開催中のイベント
展覧会
【ARTZONE】都市のモザイク
2018年02月03日 〜 2018年02月25日
水木塁個展
展覧会
犬たちの風景
2018年02月16日 〜 2018年02月25日
卒業生の三野惠子さんが個展を開催
展覧会
府中市美術館「絵画の現在」
2018年01月13日 〜 2018年02月25日
卒業生の津上みゆきさんが参加するグループ展
展覧会
MEDIA AMBITION TOKYO 2018
2018年02月09日 〜 2018年02月25日
竹村真一教授の「触れる地球」と内田繁氏の茶室のコラボレーション
展覧会
交わるいと 「あいだ」をひらく術として
2017年12月22日 〜 2018年03月04日
卒業生の宮田彩加さんが参加する展覧会
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫
2018年02月23日 〜 2018年02月26日
片岡真実が卒業制作の制作段階で選抜・キュレーションしたテーマ展

2017年度教員免許状更新講習「アートの時間」

日程 2017年07月28日(金)〜 2017年07月30日(日)
時間 10:00 〜 17:50
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

※4月16日(日)よりお申し込み受付を開始⇒定員に達しましたので、申込みを締め切らせていただきました。

京都造形芸術大学 芸術教育資格支援センターでは、「ワークショップ(表現活動)」「鑑賞教育」「授業研究」の3講座(3日間 計18時間)からなる更新講習(選択領域)を開設します。
表現領域においては、美術館でのワークショップの事例を紹介し、実際のワークショップを体験します。鑑賞領域においては、対話による名画の鑑賞と彫刻作品の触察を行ないます。授業研究では、実践例を取り上げながら授業者が発表を行ない、これについて講習参加者全員による意見交換を行ないます。
これらを通して多様な視点での美術教育の可能性を拓く講座とするものです。

【開設内容】 教科指導(選択領域)
【開設時間】 18時間
【受講対象】 小・中・高教員(主に図工・美術教員を対象にしますが、この限りではありません)
【受講人数】 25名(先着)
【講師】    岡本康明(現代美術論・美術教育学/京都造形芸術大学教授)
        鷹木 朗(絵画・美術教育/京都造形芸術大学教授)
        濱元伸彦(教育社会学・教育政策学/京都造形芸術大学専任講師)
        柴田英昭(美術家/アートユニット「淀川テクニック」)
        高松智行(横須賀市立明浜小学校教諭/カマクラ図工室主宰)
        中村貴絵(横須賀美術館主任学芸員)

【申込方法】
受講人数に制限があるので、先着順とさせていただきます。受講を希望される方は、4月16日(日)より受付を開始しますので、下記のFAX番号またはEメールアドレスあてにお申し込みください。
申込の際には以下の項目を明記してください。
1.「氏名」
2.「住所」
3.「電話番号及びメールアドレス(PCメールまたは携帯メール)」

受講が決定された方には、後日書類を郵送します。人数を超過して受講できない場合には、その旨連絡をします。
なお、申込受付開始1か月後の時点で、申込者が8名を下回る場合には講習を取り止めにします。予めご了承ください。

■費用 20,000円
■定員 25名(先着順)
■申込方法 FAX: 075-791-9435 / Eメールアドレス: teacher@kuad.kyoto-art.ac.jp ⇒定員に達しましたので、申込みを締め切らせていただきました。
■主催 京都造形技術大学 芸術教育資格支援センター
■お問合せ TEL: 075-791-9243