MENU

教材・機材費

所属のコース、資格課程により、次のような教材・機材が必要となります。表示価格はテキスト科目やスクーリング科目を受講する際に必要となるものを新規に購入した場合の参考価格です。学習の進行にともなって追加で必要となるものや、絵具や参考文献等学習方法により個人差が生じる教材は含んでおりません。入学時に全てを揃える必要はありませんが、新入生ガイダンスや各コースの『コースガイド』等で案内しますので、様子をみながら揃えるようにしてください。

コース教材

教材・機材 参考価格
日本画 基本画材(鉛筆、スケッチブック、麻紙、水干絵具、絵具皿、筆、墨等)
※別途、岩絵具が必要になります。
約60,000円
洋画 油彩道具(油絵具、筆、パレット、ペインティングナイフ等)デッサン用具(鉛筆、木炭等) 約30,000円
陶芸 制作に必要な道具(手ろくろ、ヘラ、乳鉢、乳棒等) 約17,000円
電動ろくろや窯を自宅に用意する必要はありませんが、テキスト科目の課題作品を本学で焼成する際に学内焼成費がかかります。素焼き状態で提出する課題作品も学内焼成費が必要です。 各課題につき1,000~2,000円(2017年度実績)
染織 染色用具(浸染用具セット、摺込刷毛セット、媒染剤等) 約38,000円
織用具(腰機セット等) 約6,000円
卒業制作で織作品を制作する場合、3年次から自宅制作用の織機が必要となります。 (約200,000円)
写真 デジタル一眼カメラ、レンズ、フード、レリーズ、三脚、その他 約70,000円~
ノート型パソコン、ソフトウェア 約120,000円~
情報デザイン デザイン用具(三角定規、デザイン用ピンセット等)
※グラフィックデザインクラス
約3,000円
MORISAWA PASSPORT(パソコン用書体)※グラフィックデザインクラス 12,960円(4年間)(2017年度実績)
画材(アクリル絵具、色鉛筆等)※イラストレーションクラス 約10,000円
ノート型パソコン
※グラフィックデザインクラス・イラストレーションクラス共通
約100,000円~
プリンター 約20,000円~
ソフトウェア(Adobe Creative Cloud)
※グラフィックデザインクラス・イラストレーションクラス共通
23,760円(年間)
(2017年度実績)
建築デザイン 製図用具(定規、トレーシングペーパー等) 約20,000円
模型制作用具(カッターナイフ、ステンレス定規等) 約20,000円
スケッチ用具(スケッチブック、鉛筆等) 約5,000円
ノート型パソコン
※在学中は、CADソフト(Auto CAD)を無償で使用できます。
約180,000円~
プリンター(A3サイズ推奨) 約20,000円~
ランドスケープ デザイン 製図用具(定規、トレーシングペーパー、製図板、色鉛筆等) 約17,000円
庭園実習用具(剪定はさみ、実習服等) 約15,000円
ノート型パソコン
※在学中は、CADソフト(Auto CAD LT)を無償で使用できます。
約120,000円~
プリンター(A3サイズ推奨) 約20,000円~
ソフトウェア(Adobe Illustrator CC)
※Illustrator単体プラン[学生・教職員向け]
11,760円(年間)
(2017年度実績)
空間演出デザイン 製図用具(定規、トレーシングペーパー等) 約20,000円
模型制作用具(カッターナイフ、ステンレス定規等) 約12,000円
スケッチ用具(スケッチブック、鉛筆等) 約3,000円
ノート型パソコン
※在学中は、CADソフト(Auto CAD LT)を無償で使用できます。
約150,000円~
プリンター(A3サイズ推奨) 約20,000円~
3Dモデル作成ソフト(SketchUp Pro)、ユーザーマニュアル 約14,000円(年間)
(2017年度実績)
ソフトウェア(Adobe Creative Cloud) 23,760円(年間)
(2017年度実績)
  • ※テキスト科目やスクーリング科目の制作には材料費がかかります。
資格課程 教材・機材 参考価格
教職課程 パソコン 約70,000円~
博物館学芸員課程 パソコン 約70,000円~
  • ※資格課程(教職・博物館学芸員)では、履修の際にインターネットへの接続環境が整ったパソコンが必要です。

その他の費用

備考
郵便・宅配便代 課題提出・返却時に郵便・宅配便代がかかります。
レポート(100g以内)の場合、第四種郵便の適用で、1通15円です。
※日本画コース・洋画コースの作品の宅配便代は、作品サイズによって大型商品扱いとなる場合があります。
交通費・宿泊費 居住地やコース、受講科目によっては、スクーリングや単位修得試験会場までの交通費や宿泊費がかかります。
教材・機材費 コースにより異なります。
テキスト代 テキスト科目専門教育科目(学科専門教育科目、コース専門教育科目、学部共通専門教育科目)のテキスト(教科書)は無料で配本します。
  • ・電子版で提供する専門教育科目のテキスト(教科書)は無料で配本しますが、印刷製本版は有料となります。
  • ・一部の選択科目については所属コースにより有料となります。
総合教育科目、資格関連科目のテキスト(教科書)は有料となります。
シラバスはWeb版は無料ですが、印刷製本版は有料となります(芸術教養学科、デザイン科はWeb版のみです)。

資料請求