MENU

全コースが学べる

共通科目

GENERAL EDUCATION COURSES
SPECIALIZED BASIC COURSES

どのコースの学生にも開かれた、
多彩で奥深い学びの宝庫。

興味に応じて自由に選び、「教養」や「専門性」を深められます。

  • ◎総合教育科目
  • ◎学部共通専門教育科目

共通科目の特長

01多くの科目をWebで履修可能。

テキストレポート科目、Webスクーリング科目あわせて94科目を、インターネット上で履修可能。自宅にいながら単位修得試験までWebで受けられます。

02幅広く知や感性を深める。

芸術大学ならではの専門的な学びはもちろん、哲学や地域学も。幅広く本格的な内容で、さまざまに視野を広げ、感性を磨けます。

03学外などの体験も豊富。

京都や全国各地での学外スクーリングや、芸術大学の施設を活かした制作など。実際に現地を訪れ、手を動かす学びも数多く用意。

  • ※総合教育科目、学部共通専門教育科目のなかには、必修科目となっているものもあります。
  • ※芸術教養学科は、テキストレポート科目、テキスト特別科目、Webスクーリング科目のみの受講となります。

科目ピックアップ

芸術大学ならではの学びを体感できます。

テキスト科目、スクーリング科目ともに、「芸術大学」ならではの特色ある学びがずらり。インターネット上で学べるWeb科目も選んで受講することができます。

Pick up!

  • テキストレポート科目 論述基礎 大学の課題として求められる、レポートや論文の書き方を学びます。
  • テキスト科目 造形基礎演習1、2 自宅学習で、鉛筆デッサンやコラージュなどに取り組みます。美術科の必修科目でありながら、他学科の学生も多く履修する人気の科目です。
  • テキストレポート科目 地域を探る 「世界を見る目」を自分の居住地域から学ぶことを目的としています。そのためにまず、地域を知り、さらに分析するための方法について学びます。
  • スクーリング科目 地域表現演習1
    (岡山/井原)
    山間にある青野地域に分け入り、そこで生まれているさまざまな表現に触れ、風土と創造の今を考えます。
  • スクーリング科目 デッサン基礎1〜4 初めての人でも安心してデッサンをいちから学べます。「入門・静物 1」「入門・静物 2」「人体・ヌードクロッキー」「構想・イメージのレッスン」から選んで受講します。
  • スクーリング科目 デッサン1~4 芸術大学ならではの人物・コスチュームデッサンに挑戦。また、本格的な静物デッサンや風景・建物・樹木・草花のデッサンを通して、技術と見る目を磨きます。
  • テキストレポート科目 芸術理論1、2 東洋や西洋の芸術理論について、古典や実際のテキストにふれながら理解し、その今日的な意味を考えます。
  • Webスクーリング科目 芸術史講義
    (日本1~4、ヨーロッパ1~4、アジア1~4、近現代1~4)
    古今東西の地域や時代、ジャンルごとの芸術史を学習。芸術文化の歴史的背景や流れを知ることは、すべての学びに役立ちます。Web 動画とテキストを使って学びます。

学外で開講される共通科目(例)

  • ■ 木曽[長野県] 漆を中心に、木の加工から塗りまでの一連の実習と産地研究を行う。 ■ 杉本家[京都府] 幕末より受け継がれる京商家の暮らしと精神性を学び、現代社会に活かせる可能性を考える。
  • ■ 黒田村[京都府] 地域の自然、それと一体になった固有の文化について、体験的に学ぶ。 ■ 井原[岡山県] 山間にある青野地域に分け入り、そこで生まれているさまざまな表現に触れ、風土と創造の今を考える。
  • ■ 桂川流域[京都府] 桂川の中上流域を辿りながら、その環境と人々の関わりのこれまでとこれからを学ぶ。

藝術学舎との連携(例)

Pick up!

  • ■ 京都・みほとけめぐり[東京外苑キャンパス] 「京都の仏教美術」についての幅広い知識を身につける。
  • ■ 楽しく学ぶ古典技法・フレスコ画[大阪サテライトキャンパス] 模写を通して本格的フレスコ画の描画を身につける。
  • ■ 日本画の基礎[京都瓜生山キャンパス] 日本画の表現の可能性と魅力を探究しながら、描く喜びを体感する。