MENU

デザイン科

情報デザイン

INFORMATION DESIGN

新たなライフスタイルとコミュニケーションを。

デザインしていく力、編集していく力で人とあらゆるものを結び、新たなライフスタイルとコミュニケーションを生む。

コースの特徴

2つの専門クラスで基礎から学ぶ。

「グラフィックデザイン」と「イラストレーション」の2クラス制で、初心者にもわかりやすく、基礎から高度な専門知識・技術まで学べます。

グラフィックデザインクラス

デザインを通して日常の諸問題を見つめ、考え、伝える表現を追求。ひとつのアイデアを発展させていくための発想のプロセスや編集力を身につけます。

イラストレーションクラス

ただ絵を上手く描くのではなく、自身の制作テーマを追求し、表現を拡張。多彩な技法や素材を使いこなし、説得力あるテーマで他者に伝える表現をめざします。

東京だけのスクーリングで卒業可
週末2日間 スクーリング
大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

学びのポイント

考える力が育つ

デザインやイラストの基礎知識、表現方法を習得するだけでなく、新しい視点による発想力・企画力を育成します。

初心者からプロまで在学

絵やPC操作の初心者も安心して取り組めます。その一方、思考を深める大学ならではの学びを求めて、プロのクリエイターも数多く在学。

グラフィックデザインクラス
(クラス専門科目)

学びのステップ

STEP1

グラフィックデザインに
必要な基礎知識と技術を学ぶ。
タイポグラフィやピクトグラム、ウェブデザインなどの課題や授業を通して、デザインの基本となる知識や表現方法を習得。専門的なスキルを高め、デザイン領域への興味を深めていきます。

 テキスト科目例 / タイポグラフィ1欧文活字書体の歴史を学び、「書体」がデザインにおいて重要な役割を担うことを理解し、表現の幅を広げます。

STEP2

専門領域を深め、視覚伝達のための
情報編集力や思考力を養う。
知識や技術の習得を重ねながら、表現力だけでなく企画や編集に必要な発想力や構想力を学び、アイデアを生みだす力を身につけます。

 スクーリング科目例 / 文字組みとレイアウトコンピューターによる文字組版の基本を学び、印刷紙面における長文組版の構造を理解、ページレイアウトの方法を習得します。

STEP3

社会と関わりながら、これまで学んだ知識や技術を駆使して、独自の発想力・思考力を鍛える。
エディトリアルや広告、プロモーションなど実践的な課題に取り組み、実社会とデザインの関わりを考えながら、各自のアイデアをまとめていきます。また、企画から制作までのプロセスのなかで、表現スキルを高めます。

 スクーリング科目例 / プロモーションデザイン市場調査から新製品を企画し、ネーミング、パッケージデザイン、広告・キャンペーン展開まで、プロモーション企画の手法を学びます。

STEP4

学びの集大成として、新しい時代に求められるデザインやイラストレーション表現に挑戦する。
これまでの学習を通して学んできたことから、自身の研究テーマを見い出し、カタチとして表現することをめざします。研究テーマについて、多角的な視点からの資料収集やアイデアを掘り下げることで、表現方法の可能性を探りながら作品を制作します。

 スクーリング科目例 / 卒業制作作品は、京都瓜生山キャンパスやWeb上での卒業制作展で対外的に発表。

イラストレーションクラス
(クラス専門科目)

学びのステップ

STEP1

イラストレーションの
基礎知識と技術を身につける。
ドローイングやイメージ表現などの課題や授業を通して、描く方法や配色、構図やイメージの作り方など、イラストレーションを学ぶうえで不可欠な要素を学習。画材の使い方についても、体験しながら学びます。

 テキスト科目例 / イラストレーション1多種多様な画材を用いてスケッチを描きます。画材の特性を理解し、モチーフの観察力を身につけます。

STEP2

1年次に身につけた基礎力をもとに、具体的かつ実践的なイラストレーションを体験。
本や冊子の表紙を飾る絵、絵本制作など、物語や情報との関係を考え、「コミュニケーションを生みだすイラストレーション」を学びます。

