研究科長メッセージ

社会と芸術のあらたな関係をめざして

めざす方向は無数に広がっている

先端、尖端、突端と、ひたすら走る芸術家。追いつき追い越せ、抜け駆けせよと焦る進化論者たち。みんな一直線の竿の先をめざしているのかもしれません。しかし、まっすぐ一直線に伸びた棒は、金太郎飴のようなもので、どこで切っても似たようなものかもしれません。しかし実のところ、先端はたくさんあって、星のきらめきのように、いろんな方向に突出しているのではないでしょうか。金太郎飴の先端より金平糖の尖端です。破砕する星のかけらのように、それぞれの方向へと無数に走る末端がそのまま先端です。

著しく変化する社会で発揮する知恵と技

日本における芸術の高等教育機関は、ここ150年ほどのあいだ、いくつかの限られたジャンルで美術や音楽の専門家を育ててきました。そして歴史に残る世界的な大家たちも(幾分)輩出してきました。しかし今や芸術や芸術をとりまく社会の変化は著しく、芸術の専門家に期待されるものも大きく変わってきています。そもそも芸術とは、本来、社会から隔絶した特殊な職域ではなく、様々な局面で創発的に発揮される知恵と技のことです。芸術を研究する者にとって、解決すべき領域は実に広大です。

既存の枠組みにとらわれない弾力性のある大学院

本大学院芸術研究科では、「芸術専攻」の一専攻の中に、美術、デザイン、建築をはじめ実に多様な専門分野がひしめき合い、既存の枠組みを自在に飛び越えながら、幾つもの可能性を織り成しています。この弾力性のある大学院は、多様な結びつきによって清新な価値創出を求める現在の社会状況をそのまま映し出した研究機関です。決まりきった型にはまる方法論ではなく、その方法そのものを組み立てる構想力を持ち、次々と生じる社会的要請に対応しようとする意欲ある方は、是非本大学院に集まってください。共に新しい芸術家像、デザイナー像をつくりましょう。

上村 博

京都芸術大学大学院 芸術研究科長

上村 博

京都大学大学院文学研究科博士課程中退。京都大学文学部哲学科助手、パリ第四大学研究員を経て、1995年より本学に勤務。2019年4月より現職。芸術の理論的研究、特に芸術による場所と記憶の形成作用について研究。主な論文に『From Romantic localism to a new aesthetics of place: Rethinking locality via the example of the Neo Mingei movement』(Art&Media, The Korean Society of Art and Media, Vol.15-1, 2017)。共編著に『芸術環境を育てるために』(角川学芸出版、2010年)、『アートを書く、文化を編む』(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学出版局藝術学舎、2019年)など。

京都芸術大学 大学院 修了生紹介

通信制大学院