ウルトラファクトリー

世界基準の工房で、
トップクリエイターとともに制作する。

ウルトラファクトリーとは?

他大学にはない、全学生が
自由に使える「共通工房」。

「想像しうるものはすべて実現可能」と宣言し、全学科の学生に開放している工房です。金属、木材、樹脂加工、シルクスクリーン、デジタル造形が自在に行えるあらゆる機械・工具や技術スタッフをそろえ、制作の幅を広げる可能性にあふれています。

トップクリエイターや
企業とともに作品をつくる。

第一線で活躍するアーティストやデザイナーが指導教員として関わるプロジェクト型実践演習を多数実施。1年生から、クリエイターと共同で国内外で発表される作品を制作します。また企業の新商品開発の試験設備としても利用されています。

最先端の技術を習得し、
社会の第一線で活かす。

世の中をリードする企業が使用している機材と同じものをそろえています。現代のものづくりに不可欠なデジタル機材も充実しており、専属テクニカルスタッフが指導を行います。ここで習得した最新の技術を“そのまま” 社会の第一線で発揮できます。

ULTRA新工房が始動

新しい工房・機械・技術スタッフ。アイデアをカタチにする、そのスピードを加速させる。

あらゆる学生や企業が出入りするウルトラファクトリーが2018年に生まれ変わりました。

日本でトップクラスの工作機器を備えた共通工房へ

金属、木材、樹脂加工等のこれまでの設備に加え、デジタル造形機材など、これからのものづくりに不可欠な機材が充実。学生たちは、これら最新鋭の機器を自由に使って、産業レベルのクオリティのものが制作できるようになります。

デジタルとアナログを横断した
最先端のものづくりを実践する

未来に残る技術や世界を変えるアイデアを生み出すことをめざして、領域を横断して多彩な表現を追求できます。デジタルとアナログを自在に行き来しながら、「試作」と「実作」をスピード感をもって繰り返し、社会に実装していきます。

ウルトラファクトリーの施設

導入機材一例

3Dプリンター│3Dスキャナー│レーザー加工機│大判プリンター│UVプリンター│カッティングプロッター│刺繍ミシン│真空成型機│
デジタルシンク製版機│中型・大型CNCミリングマシン│3Dモデリングソフト│ボディスキャナー│塗装ブース│スライドソー│ほか

最新鋭の環境で、アーティストとともに、企業とともに。

アーティストプロジェクト

世界のトップクリエイターとともに、共同で作品をつくりあげるプロジェクトを多数実施。プロと現場をともにし、授業では決して味わえないアートの世界を体感します。

アーティストプロジェクト担当教員(一部抜粋)

ヤノベケンジ
現代美術作家
  • ウルトラファクトリーディレクター。大型機械彫刻を数多く制作。近年はビートたけしや映画製作とのコラボレーションなど領域横断的に活動する。
やなぎみわ
舞台演出家 / 美術作家
  • 90年代より写真作品を制作。第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表。近年は演劇作品の演出を手がける。2016年より車両を使った野外劇『日輪の翼』ツアーがスタートした。
名和晃平
彫刻家 / SANDWICH Inc.ディレクター
  • 様々な素材と技術を駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。近年は建築や舞台にも取り組み、空間とアートを同時に生み出すことに挑戦している。
増田セバスチャン
アートディレクター / アーティスト
  • 原宿kawaii文化をコンテクストに作品を制作。アート・エンタメ・ファッションの垣根を越えて国内外で活動中。

OPEN INNOVATION PROJECT

多くの企業とともに産学連携事業を通じて社会の課題解決に挑みます。伝統工芸からIoTを活用した新技術・サービスまで。
未来のクリエーションを生み出す開発拠点として、失敗を繰り返しながら“本物”で学ぶ場を提供します。

ウルトラファクトリー