開催中のイベント
展覧会
交わるいと 「あいだ」をひらく術として
2017年12月22日 〜 2018年03月04日
卒業生の宮田彩加さんが参加する展覧会
展覧会
イチハラヒロコ+箭内新一「プレイルーム。」
2018年01月23日 〜 2018年03月11日
卒業生で美術家のイチハラヒロコさんと箭内新一教授によるインスタレーション
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫
2018年02月23日 〜 2018年02月26日
片岡真実が卒業制作の制作段階で選抜・キュレーションしたテーマ展

京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)2年生 作品展

『 SPURT 2017 展 』

日程 2017年07月06日(木)〜 2017年07月19日(水)
時間 10:00 〜 18:00(会期中無休)
場所 瓜生山キャンパス ギャルリ・オーブ
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

7月6日(木)から2週間にわたり、京都造形芸術大学内ギャラリー「ギャルリ・オーブ」において、京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)2年生 作品展『 SPURT 2017 展 』が開催されます、

***以下『 SPURT 2017 展 』挨拶文より***

「SPURT(スパート) 2017−京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻 修士2回生作品展」

 芸術専攻(修士)のSPURT展は、総合造形(立体造形・彫刻・陶芸・染織テキスタイル・映像メディア)、ペインティング(日本画・油画・版画)、ビジュアルクリエーション(イラストレーション・アニメーション・絵本・キャラクターデザイン)、デザイン(グラフィックデザイン・プロダクトデザイン・情報デザイン)、建築・ランドスケープデザイン(建築・インテリア・ランドスケープ)、といった多様な専門領域・分野で学ぶ大学院修士2年次生60名が、半年後の修士学位申請に向け「ラストスパート」を目前にして、それぞれのテーマに基づく作品を発表しています。出展者が互いに触発し合いながら、各自の表現をより深める好機となることを期待し開催へと至りました。

 修士2年次生にとって、祇園祭のこの時期は、マラソンに例えるならば勝負どころの終盤30kmを越えたところでしょうか。通常、もっとも長く牽引するペースメーカーでも30km地点でコースを外れ、いよいよランナーの一人旅が始まります。大学院で探求している日頃の研究成果を、あらためて自らのコンディションと共に見つめ直し、迷いなくゴールまで完走すべくSPURTさせる重要な場でもあるのです。

 なお、本展の会場構成は、来場者により鑑賞しやすく、より楽しむことができるよう、各領域代表のメンバーが意見を交えスタディを重ね創意工夫がなされていますので、こちらもお楽しみください。

 つきましては、本展をご高覧いただき、お気づきになられましたことは、学生達にご助言など賜ることができましたら幸甚です。


2017年7月
京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻(修士)専攻長
中村勇大



***

なお、7月10日(月)午後3時20分より、会場において作品講評会が開催される予定です。

■費用
■定員
■申込方法
■主催 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科
■お問合せ 京都造形芸術大学(代表)075-791-9122
■関連在学生 大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)2年生