Topics

『ベスト・エッセイ2018』【齋藤亜矢】

2018年6月20日

出版・メディア情報

 齋藤亜矢准教授の連載「ルビンのツボ⑥-からだとこころ」(岩波書店『図書』12月号)が、2017年のベスト・エッセイに選出されました。

 

 「ルビンのツボ⑥-からだとこころ」は、現在発売中の『ベスト・エッセイ2018』(光村図書出版, 2018年6月15日刊行)に収録されております。ぜひ、ご一読ください。

essay_2018

 

 

 

 

 

*『ベスト・エッセイ』は毎年、その年に新聞・雑誌などで発表された数多くのエッセイの中から、読み応えのあるものを精選し、まとめあげたエッセイ集です

【松沢哲郎論文】Hot-spring bathing of wild monkeys in Shiga-Heights: origin and propagation of a cultural behavior

2018年6月18日

出版・メディア情報

 日本モンキーセンター発行の学術雑誌「Primates(プリマーテス)」に、松沢哲郎所長の論文が掲載されました。

論文は「Primates(プリマーテス)」オンライン版にて公開されております。下記アドレスよりご覧ください。

 

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10329-018-0661-z

松沢哲郎所長著『分かちあう心の進化』が刊行されました

2018年6月18日

出版・メディア情報

 文明哲学研究所所長の松沢哲郎著書『分かちあう心の進化』(岩波科学ライブラリー)が6月14日に刊行されました。

 

*詳細はこちらをご覧ください

第5回文明哲学セミナーが開催されました

2018年6月18日

文明哲学セミナー

 2018年6月15日、研究所会議に引き続き第5回文明哲学セミナーが開催されました。

 

日 時:2018年6月15日(金) 16:30-18:00

場 所:京都大学 吉田泉殿

テーマ:「他力本願:法然上人の教え」 

講 師:梶田真章氏(法然院貫主)  

 

 一昨年12月開催の第1回セミナーでは、「禅とは何か」をテーマとし、岐阜県正眼寺ご住職 山川宗玄氏にご登壇いただきました。第5回を迎えた今回は、法然院貫主の梶田真章氏を講師としてお迎えし、「他力本願」をテーマに法然上人の教えについてお話いただきました。日本人の伝統的宗教観やブッダの教えなども交えながら大変わかりやすくご教授いただき、参加者からの質問も次々飛び交う、有意義なセミナーとなりました。(参加者17名)

IMG_1425DSCN6625IMG_1428DSCN6620

エシカル連続企画 第4回『SDGsの基本講座』講座&ワークショップ

2018年6月18日

芸術と平和

日程終了しました

 京都造形芸術大学チームエシカル連続企画の最終となる第4回は、谷崎 テトラ教授によるトークプログラム『SDGsの基本講座』講座&ワークショップです。ぜひ、ご参加ください。

 

第4回『SDGsの基本講座』講座&ワークショップ
日 時:6月19日(火)   18:00-19:30
会 場:京都造形芸術大学 人間館3階 NA302
登壇者:構成作家、プロデューサー/創造学習センター 谷崎テトラ教授

 

 「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であるSDGs。
SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のための諸目標を達成すべく、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。
 SDGsの目標やターゲットは、「実現されることを待っている未来」であり、これからの時代が向かう方向を示す「未来の物差し」と言われています。
 アートやデザインは、社会課題に対してなにができるのか、一緒に考えてみませんか?

エシカル企画2018-180619

日程2018年6月19日
時間18:00 - 19:30
場所京都造形芸術大学 人間館3階 NA302
費用無料
対象一般
申込方法申込不要、参加自由
主催京都造形芸術大学 文明哲学研究所 / チームエシカル(山塾) / テトラカフェ
お問い合わせ京都造形芸術大学 文明哲学研究所 / チームエシカル(山塾) / テトラカフェ
文明哲学研究所

2015年度以前