MENU

よくあるご質問(科目等履修生)

資格課程(博物館学芸員課程)

パソコンについて、インターネットは使えますが、あまり難しいことはできません。大丈夫でしょうか?
「airU」での学習方法については初回スクーリング時に説明いたします。ご不明点などがあれば、スクーリング時に質問してください。
短大卒業(短期大学士)ですが、出願できますか?
残念ながら、日本の学士、修士、博士いずれかの学位を有していない方は、出願することはできません。ただし、京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科・芸術学科・美術科・デザイン科の正科生(4年制)に編入学し、博物館学芸員課程に受講登録をして、定められた科目を修得することで、卒業と同時に資格を取得する方法があります。
レポート課題や単位修得試験が不合格となることもあるのでしょうか?
課題に的確に解答していなかったり、内容に不備のある場合は、不合格となり、再提出が必要となります。不合格となった際は、年度内の提出・受験期間に再提出・再受験できます。また、所定の締め切りまでに提出できなかった場合は受け付けられませんので、しっかりとした履修計画を立てて学習をすすめてください。
スクーリング受講希望日を変更することはできますか?
4月・6月開講「博物館実習1(事前指導)」の受講希望日は、出願時から変更することはできません。一方、「博物館実習2(館園実習)」は6月下旬、「博物館実習6(事後指導)」は9月上旬まで受講希望日の変更を受付しています。
スクーリングを欠席・遅刻・早退するとどうなるのですか?
スクーリングは、欠席・遅刻・早退をすると単位認定されません。1日の授業時間は原則9:30~17:40です。スクーリング日時には十分気をつけてください。
分からないことがある時はどうしたらよいのですか?
学習や事務手続きに関する質問・相談は、学習用Webサイト「airU」もしくは電子メールで受付しています。
博物館学芸員資格を取得すれば、学芸員として博物館や美術館で働くことができますか?
実際に博物館や美術館で働くためには、各館の採用試験に合格しなければなりません。
求人が非常に少ないため、資格を取得すれば、学芸員として勤務できるというわけではありません。しかし地域の美術館等でボランティアスタッフとして活躍する等、この資格を活かして幅広く活動している方もいらっしゃいます。
以前、他大学で学芸員資格に関する科目を修得しました。単位を認定してもらえますか?
他大学で修得された単位は、既修得単位認定の対象とはなりません。
学芸員資格に関する科目の中で、既に修得済みの科目がある方も本課程を修了するためには修了要件である19単位をすべて修得する必要があります。
「博物館実習2(館園実習)」を学外の博物館や美術館で受講することは可能ですか?
学外の館で実習を受講することはできません。
必ず本学京都・瓜生山キャンパスの芸術館(博物館相当施設)もしくは、長野県茅野市にある本学附属康耀堂美術館にて受講してください。
テキスト代はかかりますか?
必修科目(テキストレポート科目およびスクーリング科目)の指定テキストは、全て有料※です。市販されている場合は各自で購入したり、図書館等で借りて学習することも可能です。
  • ※ 参考価格:電子テキスト3冊、印刷製本版テキスト3冊の場合、計12,005円(税別)
紙のテキストで勉強することはできますか?
本課程ではほとんどの科目において、電子テキストを使用いたしますが、紙のテキストを希望される場合は「airU BOOK STORE」で購入できます。
なお、一部の必修科目(テキストレポート科目)では紙のテキストのみであり、電子テキストのご用意はございません。