 スクーリング科目例 / コンセプトドローイング2自分の好きな本のイメージを読み解き、イラストレーションとして伝えます。最終的には本のカバーとして完成させます。

STEP3

個々の方向性を深化させ、
制作スタイルを確立。
アートやデザイン、絵本・アニメーションなど様々な領域を横断しながらイラストレーションの多様性を理解し、自身の方向性を深化させます。

 テキスト科目例 / 絵本創作創作絵本の制作を通して、視覚表現としての絵本のメディア特性を学び、絵本表現の魅力について考えます。

STEP4

学びの集大成として、新しい時代に求められるデザインやイラストレーション表現に挑戦する。
これまでの学習を通して学んできたことから、自身の研究テーマを見い出し、カタチとして表現することをめざします。研究テーマについて、多角的な視点からの資料収集やアイデアを掘り下げることで、表現方法の可能性を探りながら作品を制作します。

 スクーリング科目例 / 卒業制作作品は、京都瓜生山キャンパスやWeb上での卒業制作展で対外的に発表。

共通科目

学びのステップ

STEP1,2,3

各クラスでの学びに役立て、幅を与えられるように、クラス別の科目に加えて学べる科目を用意。
1年次ではCG基礎や構想トレーニングなどの課題によって基礎力を鍛え、2年次はさらに構想力・表現力を向上させます。3年次ではこれまでの学習をまとめ卒業制作に役立てるために、情報編集や自主テーマ研究の課題を用意。総合的なデザイン力、創造力の獲得をめざします。

 1年次スクーリング科目例 / CG基礎1 Illustrator, CG基礎2 Photoshop学びに欠かせないパソコン操作の基礎から、ソフトウェア(Adobe Illustrator、Photoshop)の使い方まで学びます。

3年次スクーリング科目例

情報編集1
身近にある物事を観察・分析し、ディスカッションなどを経て自分なりの考察を導き出し、メッセージ化します。そのメッセージを視覚化し、いかに 効果的、魅力的に情報伝達できるかを実践しながら学びます。

3年次テキスト科目例

自主テーマ研究
これまでの学びから見つけた、自主テーマ作品を企画・制作します。卒業制作の前段階にふさわしいコミュニケーションのかたちを追求。アイデアノート、ラフスケッチ制作を通して完成をめざします。

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 323,000円
スクーリング受講料 104,000〜128,000円
1年間の合計金額 427,000~451,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,708,000~1,804,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、会場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。
授業料 323,000円
スクーリング受講料 156,000〜192,000円
1年間の合計金額 479,000~515,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
958,000~1,030,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、会場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。

教員メッセージ

河野 綾専任講師

問題を見つけ、解決策を考える。
情報デザインで、日常の見方も変わります。

河野 綾
KOHNO Aya
准教授

1993年、京都芸術短期大学専攻科修了。同年よりデザイン制作会社に勤務、パッケージ・カタログ・広告といった販売促進におけるグラフィックデザイン全般を担当。2001年より教育機関に携わり、専門学校講師、大学非常勤講師を経て2010年より現職。近年は、舞台公演・イベント・展覧会などの広報物、書籍のデザインを中心におこなう。

『懐かしくて新しい 昭和レトロ家電』(増田 健一 著/山川出版社)ブックデザイン(2013年)

