開催中のイベント
展覧会
和中庵を読む 第2回 ー近代邸宅の行間ー
2019年11月07日 〜 2019年11月17日
歴史遺産学科生、大学院生、卒業生、教員との共同プロジェク トによる展覧会
展覧会
「『交響のソロ』11人の作家に見るみやぎ美術のいま」
2019年10月09日 〜 2019年12月01日
大学院日本画専攻修了の川村香月さんらによる特別展
その他
2020年度 共同研究公募事業の募集開始のお知らせ
2019年07月18日 〜 2019年12月10日
新たな舞台芸術のヴィジョンを構想する先進的な研究プロジェクトを募集!
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。
展覧会
COLLECTIONS ! COLLECTIONS !
2019年02月23日 〜 2020年04月26日
美術工芸学科仁尾敬二教授が出品するタペストリーとテキスタイルアートの展示

芸術館

縄文と現代 vol.3―浸透する器

日程 2015年04月16日(木)〜 2015年05月16日(土)
時間 10:00 〜 17:00(休館:日曜日、4/29-5/6)
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

雪片が 風とともに舞い降り
地表と樹木を 淡い光で包んでゆく
ときおり吹雪となって 鋭く風の音が走り抜けると
凍てついた土の表面に 雪の結晶が残され
澄み切った静けさのなか 息も靴音も吸収して
音も無い白の光景が 立ちあらわれる


この度の展覧会は、〈浸透する〉という理科実験を連想させる言葉と日本的な土器を想起させる<器>という語句によって題されたタイトルとなっている。
今この場に現れる大西の《浸透する器》は歴史的時間を内在させた日常の/非日常の〈縄文土器〉と共にどのような景色を出現させるだろうか。


関連企画1
講演:「残されたかたち―縄文からみえるもの」
4月28日(火)午後4時30分―5時50分
講師:千葉 毅(神奈川県立歴史博物館学芸員)
会場:人間館1階 102教室 (予約不要)


関連企画2
対談:「空洞の彫刻、浸透するかたち」
5月16日(土)午後4時30分―5時30分
講師:大西康明(美術家)+岡本康明(京都造形芸術大学芸術館 館長)
会場:京都造形芸術大学芸術館 (予約不要)

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学芸術館
■お問合せ 京都造形芸術大学芸術館 TEL: 075-791-9182 E-mail: geijutsu-kan@kuad.kyoto-art.ac.jp 
■URL http://geijutsu-kan.com/