MENU

デザイン科

ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN

「自然」との関わり方を幅広いジャンルで学ぶ。

人にとって最も身近な「自然」との関わり方を幅広いジャンルで学び、プロとして、あるいはライフワークとして環境創造に貢献できる人材を育てます。

コースの特徴

01庭園・公園・環境づくりを基盤に、幅広く学ぶ。

庭園から農林業・環境・観光まで。大きな広がりを持つランドスケープデザイン分野をわかりやすく学べるカリキュラムを構築。

02庭園文化から最先端デザインまで。

京都と東京の庭園文化を基盤に、日本独自の庭園思想や手法、芸術性を体得。その一方、最先端のデザイン・メソッドや実践的技術と技法も、しっかり身につけます。

03学びの成果を活かす卒業生が多数。

卒業生の多くが、ランドスケープアーキテクト・造園職人・デザイナーなどの就職や起業を実現。業界で活躍しています。

東京だけのスクーリングで卒業可
週末2日間 スクーリング
大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

学びのポイント

注目の〝里のデザイン〞を学べる

幅広いカリキュラムのなかには、いま注目の、地域再生や観光に必要なランドスケープの知識を学べる分野もあります。これからの日本にとって重要な学びとなる、里と農の環境保全・創造、里コミュニティの復活、里と農の活性化などをめざします。

幅広く活きる学び・資格

さまざまな方面で本コースの学びを活かせます。また、さまざまな資格の取得も可能です。

学びのステップ

STEP1

フィールドワークと設計など
ランドスケープデザインの
基礎を学ぶ。
「日本庭園」や「風景要素の抽出」「製図基礎」などの基本科目を学びつつ、京都・東京での学外スクーリングやデザイン実習など充実したスクーリングを受講。自然・エコロジー・デザインなどを通して、ランドスケープデザインの楽しさを実感していきます。

 妙心寺 退蔵院庭園「余香苑」

STEP2

エコ・デザインや花と樹木の生態を学び深めながら、植栽設計の応用力を身につけていく。
本格的なエコデザイン・情報のデザイン・風景の分析・個人住宅や公共空間の設計デザインなど、さらなるスキルアップをめざします。

 スクーリング科目例 / 風景の分析 都市近郊の農山村で現地研修を行い、農の風景とはどういう構造なのか、また、その要素を抽出・分析して改善提案へ結びつける。

STEP3

設計デザインと、
構想・基本計画を学び、さらに高度な段階へとすすむ。
高いレベルの総合的な視点からランドスケープデザインに取り組みます。「設計デザイン」と「計画・構想」を学ぶことで、実社会に直結した提案を行います。

 テキスト科目例 / 街区公園 エコ・デザイン 現在の社会状況にマッチしたエコロジカルなデザイン(住宅・都市のエコデザイン、屋上・壁面緑化テクノロジー、太陽光発電技法、生物多様性のデザインなど)を学ぶ。

STEP4

自分の感性を全開にして、社会の再生にかかわるテーマに取り組む
これまでに習得してきた専門知識と技術をもとに、自分の感性を全開させる卒業制作に取り組みます。社会や地域の特性と問題点をつかみ、ランドスケープデザインの視点から再生・創造することを、コース全体の大きな共通テーマとしてめざします。

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

  • 得られる資格:1級造園施工管理技士※1、1級造園技能士※2、RLA(ランドスケープ・アーキテクト)※1、2級建築士などの受験資格
  • ※1 卒業後実務経験3年以上  ※2 卒業後実務経験4年以上

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 323,000円
スクーリング受講料 104,000〜128,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 439,000〜463,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,756,000〜1,852,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 323,000円
スクーリング受講料 156,000〜192,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 491,000〜527,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
982,000〜1,054,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

