Topics

学研『ほいくあっぷ』特集記事 監修

2020年10月14日

出版・メディア情報

 学研『ほいくあっぷ』2020年11月号で、齋藤亜矢が監修した特集記事『「描く」~子どもの描画表現を読み解く~』が掲載されました。
 
*詳細はこちらのページをご覧ください → https://www.hoikucan.jp/book/monthly/hoikuup.html
(amazonなどのネット書店でもご購入いただけます)

ヤノベケンジ ✕ダルライザー【福島ビエンナーレ2020】

2020年9月29日

出版・メディア情報

 福島ビエンナーレ2020「風月の芸術祭in白河」に、文哲研兼任教授のヤノベケンジ先生が参加されています。

作品は、なんと白河ご当地ヒーロー“ダルライザー”とのコラボレーションです。ARを駆使したオンライン展示作品 《阿吽 -ライズ THE ART-》 では、ストーリーのシーンごとにスマホで読み取ると・・・!!!

 

福島ビエンナーレ2020「風月の芸術祭in白河」

ヤノベケンジ作品紹介 ( 《阿吽 -ライズ THE ART-》 はこちらからご覧いただけます)

第10回 国際平和博物館会議

2020年9月16日

アクティビティ

 2020年9月16日-20日、第10回 国際平和博物館会議が開催されます。この会議は3年に1度開かれており、今年は京都・広島での開催予定でしたが、新型コロナウイルスの流行をうけ、オンラインでの開催となりました。

 今回は文明哲学研究所も共催しており、本学和太鼓教育センター協力のもと、悳炎(shien)太鼓 悳(shin)による演奏がオープニングを彩ります。

 

*会議詳細は下記ホームページをご覧ください(英語)

https://sites.google.com/view/inmp-2020/home#h.hiyl74j2s51u

 

*和太鼓演奏映像は下記よりご覧いただけます。今月末までご覧いただける予定です。

https://sites.google.com/view/inmp-2020/welcome-introduction

オンライン研究会「文哲研3days「架橋する芸術」」

2020年9月15日

アクティビティ

 2020年9月7日・10日・14日の3日間、オンライン研究会「文哲研3days[架橋する芸術]」を開催いたしました。

 「芸術と自然」「芸術と社会」「芸術とこころ」をテーマに、所員がそれぞれ研究発表をおこないました。今年度新着任の客員教員や学内関係者など、3日間で計46名のみなさまにご参加いただき、質疑応答では活発な議論がなされました。対面で議論することが難しい情勢の中、今回のオンライン研究会は、お互いを知る機会としても大変有意義なものとなりました。

 今回は関係者のみの研究会でしたが、今後は一般公開の研究会やセミナーなども開催する予定です。

 

*研究会については、こちらもぜひご一読ください。

webマガジン『瓜生通信』

「芸術とは何か、人間とは何か」を問う。-文明哲学研究所の取り組み

 

【記事掲載】webマガジン瓜生通信

2020年9月15日

出版・メディア情報

 2020年9月2日発行の本学webマガジン「瓜生通信」にて、吉川所長の紹介記事が掲載されました。

https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/680

文明哲学研究所

2015年度以前