MENU

デザイン科

ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN

総合芸術のランドスケープとして。

庭園都市「京都」から発見するインスピレーションと最新のデザイン思想を、総合芸術のランドスケープとして21世紀の環境創造に展開します。

コースの特徴

01庭園・公園・環境づくりを基盤に、幅広く学ぶ。

ランドスケープデザインという大きな広がりを持つ分野をジャンルごとに学べるカリキュラムを構築。

02庭園文化から最先端デザインまで。

京都と東京の庭園文化を基盤に日本独自の庭園思想や手法、芸術性を学びつつ、最先端のデザイン・メソッドや実践的手法も充実。

03学びの成果を活かす卒業生が多数。

卒業生の多くが、ランドスケープアーキテクト・造園職人・デザイナーなどの就職や起業を実現。業界で活躍しています。

東京だけのスクーリングで卒業可
大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可
週末2日間 スクーリング

学びのポイント

注目の〝里のデザイン〞を学べる

幅広いカリキュラムのなかには、いま注目の、地域再生や観光に必要なランドスケープの知識を学べる分野もあります。これからの日本にとって重要な学びとなる、里と農の環境保全・創造、里コミュニティの復活、里と農の活性化などをめざします。

幅広く活きる学び・資格

さまざまな方面で本コースの学びを活かせます。また、さまざまな資格の取得も可能です。

学びのステップ

STEP1

フィールドワークと設計など
ランドスケープデザインの
基礎を学ぶ。
「京のランドスケープ学」や「里と農の再生基礎」「設計基礎」などの基本科目を学びつつ、京都・東京での学外スクーリングやデザイン実習など充実したスクーリングを受講。自然・エコロジー・デザインなどを通して、ランドスケープデザインの楽しさを実感していきます。

 テキスト科目例 / 50枚のスケッチ 50枚のスケッチを描くことで、自分のまわりの自然や空間を味わい、描く力を身につけ、設計や空間創造に向けてのイメージを蓄積します。

STEP2

エコ・デザインや花と樹木の
生態を学び深めながら、
植栽設計応用力を
身につけていく。
本格的なエコデザイン・プレゼンテーション・農の起業・個人住宅や公共空間の設計デザインなど、さらなるスキルアップをめざします。

 テキスト科目例 / 農の起業 都市近郊の農山村で現地研修を行い、農の起業とはどういうことか、また、その実現にあたっての課題と対応などを学びます。

STEP3

設計デザインと、
構想・計画を学び、
さらに高度な段階へとすすむ。
高いレベルの総合的な視点からランドスケープデザインに取り組みます。「設計デザイン」と「計画・構想」を学ぶことで、実社会に直結した提案を行います。
「設計デザイン」と「計画・構想」を
学ぶことで、実社会に直結した提案を行います。

 スクーリング科目例 / スタジオ・公共空間設計 公共空間の設計を通して、敷地特性の読み込みから基本設計の検討まで、総合的なランドスケープデザインを学びます。

STEP4

自分の感性を全開にして、
社会の再生にかかわる
テーマに取り組む。
これまでに習得してきた専門知識と技術をもとに、自分の感性を全開させる卒業制作に取り組みます。社会や地域の特性と問題点をつかみ、ランドスケープデザインの視点から再生・創造することを、コース全体の大きな共通テーマとしてめざします。

 テキスト科目例 / 卒業制作調査報告卒業制作の進行と合わせて課題に取り組みます。教員の指導を受けながら制作に関する諸問題を明確にしてゆきます。

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

  • 得られる資格:1級造園施工管理技士※1、1級造園技能士※2、RLA(ランドスケープ・アーキテクト)※1、2級建築士などの受験資格が得られます。
  • ※1 卒業後実務経験3年以上  ※2 卒業後実務経験4年以上

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 323,000円
スクーリング受講料 104,000〜128,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 439,000〜463,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,756,000〜1,852,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 323,000円
スクーリング受講料 156,000〜192,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 491,000〜527,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
982,000〜1,054,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

髙梨 武彦教授

実学主義の本コースで、
あなた自身の可能性を育ててみましょう。

髙梨 武彦
TAKANASHI Takehiko
教授

昭和53年日本大学農獣医学部林学科卒業。博士(生物資源科学)。日本森林学会・日本造園学会・日本生態学会などに所属。専門分野は森林美学、森林風致施業計画。主な業績は、『森の生態と花修景』(共著、1998年、角川書店)『土木現場実用語辞典』(共著、1993年、井上書院)『京都・東山の森林風致のあり方に関する研究』(2008年、日本大学学位論文)「経営配慮にもとづく森林風致施業の可能性についての考察」(2014年、京都造形芸術大学紀要GENESIS 18号)ほか多数。