髙梨 武彦教授

実学主義の本コースで、
あなた自身の可能性を育ててみましょう。

髙梨 武彦
TAKANASHI Takehiko
教授

昭和53年日本大学農獣医学部林学科卒業。博士(生物資源科学)。日本森林学会・日本造園学会・日本生態学会などに所属。専門分野は森林美学、森林風致施業計画。主な業績は、『森の生態と花修景』(共著、1998 年、角川書店)『土木現場実用語辞典』(共著、1993年、井上書院)「 京都・東山の森林風致のあり方に関する研究」(2008年、日本大学学位論文)「 経営配慮にもとづく森林風致施業の考察」(デザイン学研究62(4)、2015)ほか多数。

『森の生態と花修景』角川書店 (1998年)

『土木現場実用語事典』井上書院 (1993年)

このコースでは何を学べますか?
実地で学び、知識や技術を体得。
庭園の歴史や様式、造園材料となる石や植生などの学習・研究、さらには地下足袋を履いて植木ばさみを手にする名園実習まで、とことん実地で学べます。それにより、ガーデニングや公園設計などさまざまな環境デザインに必要な最新の知識や技法、技術が得られます。また、これらの基礎となる「調査」・「構想」のノウハウもしっかりと習得。さらに、農村の美しさや人々のパワーは大切な財産、資源であることを再認識し、地域の活性化について学んでいきます。これらを基礎から応用まで修得することで、最終的な卒業制作として「庭園のデザイン」・「都市のデザイン」・「里のデザイン」という3つのコアに到達します。そして、1級造園施工管理技士・1級造園技能士・2級建築士などの受験資格が卒業することで得られるコースです。
通信教育でも、十分に学べますか?
初心者もプロもそれぞれに成長。
本コースは実学主義。社会に活きる実力を身につけられることを何よりの特徴としています。初心者へのサポートも手厚く用意し、積み上げ式のカリキュラムで、初心者もプロも驚くほど成長できます。それぞれの修学方針で、4年でも2年でも学んだ分だけ自分を輝かせる何かを得られるようにしています。
どんな人に学んでもらいたいですか?
修得した成果を社会に還元しよう。
京都の庭園について深く学びたい方、 最新のランドスケープデザイン思想と理論、技法を学びたい方、地域ボランティア活動に取り組もうとする方、すでにプロとして活躍している方、里と農の再生をめざす方、ランドスケープアーキテクトを志す方など、幅広く歓迎します。多様な分野にチャレンジしていこうとする、意欲ある方の入学を待っています。
最後に、入学志望者へのメッセージを。
自身の可能性を育てる地平へ。
植物は人にとって身近な相手です。まずは、この木の名前は?特徴は?と、少しずつ近づいてゆきましょう。やがては「こうすれば、こんなに美しい風景がつくられる」、しかも「自分の力でつくりあげられる」という喜びと発見を感じられるはずです。本コースは、最新で本物の教育を行なっています。時代はこれまで以上に、斬新で、新しい感性をもった人材を求めています。ぜひ、あなた自身の可能性を発見し、育てに来てください。

新しい道×ランドスケープデザイン=

井出 あいみ
ランドスケープデザインコース(3年次編入学)
15年度卒業 東京都在住29歳

[大学の思い出]庭園実習の授業で揃えた庭道具一式。「全国各地で活動する学友の作庭や森づくりを皆で手伝っているので、今もかなり活用してますよ」。

明日に広がるみどり

昔、留学先のニュージーランドで美しい庭園文化にふれ、ランドスケープデザインの世界に心を奪われた。就職では畑違いの金融業界に進んだものの、夢をあきらめきれず、働きながら学べる本学へ。生まれて初めて図面を描き、考えたコンセプトを形にして発表する楽しさにハマった。「最初は線一本引くのも大変でしたが、丁寧な添削や指導を励みに、少しずつ慣れていきました」。せっかく芸大生になったからと、それまで縁遠く感じていた芸術祭にも参加し、緑をテーマにした作品で見事入賞。樹木つながりで「野鳥ボランティア」に参加するなど、行動の幅をさまざまに広げ、古くからの友人を驚かせた。「ランドスケープデザインそのものが、幅広くて行動的な学びなんです。都市景観だけでなく、農のある風景や地域の伝統文化など、以前より関心の幅が広がりました」。卒業を前に「必ずこの業界で生きる」と決意し、勤め先を退職。念願かなって設計事務所に就職した。「やることすべてが将来につながるから」と、日々いろいろな場所で活動し、経験し、吸収していく井出さん。その養分がどこでどんな風に芽吹くのか、本人自身が一番楽しみにしている。

