マンデイプロジェクト

創造的なものの見方、考え方を身につける。
学科を超え、学ぶ土台を育むプログラム。

マンデイプロジェクトとは?

芸術を学ぶために
必要な基礎を育む。

1年生全員が、「マンデイプロジェクト」をはじめとするプログラムに取り組みます。全学科混合クラス編成で課題に取り組み、すべての基礎となる教養を身につけることで、それぞれの専門領域での学びを深めていくための土台を育みます。

ワークショップは
その数100以上。

毎週月曜に開講される「マンデイプロジェクト」では、講義ではなくワークショップという体験型の授業形式で、頭と身体両方を使い学びます。グループでさまざまな課題を発見し、その問いに対する答えを探るために必要なものの考え方、見方を学びます。

集団での “ねぶた” 制作で
一人ひとりがレベルアップ。

1年生の9月、2週間集中して “ねぶた” を制作する名物プログラム。入学してから半年の学びを全て活かし、集団での長期制作、アイデアのクオリティ、ディテールへのこだわりなど、チームで高いハードルをクリアしていきながら、完成を目指します。

マンデイプロジェクト 
ワークショップ例

毎週月曜日に行われる、ワークショップ授業。 むずかしい講義形式で行うのではなく、実際に身体を使って課題に 取り組む、本学独自の100本に上るプログラムです。「観察や判断を する力」「創造や表現をする力」を鍛えると共に、創作における考え 方を柔軟にします。

パターン

テーマに基づいてそれぞれがさまざまなモノを集めてくる。集めたモノたちを並べてみると、持ち主の個性が見えてくる。一見無意味に見えるモノたちを、どう組み合わせれば意味あるものになるのかを体感する。

Room 0

普段授業で使っている教室と自分たちの服を白くする。天井、床、壁だけでなく、机、椅子、ドアノブなど細かな部分も紙で白くする。たったそれだけのことで、ここがどこなのかも分からなくなり、いつもの教室の様相が一変する。

ペーパーファッションショー

グループに分かれて紙で服をつくり、演出や音楽も自分たちで考えたファッションショーを開催する。紙は書くためのものであるという概念を壊し、紙のできること、紙でしかできないことを探る。

フレームアウト

大きな画面の中に40から50個の小画面の絵をランダムに配置し、小画面のフレームとフレームの間を埋めるようにドローイングをしていく。ドローイングによる他者とのコミュニケーションを通じて、共同制作による発想の広がりを体験する。

バルーン

ナイロンをつなぎ合わせ、自分たちよりはるかに大きな空気人形をつくる。大きなものをつくるには大勢で協力することが必要であること、限られた時間の中で完成させるスケジュール管理が重要であることを知る。

Oneday house

全員で力を合わせてひとつの「家」を建てる。限られた材料で大きな「家」を完成させることに挑戦し、大勢で協力することの大切さやチームの中での自分の果たす役割について考える。

マンデイプロジェクト 
ねぶた制作

社会で仕事をする際に必要な「チームで仕事を実現する力」を徹底し て鍛えます。9月に2週間かけて、与えられたテーマをもとに考えた巨大なねぶた制作に取り組みます。専門の異なる個々の力をいかに使えば大きな仕事が実現できるのか。真剣に向き合い、試行錯誤を繰り返しながら、学生たちが大きく成長できるプログラムです。

講堂での点灯の瞬間

ギャルリ・オーブでの制作の様子。