開催中のイベント
展覧会
2019年度コレクション展Ⅲ「環境ポスター展」
2019年10月09日 〜 2019年10月31日
30ヵ国のデザイナー、アーティストが制作したポスター約20点を展示
展覧会
「『交響のソロ』11人の作家に見るみやぎ美術のいま」
2019年10月09日 〜 2019年12月01日
大学院日本画専攻修了の川村香月さんらによる特別展
その他
2020年度 共同研究公募事業の募集開始のお知らせ
2019年07月18日 〜 2019年12月10日
新たな舞台芸術のヴィジョンを構想する先進的な研究プロジェクトを募集!
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。
展覧会
COLLECTIONS ! COLLECTIONS !
2019年02月23日 〜 2020年04月26日
美術工芸学科仁尾敬二教授が出品するタペストリーとテキスタイルアートの展示

【中止】ジョン・ラスキン生誕200周年記念シンポジウム

日程 2019年10月12日(土)
時間 13:00 〜 17:00
場所 瓜生山キャンパス 望天館4F
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

(10月11日更新)
台風19号の接近により10月12日(土)は大学の施設の利用をすべて中止、学内への立ち入りが禁止となりました。
それに伴いやむなく本イベントの開催を中止させていただく事となりました。 楽しみにお待ちいただいた皆様に多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。山崎さんはじめ、登壇予定者と後日にシンポジウムを開催できないか検討いたします。今後の日程につきましては改めてご案内いたします。  

--------------------------------------------------
イギリスの思想家ジョン・ラスキンの生誕200周年を記念したシンポジウムに大学院芸術研究科長の上村博教授、情報デザイン学科の服部滋樹教授が登壇します。

―以下、ホームページより転載―

コミュニティデザインの源流とも言われる19世紀イギリスの思想家ジョン・ラスキン。「There is no wealth but life(生活こそが財産である)」と言う言葉を残した彼の思想と実践は、現代の様々な社会課題と生活にどんなヒントを投げかけてくれるでしょうか。5人のゲストと山崎亮氏による対話とワークショップを通して共に考えます。

【プログラム】

〔1部〕対談:ゲスト×山崎亮
〔2部〕交流ワークショップ


〔オープニング映像〕

土佐尚子(京都大学大学院 総合生存学館 特定教授、アーティスト) 作品「うつろひ 2018」より



〔展示〕

・ジョン・ラスキンの書籍や絵画など(提供:一般財団法人大阪ラスキン・モリスセンター)、
・ジョン・ラスキンの大写生会 「The Big Draw」 で描かれた作品を展示 「京都ユネスコ協会芸術展」(主催:京都ユネスコ協会)



【申し込み方法】

申し込みフォームに必要事項を記載の上,お申し込みください。

*定員に達した場合、キャンセル待ちをメールにて受け付けます。
ご希望の方は、ruskin200@sa.kirara.st までメールをお送りください。



【プロフィール】

全体コーディネーター:山崎亮

studio-L代表、コミュニティデザイナー。社会福祉士。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ ランドスケープ設計事務所を経て,2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティ デザインに携わる。まちづくりのワークショップ,住民参加型の総合計画づくり,パークマネジメントなどを数多く手がける。

ゲストパネリスト:

佐々木雅幸
同志社大学経済学部客員教授,大阪市立大学名誉教授,金沢大学特任教授。文化産業を核とする都市に着目した創造 都市論を展開しており,文化庁地域文化創生本部総括・政策研究グループ主任研究官や創造都市ネットワーク日本の顧問を 務めるなど,全国の創造都市を推進する政策支援活動も行っている。

紫牟田伸子
美術出版社『BT/美術手帖』『デザインの現場』編集部を経て,日本デザインセンターにて「ものごとの編集」を軸に,商品企画, コミュニケーション・プランニング/デザイン・プランニング/デザイン・プロデュースなど,社会や地域に適切に作用することを目指 したデザイン・マネジメントを行う。2011年より個人事務所開設。2018年7月,株式会社Future Research Institute設立。

服部 滋樹
g r a f 代 表 ,ク リ エ イ テ ィ ブ デ ィ レ ク タ ー ,デ ザ イ ナ ー 。美 大 で 彫 刻 を 学 ん だ 後 ,イ ン テ リ ア シ ョ ッ プ ,デ ザ イ ン 会 社 勤 務 を 経 て , 1998年に友人たちとgrafを立ち上げる。建築,インテリアなどに関わるデザインや,ブランディングディレクションなどを手掛け, 近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

横山千晶
慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は19世紀のイギリス文化。ヴィクトリア朝に 始まった芸術と生活の融合と,コミュニティ構築に果たす芸術の役割をテーマとして,研究と実践を重ねている。「自分を表現 すること」と「皆で食べること」をテーマに,横浜市で「カドベヤで過ごす火曜日」という居場所も運営している。

上村 博
京都造形芸術大学大学院芸術研究科長。社会人教育に長らく携わる。芸術の理論的研究,特に芸術による場所と記憶の 形成作用について研究。著書に『身体と芸術』,『芸術環境を育てるために』(共編著),『日常性の環境美学』(共著),訳書 に『美学への手引き』(C.タロン=ユゴン),『ホモ・エステティクス』(L.フェリー,共訳)など。

■費用 無料
■定員 定員60名 (要申込)
■申込方法 https://www.kokuchpro.com/event/0960a2ac9618636f4469ee3136d985c9/
■主催 京都造形芸術大学/Ruskin in Japan実行委員会
■お問合せ 一般社団法人 Impact Hub Kyoto 〔電話〕 075-417-0115 / 〔メール〕 info@impacthubkyoto.net
■URL https://kyoto.impacthub.net/event/john-ruskin200/
■関連教員 上村博(大学院芸術研究科長)、服部滋樹(情報デザイン学科教授)