃え出しそうな黄金色の太陽に心を動かされたからこそ、こんなおもしろいことを思いついたのでしょうね。

IMG_9690

もうすぐで日が沈みます。

「ばいばーい」

IMG_9694 IMG_9699 IMG_9702

お母さんたちも夕日を見つめています。

こんなふうにゆっくりと日が落ちていくのを最初から最後まで見られる時間は貴重ですね。

IMG_9703

「あ、UFOみたいなのあったよ」と1人の男の子が言い出しました。

 

「ほんとや!」

「隕石じゃないかなぁ」

「いや、宇宙ゴミかもしれないよ」

 

みんなで空をじっと見つめます。

写真中央にある白い点がそのUFOです。

IMG_9709

 一眼レフでズームにして写真を撮ってみると、なんと赤く燃えているではありませんか。

「うわー本当に宇宙ゴミや!!!」

 IMG_9710

隕石か宇宙ゴミか、はたまたUFOかは分からないですが、まさか今日みんなでこんなすごい大発見ができるなんて。

子どもたちは嬉しくて大興奮でした。

(その物体が落ちていく先に関西国際空港があることは、もちろん大人たちの胸にしまっておきました)

 

さぁ、ついに夜がやってきました。

街の明かりもちらほらと着き始めました。

IMG_9712

振り返ると瓜生山は真っ暗です。

今からみんなで夜の山を歩いていきます。

IMG_9716

ドキドキするけどお母さんと友だちがいるから大丈夫。

手をつないで出発です。

IMG_9721

山の中は真っ暗で、とても静かでした。

子どもたちは耳を澄ませ、じっと暗闇を見つめて進んでいきます。

イノシシやおサルさんに会ったらどうしようか考えている子もいました。

IMG_9728

真っ暗な中を懐中電灯の明かりだけを頼りに進んでいきます。

 

「あっこども芸大だ」

木々の隙間から、学校の窓からもれる光を見つけた子どもたちは嬉しそうに山を降りていきます。

「ただいまー!」

IMG_9730

こども芸術大学に戻ったらウッドデッキでかぼちゃスープを飲みました。

とても温かくて、おいしくて、みんな何回もおかわりしていました。IMG_9732

今日の夜の活動は、きっと子どもたちの心の中に印象深く残ったことだと思います。

(村井)

 

 

  • LINEで送る

2015年12月2日  イベント

11/28(土) 公開セミナーの報告

こども芸術大学のお山の木々も冬支度を始め、すっかり秋色です!

足元にはたくさんの落ち葉。

空を見上げれば、真っ赤なもみじ。

 IMG_9760

 

お母さんお父さんのための公開セミナー

 

たくさんのご応募ありがとうございました。

 

また、日々の子育てと家事でお忙しい中、

お越し頂いた皆さま、

本当にありがとうございました。

 

前回は「大人も!子どもも!人とのかかわりの中で育つ

~子育てのこと、ざっくばらんに話しましょう~」を

テーマの座談会形式でのお話しでした。(担当:坂本)

 

そして、今回は、

「生活リズムを考える~子育てちょこっとポイント~」を

テーマにお話させていただきました。(担当:千葉)

 

生活リズムを整えることがなぜ大切なのか、

生体リズムとホルモン分泌について知ると

自ずと『早寝・早起き・朝ごはん!』と

言われる理由が見えてきます。

 

睡眠・食事・排泄・活動のちょこっとポイントとして

それぞれに適した時間、環境、形態、姿勢や 

生活リズムを整えるために大切な5つの定点。

そして、5つの定点と生体リズムを合わていくための

4つの外部刺激などをお伝えさせていただきました。

 

生活リズムを整えることは、

生きる土台づくり!

元気でたくましい心と体は

親から子への健やかな未来へと続く

プレゼントです。

 

子育ての時期は楽しいばかりではありません。

悩んだり、立ち止まったり、泣いたり・・・

もしかしたら、そんな日のほうが多いかもしれません。

でも、やっぱり、楽しく過ごしたほうがいい!

日中は子どもと遊ぶ!笑う!楽しむ!に

徹する時間を持ちましょう!

 

子どもたちとご家族の皆さんが、

心身ともに元気に楽しく

日々を過ごされることを願っています。

 

IMG_9740

 ありがとうございました。   (千葉)

 

 

  • LINEで送る

2015年12月1日  ニュース

12/1 くす玉づくり

 今、密かにこども芸大で流行り始めたくす玉づくり。

大人が折っているのを見て、「おりたい!」「おしえて!」と

興味を持った子どもたち。

一人、二人とどんどん折り紙仲間が増えています。

 

12枚の折り紙を折って、組み合わせていくと、

素敵なくす玉ができあがります。

IMG_9936

IMG_9937

 色の組み合わせを考え、折り紙のサイズを変えて難易度をあげたりして

コツコツと楽しんでいます。

折り方は割りと簡単だけど、12枚を折りきるのは大変。

そして、組み立てるのもなかなか難しい。

 

だからこそ、出来あがったときの喜びも大きいようで、何個も何個も挑戦しています。

IMG_9940

折り紙を折りながらの、こども同士のおしゃべりもとっても楽しそう。

IMG_9939

 これから瓜生山にも寒い冬がやってきます。

子どもたちといろいろなモノ作りを楽しんでみたいなと思います。

 

 (坂本)

 

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。