開催中のイベント
展覧会
和中庵を読む 書物としての建築
2018年12月11日 〜 2018年12月16日
大学院の教員・大学院生と歴史遺産学科の共同による展覧会
映像・舞台
ブルーエゴナク 新作「sad」
2018年12月14日 〜 2018年12月16日
在校生、卒業生が参加します!!
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
『Arts and Apes』
2018年12月11日 〜 2018年12月21日
芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展

芸術館

縄文と現代 vol.3―浸透する器

日程 2015年04月16日(木)〜 2015年05月16日(土)
時間 10:00 〜 17:00(休館:日曜日、4/29-5/6)
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

雪片が 風とともに舞い降り
地表と樹木を 淡い光で包んでゆく
ときおり吹雪となって 鋭く風の音が走り抜けると
凍てついた土の表面に 雪の結晶が残され
澄み切った静けさのなか 息も靴音も吸収して
音も無い白の光景が 立ちあらわれる


この度の展覧会は、〈浸透する〉という理科実験を連想させる言葉と日本的な土器を想起させる<器>という語句によって題されたタイトルとなっている。
今この場に現れる大西の《浸透する器》は歴史的時間を内在させた日常の/非日常の〈縄文土器〉と共にどのような景色を出現させるだろうか。


関連企画1
講演:「残されたかたち―縄文からみえるもの」
4月28日(火)午後4時30分―5時50分
講師:千葉 毅(神奈川県立歴史博物館学芸員)
会場:人間館1階 102教室 (予約不要)


関連企画2
対談:「空洞の彫刻、浸透するかたち」
5月16日(土)午後4時30分―5時30分
講師:大西康明(美術家)+岡本康明(京都造形芸術大学芸術館 館長)
会場:京都造形芸術大学芸術館 (予約不要)

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学芸術館
■お問合せ 京都造形芸術大学芸術館 TEL: 075-791-9182 E-mail: geijutsu-kan@kuad.kyoto-art.ac.jp 
■URL http://geijutsu-kan.com/