このコースでは何を学べますか?
問題を解決する力を養う。
「情報デザイン」というとCGなどの技術イメージが先行しますが、本コースで重視するのは、作品制作におけるテーマの発見から表現方法までの総合的な問題解決力を身につけること。まず問題を見つけ、解決策としてのアイデアを提示し、社会の中で機能させる(=コミュニケーションを生み出す)ことです。テーマを探求し作品に結びつける発想力や構想力、それらを作品化できる表現力、展開力といった総合的なデザイン力を養い、時代に求められるクリエイションを追求する。これまでの経験に本コースでの成果を加えることで、皆さんの人生にまた新たな選択肢が生まれるでしょう。
どんな人に学んでもらいたいですか?
まずは楽しんで学ぶこと。
好奇心のある方、自分を成長させたい方…などありますが、まずは楽しんで積極的に学べる姿勢が大切です。おいしいごはんを作ったら誰かに食べて欲しいと思い、食べてもらった感想はちゃんと受けとめ、次はもっと美味しいものを作って喜ばせようと奮起できる方、でしょうか。この分野は他者の立場となって新たに提案できる姿勢が求められます。自分の理想と他者の立場を理解し、表現の可能性を追い求めることに力を惜しまない人材へと育っていただきたいですね。
入学志望者へのメッセージを。
新たな視点で人生を豊かに。
日常に溢れる「デザイン」というジャンルを学ぶことは、特別なことではありません。しかし、学ぶという行為はこれまでの自分を異なる方向から眺め新たな道を切り開く原動力になります。それらの力はデザインの領域を超えて、みなさんの仕事や生活、人生を豊かなものにできると信じています。少し視点を変えるだけで、大切なことや改善すべき問題、あるいは物事の本質や普遍のテーマをも発見できるでしょう。このコースで学んだことを日常生活の中で活かしてください。

グラフィックデザインクラス

自分の音楽×情報デザイン=

市川 昇一
情報デザインコース グラフィックデザインクラス(3年次入学)
'16年度卒業 京都府在住30歳

[大学の思い出]デッサンから人生初の映像作品まで、自身の成長がつまったポートフォリオ。「自分の課題はもちろん、多彩なクラスメイトの作品や制作意図にふれ、それに対する先生の講評を聞くのもためになりました」。

情デのテーマ

「昔から好きだったデザインを学び、音楽関係の仕事にも活かせたら」と、初心者ながら入学を決めた櫻井さん。その最大の成果は、意外にも「アナログ思考を学べたこと」だという。「PC作業ばかりと思っていたら、いきなり授業でノリやハサミを使って切り貼り。それが新鮮で楽しくて」。共通科目のデッサンでは、「自分に都合よく解釈せず、真実を見つめること」を学び、日常の考え方まで変わったという。そして卒業制作。大きなテーマを見つけたものの、表現技術に自信がない。迷っていた背中を押したのは、「人からどう見られるかより、自分が本当にやりたいものをやろう」という先生の言葉だった。「いまも、私の作品づくりのモットーです」。どんなに自由な表現ができるデジタル技術も、ただの手段でしかない。創造の根本に必要なのは、物事を丁寧に見つめ、手を動かしてつかむアイデアや発想。そんな櫻井さんのアナログ思考が、音楽と映像の斬新なコラージュ作品を生みだした。「まだまだ未完成、だけど、めざす道が見えました」。この大学で得た「考える技」で、つぎは何をつくろうか、じっくり模索中である。

商品企画×情報デザイン=

長い間、商品企画という仕事を通して、プロダクトデザインに関わってきました。趣味として、仕事として、デザインについて自ら興味を持って自発的に学びつつ、「一度は大学という機関を通して、あらためてデザインを学びたい」と思いつづけていました。プロダクトを学べる通信教育はあまりなかったので、比較的近しい分野としてグラフィックデザインを選択。本学については、広告で興味を持ち、インターネットを用いた学習体制が充実しているように感じたため選びました。

荒井 厚介 16年度卒業(3年次編入学)東京都在住 38歳

DTPオペレーター×情報デザイン=

印刷会社での制作に携わりながらも、指示されるまま内容を流し込む案件ばかり。あらためてデザイン思考を学び直したいと考え、入学を決めました。一番の収穫は、アイデアを作品にする実力を得られたことでした。卒業制作のプレゼンでは緊張で倒れそうになりながらも、先生や学友の真摯なアドバイスに手応えを感じ、作品を完成。仕事でもWebデザイナーとして異動になり、作業の進め方や制作物に自信が持てるようになりました。

