MENU

アドミッション・ポリシー

通信教育部の概要

1

本学の通信教育部芸術学部は文部科学省に認可された正規の4年制大学です。卒業時に学士(芸術)の学位が授与されます。

2

入学試験はありません。出願書類をもとに入学資格の有無を確認するための書類審査を行います。
最終の学歴によって、1年次入学はもちろん、3年次への編入学も可能です。

3

芸術系大学の通信教育課程としては、全国最大の規模を誇っています。47都道府県に在学生がおり、2016年5月現在の学生数は、6,653名です。

4

インターネット学習のみで学べる芸術教養学科と、対面授業と自宅学習で実践的に学べる芸術学科、美術科、デザイン科の4学科13コースを設置。自分にあったスタイルで芸術を学ぶことができます。

5

卒業を目指す4学科の他に、1年間で学べる科目等履修生制度(博物館学芸員課程)や、好きな講座を1講座から受講できる藝術学舎(年間約350講座)を設けています。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

芸術学部通信教育部では、芸術やデザインに関心を持ち、それぞれの生きる場にありながら、柔軟な思考をもって他者と協力して社会に貢献しようとする志と意欲を持つ人を受け入れています。
入学志望者には特に以下の点を期待しています。

  • 現代の人間・自然・社会の諸現象について問題意識を持つこと。
  • 他者の理解を得ながら学ぼうとする真摯な姿勢を持つこと。
  • 必要な知識や技術をみずから学び身につけること。