Incubation program

世界に開かれる大学院

本学大学院には院生や修了生の社会参加、国際交流を行うインキュベーションプログラムが用意されています。国内外のアート関係者との交流機会をさまざまに設け、それを通じて自立した芸術家やデザイナーとして活動する支援を行っています。

CASE 01ARTOTHÈQUE

ARTOTHÈQUEはフランス語で「アートライブラリー=芸術図書館」の意味です。京都を中心に活動する若手アーティストの中から卓越した者を選定し、作品の行政・企業・個人への卸売、コミッションワークの提案、プロジェクトコーディネート、アートフェア・企画展の運営等を行っています。学内にはコマーシャルギャラリーとして招待制のスペースを構えています。

ディレクターメッセージ

アートのフェアトレード

オーガニックのコーヒーやカカオ豆の生産者を守る!国内でアートという作物を生産して食べていけない若者を守る!ただそれだけのこと。小さな一歩は大きな未来につながると信じている。ただそれだけのこと。

椿 昇
椿 昇

コンテンポラリーアーティスト。本学美術工芸学科教授。1989年のアゲインスト・ネーチャーに「Fresh gasoline」を出品、展覧会のタイトルを生む。1993年の第45回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品するなど国内外の展覧会へ多数出展。2016年「小豆島町未来プロジェクト」ディレクター。AOMORIトリエンナーレ2017ディレクター、ARTISTS' FAIR KYOTOディレクターなど。

CASE 02ICA 京都

京都芸術⼤学の Institute of Contemporary Arts Kyoto––略称ICA京都は、アートの創作・展⽰・批評・研究がグローバルに展開されるようになった現代にあって、内外の同様なセンターとネットワークを結びながら、留学やレジデンシーなどによる交流を具体的に促進する交換台のような役割を果たすべく、2020年度に創設されました。

所長メッセージ

「ICA京都」創設にあたって

たんなるジャーナリスティックな情報でも、アカデミックな論考でもない、グローバルなアート・シーンの具体的現実にアクセスし、またそれについて深く考えたいと思っているすべての⼈に注⽬していただければ、そして積極的に参加していただければ幸いです。

浅田 彰
浅田 彰

画家。本学大学院美術工芸領域領域長。京都大学卒業。同大学人文科学研究所・経済研究所を経て京都芸術大学教授。

CASE 03Pr PROJECTS

第一線で活躍するアーティスト、ギャラリスト、コレクター、キュレーターなどをゲストに招き、レクチャー、講評、ディスカッションなどの幅広い活動を展開。多角的な思考力や技術力を向上させるとともに、プロフェッショナルなアーティストをめざすものとしての”基礎体力”をつけていきます。その時々の学生の研究、制作状況に応じて、臨機応変な運営を行います。

ディレクターメッセージ

実践的なアーティスト活動の方法を学ぶ

若手アーティストから「終了後のサヴァイヴァル方法を知りたかった」とよく耳にします。大学院では。修了後、アーティストとして必要な「実践的な力(方法・思考法)」を養うための仕組みをつくり、学生ファーストのイベント、企画を行います。

大庭 大介
大庭 大介

2005年、本学卒業後、2007年、東京藝術大学大学院美術研究科油絵研究分野修了。光の移ろいや鑑賞者の立ち位置によりイメージや色彩が変容し続ける絵画を、独自のルールを設定した方法論をもとに多角的に展開させる。2017年「大庭大介 個展」SCAI THE BATHHOUSE(東京)、2019年「INTERPRETATIONS, TOKYO ―17世紀絵画が誘う現代の表現」原美術館(東京)、2020年「New Paintings from KYOTO」Loock Galerie(ベルリン)、他国内外で個展、グループ展、アートフェア多数参加。

京都芸術大学 大学院 修了生紹介

通信制大学院