辻 春香 15年度卒業(3年次編入学)群馬県在住 29歳

ハワイ×情報デザイン=

社会人留学先のハワイで、イラストを描き、ひとに喜ばれるうれしさを知り、何かをつくりだす仕事がしたいと本学へ。ラフスケッチを描きだす前に、まず背景にある情報を十分に整理する。そうやって、すべてのデザインに具体的な状況を考えることが大切だと学びました。現在は、卒業制作のテーマをもとにハワイで実際にオンラインショップ(http://www.halehaleomiyage.com)を開店。このコースで学んだ成果を実際の仕事にできて、本当にうれしいです。

ナカジョウ 牧子 15年度卒業(3年次編入学)ハワイ在住 35

成長を求めて×情報デザイン=

「いい意味で、まるで別人になりました」と語るのは、ほぼ独学でデザイナーとしてキャリアを重ねてきた市川さん。広い知識を得て成長しようと本学にきて、最初に選んだテキスト課題で一撃をくらった。「自分の関心のあるデザイン等を解説する、という簡単に思えたものが何も書けず、知識不足を痛感しました」。さらに「理屈で重箱の隅をつつくより、万人に伝える目線を大切に」という先生の添削も胸にささった。美しく、先端的なデザインに憧れて入学した学生たちは、庶民的な市場の広告などを考える課題に戸惑う。自分が求めるスキルじゃないと感じる。「ぼくもそうでした。だけどそれを乗りこえると、大切な意味に気づくんです」。それは、独りよがりではなく、相手に伝えるための表現。デザインの、真の役割。「深く学ぶほど、自然と〝相手に伝わるものをつくりたい〞と思えてきました」。卒業制作のWebサイト『おなかのがっこうポンポスコラ』も、得意な表現とは真逆の優しくかわいい姿に。「表現はあくまでも手段。いま大事にしているのはコンセプトづくりです」。本学で柔らかく、大きく変身した市川さん、その心は、より多くの人に向かっている。

市川 昇一 15年度卒業 長野県在住 43歳

解けなかった答え×情報デザイン=

藤本 千里
情報デザインコース(3年次編入学)
13年度卒業 東京都在住 36歳

[近況ニュース]卒業後転職活動をはじめ、念願の制作会社へ。現在は主にWeb制作を手がける。
GUCIO & CO.

デザインをとおして広がる世界

Web広告やフライヤーをつくる職に就いていた藤本さん。仕事をしながらも「デザインってなんだろう」という疑問を抱きつづけ、「あらためて情報デザインを学び直したい」と本コースに入学した。「どの課題も実践的で、仕事にも役立ちました」。たとえば広告をつくる授業では、あえて他の学生の案を取り入れる課題で、表現の広がりを実感。「職場でも、いろんな意見に積極的に耳を傾けるようになりました」。「デザインは表面的なところばかり捉えられがちだけど、実は問題解決に挑む根本的な”考える力”を得るということがデザインにとって重要なことなのではないか」。本学で核心を学ぶうち、知りたかった疑問に自分なりの答えを出せた。
「知れば知るほど、もっと本格的にデザインをする環境に身を置きたい」と思うようになり、卒業後は、企業コンサルに伴うWebサイトや、紙媒体を制作する会社に転職。「様々な技術が発展していく中、表現方法はどんどん広がっています。その中で解決できる問題や新しい価値を見出していけるような人になりたい。迷うことや良い案が浮かばず苦しむことも多いですが、それも何かを作ることの醍醐味だと思う。そうやって苦労してできたものに誰かが喜んでくれると喜びも一入です」。また新たな環境で、藤本さんの新しいデザインが生まれる。

イラストレーションクラス

新たな仕事×情報デザイン=

畠山 学
情報デザインコース イラストレーションクラス(1年次入学)
16年度卒業 神奈川県在住32歳

[大学の思い出]仙台空港のイベントで一般客に配付された、卒業制作の「エアトレカ」。「これを第一歩として、今後も航空と私たちをつなぐ企画をさまざまに展開したいです」。

