芸術と他分野の橋渡しとして

多様な“個”が集い、つながる場所

芸術は、人類の歴史上ひとつしかない作品を生み出す仕事です。たとえば科学の分野では、特殊相対性理論をまず考えついたのはアインシュタインですが、もし彼がいなければ10年後に別の人が同じことを考えていたかもしれない。いつか誰かが、同じ発見に辿り着くわけです。そういう意味では、科学の世界では個人の存在はそれほど大きな意味を持たない。ところが芸術は、ピカソの絵を他の人が描くことはありません。もし彼がゲルニカを描かなかったら100年後に別の誰かが同じ絵を描いているか。絶対にそんなことはあり得ないのです。芸術というものは、個人がすごく意味を持つ世界なのですね。
本学にはまさに、多彩な個性が集うところです。こども芸術大学や通信教育部を含めると3歳から95歳までの方がいて、単科大学でありながらゆたかな多様性を形成しています。そして、異なる個性や分野が出会うことで、新しい価値が生まれています。たとえば、私は本学に来てからも地球科学の学者としてさまざまな活動を続けているのですが、「南海トラフ大地震についての正しい知識を、いかに市民に伝えるか」と問いかけたとき、この大学はアニメーション・映画・小説・絵画など、多彩なメディアを有しているため、実に多様なかたちで答えが返ってくるわけです。実際、このような連携から地球史を一作のストーリーマンガにまとめる話も進んでいます。

人間のちから、芸術家のちから

2013年春、本学の学長に就任した私は、学内に霊長類研究所のチンパンジーのアイが描いた絵を展示しました。絵を描くという行為は、人間だけの特徴であるかのように言われることがありますが、実はそうではない。では、人間とは何なのか。芸術とは何なのか。みなさんにチンパンジーの絵をお見せしたのは、そう問いかける意味がありました。
その後、論文が発表され、顔の輪郭だけが描かれた絵を見せると人間の子どもはそこに目や口を描くのに対して、チンパンジーは輪郭をなぞるだけで顔のパーツは描かないという比較実験が紹介されました。人だけが記憶を頼りに、今ここにないものを描くことができるのです。本学は、「藝術立国」という理念を掲げ、文明哲学研究所では、核廃絶と世界平和を目指して活動を行っています。人間の記憶や、ここに無いものを思い描く力を手がかりにすれば、あるいは芸術による世界平和への貢献は夢物語ではないかもしれない、とも思えてくるのです。
芸術家が新しいものをつくろうとするとき、技術者たちは必死になってそれを実現させようと技術を開発します。五重塔にしても、エッフェル塔や東京スカイツリーにしても、その時代時代の技術を、芸術が引っ張り上げてきたわけです。科学者たちは、その原理を追求する。学術の分野では、芸術作品がさまざまに解釈され、研究が行われてきました。芸術作品をつくるということが、いかに人類の知恵を高めてきたか。ですから私は、芸術は人類の歴史の一番先端を行くものであると考えています。
そんな芸術と他分野の橋渡しをすることが、長年自然科学に携わってきた私の役目ではないかと思います。私が受け持っている「地球環境論」でも、ドイツ人の尺八奏者を招いたり、冒険家、海洋生物の学者、気象学者、家庭ゴミの研究家など、実に多彩な方々にユニークな講義を行っていただいています。
多くの出会いや刺激と共に、一人ひとりの可能性を広げていけるような環境を、みなさんと一緒につくっていきたいと思っています。

学長 尾池 和夫

京都造形芸術大学 学長

尾池 和夫

1940年東京で生まれ高知で育った。1963年京都大学理学部地球物理学科卒業後、京都大学防災研究所助手、助教授を経て1988年理学部教授。理学研究科長、副学長を歴任、2003年12月から2008年9月まで第24代京都大学総長、2009年から2013年まで国際高等研究所所長を勤めた。2008年から日本ジオパーク委員会委員長。2013年4月から京都造形芸術大学学長。著書に、『新版 活動期に入った地震列島』(岩波科学ライブラリー)、『日本列島の巨大地震』(岩波科学ライブラリー)、『変動帯の文化』(京都大学学術出版会)、『日本のジオパーク』(ナカニシヤ出版)、『四季の地球科学』(岩波新書)、『2038年南海トラフの巨大地震』(マニュアルハウス)などがある。

研究科長メッセージ

社会と芸術のあらたな関係をめざして

めざす方向は無数に広がっている

先端、尖端、突端と、ひたすら走る芸術家。追いつき追い越せ、抜け駆けせよと焦る進化論者たち。みんな一直線の竿の先をめざしているのかもしれません。しかし、まっすぐ一直線に伸びた棒は、金太郎飴のようなもので、どこで切っても似たようなものかもしれません。しかし実のところ、先端はたくさんあって、星のきらめきのように、いろんな方向に突出しているのではないでしょうか。金太郎飴の先端より金平糖の尖端です。破砕する星のかけらのように、それぞれの方向へと無数に走る末端がそのまま先端です。

著しく変化する社会で発揮する知恵と技

日本における芸術の高等教育機関は、ここ150年ほどのあいだ、いくつかの限られたジャンルで美術や音楽の専門家を育ててきました。そして歴史に残る世界的な大家たちも(幾分)輩出してきました。しかし今や芸術や芸術をとりまく社会の変化は著しく、芸術の専門家に期待されるものも大きく変わってきています。そもそも芸術とは、本来、社会から隔絶した特殊な職域ではなく、様々な局面で創発的に発揮される知恵と技のことです。芸術を研究する者にとって、解決すべき領域は実に広大です。

既存の枠組みにとらわれない弾力性のある大学院

本大学院芸術研究科では、「芸術専攻」の一専攻の中に、美術、デザイン、建築をはじめ実に多様な専門分野がひしめき合い、既存の枠組みを自在に飛び越えながら、幾つもの可能性を織り成しています。この弾力性のある大学院は、多様な結びつきによって清新な価値創出を求める現在の社会状況をそのまま映し出した研究機関です。決まりきった型にはまる方法論ではなく、その方法そのものを組み立てる構想力を持ち、次々と生じる社会的要請に対応しようとする意欲ある方は、是非本大学院に集まってください。共に新しい芸術家像、デザイナー像をつくりましょう。

上村 博

京都造形芸術大学大学院 芸術研究科長

上村 博

京都大学大学院文学研究科博士課程中退。京都大学文学部哲学科助手、パリ第四大学研究員を経て、1995年より本学に勤務。2019年4月より現職。芸術の理論的研究、特に芸術による場所と記憶の形成作用について研究。主な論文に『From Romantic localism to a new aesthetics of place: Rethinking locality via the example of the Neo Mingei movement』(Art&Media, The Korean Society of Art and Media, Vol.15-1, 2017)。共編著に『芸術環境を育てるために』(角川学芸出版、2010年)、『アートを書く、文化を編む』(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学出版局藝術学舎、2019年)など。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。