 

このコースでは何を学べますか?
実地で学び、知識や技術を体得。
庭園の歴史や様式、庭園材料となる石や植生などの学習・研究、さらには地下足袋を履いて植木ばさみを手にする名園実習まで、とことん実地で学べます。それにより、ガーデニングや公園などさまざまな環境デザインに必要な最新の知識や技法、技術が得られます。また、これらの基礎となる「調査」・「構想」のノウハウもしっかりと習得。さらに、農村の美しさや人々のパワーが、守るべき国の財産、大切な資源であることを再認識し、地域の活性化などについても学んでいきます。これら学んでいく分野を「庭園のデザイン」・「都市のデザイン」・「里のデザイン」という3つのコアからなるカリキュラムを構成し、基礎から応用まで修得できます。そして、1級造園施工管理技士・1級造園技能士・2級建築士などの受験資格が卒業することで得られるコースです。
通信教育でも、十分に学べますか?
初心者もプロもそれぞれに成長。
本コースは実学主義。社会に活きる実力を身につけられることを何よりの特徴としています。初心者へのサポートも手厚く用意し、積み上げ式のカリキュラムで、初心者もプロも驚くほど成長できます。それぞれの人が思う修学方向で、4年でも2年でも学んだ分だけ自分を輝かせる何かを得られるようにしています。
どんな人に学んでもらいたいですか?
習得した成果を地域の活性化に。
京都の庭園について深く学びたい人や、 最新のランドスケープデザイン思想と理論、技法を学びたい人はもちろん、震災復興に取り組もうとする方、すでにプロとして活躍している方、里と農の再生をめざす方、ランドスケープアーキテクトを志す方などなど、幅広く歓迎します。多様な分野にチャレンジしていこうとする、意欲ある方の入学を待っています。 それぞれが、ご自身のめざす分野で、庭園文化を継承し、発展させていったり、 最新のランドスケープ思想・技法を習得し、持続可能なデザインを実践したり、プランナーやデザイナーとして地域の活性化につなげられる人材へと育ってくれることを願います。
最後に、入学志望者へのメッセージを。
自身の可能性を育てる地平へ。
植物はどんな人にとっても身近な相手です。まずは、この木の名前は?、植え方は?と、少しずつ近づいてゆきましょう。やがては「こうすれば、こんなに美しい風景がつくられる」、しかもそれが「自分の力でつくりあげられる」という喜びと発見を感じられるはずです。本コースでは、そうした教育を行なっています。時代はこれまで以上に、斬新で、新しい感性をもった人材を求めています。ぜひ、あなた自身の可能性を発見し、育てに来てください。

建築×ランドスケープデザイン=

精山 由美
ランドスケープデザインコース(3年次編入学)
14年度卒業 鳥取県在住 32歳

[大学の思い出]南禅寺や桂離宮での実習。庭師の方や先生から、木一本、石ひとつに込められた作り手の想いを伺い、ランドスケープデザインの深さを実感しました。

設計を導く庭

「学んでいる人も、めざす方向も様々でワクワクします」。入学して、学生の多様さに驚いた。プロのガーデンデザイナーが新形状の植木鉢を考えていたり、ロボット工学の博士が地域の景観再生をデザインしたり。「みんな、すごく楽しそうで」という精山さんは、職歴10年近いガーデンデザイナー。学友たちの自由な発想や、京都の名庭での現地実習にふれ、実務に凝りかたまっていた自分を発見した。「リスクを気にするあまり、踏み込んだ提案や楽しむ気持ちを忘れていたんですよね」。本学で心豊かに学ぶうち、ある考えが心にめばえた。「実際の仕事現場では、たいてい建物のプランが先で、植栽は後づけ。でもランドスケープが主導すれば、もっと新鮮で付加価値の高い提案ができるはず」。その想いを自身の卒業制作に注ぎ込んだ。「庭との関わりを伝えるため、建物の模型まで全部つくって。大変だったけど、説得力あるものになりました」。卒業後のいまも職場で「庭の担当なのに、建物設計にあれこれ意見してる」と笑う精山さん。2級建築士の資格を活かして建築設計にも携わるランドスケープデザイナーという、新たな道を自ら育てている。