仕事をつくるデザイン

「正直、かなり煮詰まってました」と、当時を振り返る畠山さん。安定した公務員職を選んだものの、業務内容に悩んでいたとき、初の子どもを授かった。「この子に心から自慢できる仕事がしたい」。新たな道をめざす覚悟で、本クラスに入学。「実は、イラストを学びたかっただけで、情報デザインなんて何のことやら」。その良くわからないものが、将来を大きく変えたのだ。「課題ごとに、技巧より発想の大切さがわかってきて」。気づけばイラストだけでなく企画そのものが楽しみになっていた。そして、ある課題で〝昆虫をサッカー選手に見立てる〞作品を思いつき、自分なりの情報デザインをつかんだ。「まったく別の領域を結びつけることで、新しい価値を生み出せると」。同じ発想で、自身の職場である空港とトレーディングカードを結びつけた卒業制作に着手。「完全な作品として評価されたい」と、注いだ熱意と創意が実を結び、実際に勤務先の空港で採用されることになった。「学びを通して仕事への考え方が大きく変わり、娘に語れる仕事も増えました」。自らの手で、仕事に新たなやりがいを拓いた畠山さん。本学での最大の制作物は、自分の人生そのものだった。

37年目の夢×情報デザイン=

昔から描くことが大好きで、仕事の引退を機に「芸大で学びたい」という18才の時からの夢を叶えるべく、絵本づくりなどを学べる本クラスへ。さまざまな課題を通してIllustratorやPhotoshopなどを使えるようになり、多彩な画材で描くことを身につけ、卒業制作では優秀賞を獲得。現在は、10年後の80歳に作品発表を兼ねたコンサートを開催したく、60年ぶりにヴァイオリンのレッスンを再開。「なんとかなる」という本学での経験を思い出し、一歩一歩すすんでいます。

長尾 佳三 16年度卒業(3年次編入学)広島県在住 69歳

作品への気持ち×情報デザイン=

好きな絵本作家の展覧会を訪れ、「自分の腕で食べていく」という昔の夢が再燃。大卒資格の取得を兼ねて、好きなことをちゃんと勉強しよう!と入学しました。 これまでは「つくって終わり」だったのが、制作者として「この作品のために自分ができることは何か」を考えるようになり、展覧会などにも参加。また、「作品をより魅力的に見せるには」と考えることで、人に見てもらう楽しみが広がりました。今後もさらに発表の場をつくりたいです。

國本 夏紀 16年度卒業(1年次入学)埼玉県在住 31歳

できることから×情報デザイン=

体調を崩して美大を中退し、自分のペースで学べる本学へ。通学とは違う、さまざまな世代や立場の学友から、「生き方は人それぞれ。自分にできることを一生懸命やればいい」という考えを教わり、焦りや悩みから救われました。また、「上達のコツは、たくさん見る、たくさん描く、たくさん見せる」と先生に教わってから、SNSや個展でも作品を発表。現在は、臨床美術士として施設などで美術の時間をお手伝いしています。

河原 千夏 16年度卒業(3年次編入学)広島県在住 28歳

得意な絵×情報デザイン=

昔から好きだった、絵を描く力を伸ばしたい、と考え本コースにすすみ教職課程を受講。スクーリングで手製の絵本づくりを初体験して、見事にハマった。「先生の情熱が伝染したのかも」。現役の作家やデザイナーである講師は、個性も情熱も強烈。「だけど学生も負けてないですよ。主婦からプロのデザイナーまで、経歴はバラバラだけど、先生にダメ出しされても引き下がらない強者ばかり」。
パワフルな学友や先生に刺激され、レポートと制作に没頭する日々。どんなに忙しい時でも、つくりだすと夢中になれた。「自由課題はぜんぶ手製本に仕立てました。凝った綴じ方も仕様も、自分でやれば予算を気にせずつくれるから」。美しく、表現豊かで、奥深い「絵本」。このなかに、自分だけの世界がある。やがて卒業証書と教員免許を手にしたとき、先生という仕事と同じくらい、絵本が大事になっている自分に気付いた。「本づくりやものづくりの楽しさを、子どもたちやいろんな人に伝えたい」。現在はブックアーティストとして、本づくりのワークショップも主催する鈴木さん。その物語は、次のページへとつづく。

鈴木 萌 13年度卒業(3年次編入学) 東京都在住 33歳

資料請求