庭師の第二ステージ×ランドスケープデザイン=

退職後の人生について考え、ここなら現役時代の経験を生かせるだろうと本コースへ。現在は筑波山インストラクターとして、卒業研究テーマである竹藪整備などの実践で、日々汗をかいています。目標は、生活のわずかなすき間に自然を呼び寄せようと必死な都会の人々に、春の草花、秋の紅葉、鳥のさえずりといった、四季折々の変化を普通に味わえる風景をつくってあげること。歳をとってからの学業は孤独を感じることもありましたが、人生を変えるほどの成果があったと思います。

木本 清文 12年度卒業(3年次編入学)茨城県在住 66歳

都会に緑を×ランドスケープデザイン=

毎日の通勤路を歩きながら、ふと、歩いていて心地よい空間とは何か、取り巻く環境に興味を持ち本学へ。ランドスケープに関わる仕事の奥深さ、幅の広さに驚きました。卒業後は、ビルの外構を中心としたランドスケープデザインや植栽管理の仕事をしています。多くのビルが立ち並ぶオフィス街に緑を増やし、緑で街と街を繋げたい、植えた後も継続的に管理を行うことで、過ごしやすく心地のよい空間をつくりたい、そう思いながら働いています。

横山 史 13年度卒業(3年次編入学)東京都在住 32歳

ガーデンデザイナー×ランドスケープデザイン=

本コースを知ったのは、ガーデンデザインの仕事をしながらブルーベリー栽培を始めたとき。「里と農の再生」「日本庭園の歴史」など、すべてが自分の関心にピタリとはまって入学。同じ価値観をもった友人や、知識と経験豊富な先生方とのディスカッションで、多くの刺激をもらいました。卒業後は、ガーデンデザイナーとして働くかたわら、「おばあちゃんの暮らし+デザイン」をテーマに、ココロ豊かに、クリエイティブに農村を生きる方法を追求しています。

大仲 智恵 15年度卒業(3年次編入学)兵庫県在住 44歳

建築×ランドスケープデザイン=

精山 由美
ランドスケープデザインコース(3年次編入学)
14年度卒業 鳥取県在住 32歳

[大学の思い出]南禅寺や桂離宮での実習。庭師の方や先生から、木一本、石ひとつに込められた作り手の想いを伺い、ランドスケープデザインの深さを実感しました。

設計を導く庭

「学んでいる人も、めざす方向も様々でワクワクします」。入学して、学生の多様さに驚いた。プロのガーデンデザイナーが新形状の植木鉢を考えていたり、ロボット工学の博士が地域の景観再生をデザインしたり。「みんな、すごく楽しそうで」という精山さんは、職歴10年近いガーデンデザイナー。学友たちの自由な発想や、京都の名庭での現地実習にふれ、実務に凝りかたまっていた自分を発見した。「リスクを気にするあまり、踏み込んだ提案や楽しむ気持ちを忘れていたんですよね」。本学で心豊かに学ぶうち、ある考えが心にめばえた。「実際の仕事現場では、たいてい建物のプランが先で、植栽は後づけ。でもランドスケープが主導すれば、もっと新鮮で付加価値の高い提案ができるはず」。その想いを自身の卒業制作に注ぎ込んだ。「庭との関わりを伝えるため、建物の模型まで全部つくって。大変だったけど、説得力あるものになりました」。卒業後のいまも職場で「庭の担当なのに、建物設計にあれこれ意見してる」と笑う精山さん。2級建築士の資格を活かして建築設計にも携わるランドスケープデザイナーという、新たな道を自ら育てている。