PHOTO

PHOTO

芸術教養学科

2021年11月16日

【芸術教養学科】日記でのコミュニケーション

こんにちは。芸術教養学科の三木京志です。

オンラインだけで学べる芸術教養学科には、交流の場として専用のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が用意されています。
私は業務担当非常勤講師を務めていますが、芸術教養学科の卒業生でもあります。今回は在学中の経験を交えながら、専用SNSの「日記」についてお伝えします。


芸術教養学科の専用SNSで、最も人気の高いコンテンツは日記です。学習の進捗や疑問はもとより、美術展や本の紹介、日常の出来事まで多彩に綴られた日記は、なんと年間1万本以上も投稿されています。そしてそれらを読んだ感想や共感のコメント、疑問への提案などが自由に書き込まれるため、学生同士の小さなコミュニケーションが次々に生まれています。

私も入学してすぐに日記を書いてみました。入学式のことを題材にしただけなのですが、投稿するのにとても緊張したのを覚えています。はじめて先輩からコメントをいただいたときは、本当に嬉しく思いました。SNSの書き込みにドキドキするなんて、そんな純真さが自分にもあったことが、とても意外で新鮮に感じたものです。
恩送りというほど大袈裟なものではありませんけれど、そんな経験があったからこそ、今は新入生の”初日記”を見つけたらていねいにコメントを書くようにしています。
ところで、入学直後の日記はかけがえのない宝物だと思います。時間が経過して入学の目的がぼやけてきた頃に読み返してみると、たちまち入学当時へ引き戻してくれるからです。それは書いてある文章を言葉で思い出すのではなく、新入生の時の気持ちそのものが蘇ってくる感覚なのです。やはり初心を取り戻すと、モチベーションは上がります。


卒業までの長い道のりの途中、スランプに陥ることがあるかも知れません。私も何度か経験していたのにもかかわらず、あまりそういう弱い所を見せませんでした。しかし1度だけ、ほんの少し弱気な日記を書いたことがありました。するととても遠慮がちに「卒業後のことをイメージしてみてはどうでしょうか?」というアドバイスをいただきました。はっとしました。入学時の日記を読み返すのと同じで、スランプには視点を変えてみることが効くようです。おかげを持ちまして、視野がちょっと広がった気がしました。

意欲が湧かない時、うまくいかない時に役立つのはガイドやFAQではありません。学びのただ中にいる学友や同じ道を通ってきた先輩から、自分の言葉で声をかけてもらうことが、一番の処方箋じゃないでしょうか。
顔も知らない在学生同士が絶妙な距離感を保って励まし合い、助け合う。そんな風土が元々、専用SNSの日記にはありました。さらに現在では、芸術教養学科の卒業生4人がコーチとして加わり、在学生の不安や悩みに応えています。ですから、よくいわれる「通信は孤独との戦い」とはちょっと違うのです。

今回は芸術教養学科専用SNSの日記についてご紹介しました。

芸術教養学科|学科・コース紹介


\参加申込、受付中
11/23(火・祝)19時~はじめて学ぶ 通信制大学説明会LIVE


通信教育でどうやって芸術を学ぶの?本学通信教育部の全体がわかるイベントはこちら!学科・コースごとのオンライン入学説明会に参加する前にこちらの説明会に参加されることをおすすめいたします。

▼詳細・お申込み
https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing/online_nov/


学科・コースごとに教員からカリキュラム説明が聞ける!オンライン入学説明会


学科・コースの魅力や学びを深く知ることができるコース説明(LIVE配信)を開催します!出願を検討されている方はもちろん、迷っている方なども是非ご積極的にご参加ください。インターネット環境があれば全国どこからでも参加できるオンラインイベントです。参加者の顔出し、声出しなどはない、視聴型イベントなので、興味があってどんな雰囲気か見たい!といった方も大歓迎です。本年度最後のコース別説明会となります。是非お気軽にご参加ください。

▼詳細・お申込み(以下特設サイトにてコース毎にお申込ください)※実施日開催時間の2時間半前まで参加申込を受け付けております。
https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_dec/


この記事をシェアする