開催中のイベント
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展
展覧会
「melty」
2018年12月08日 〜 2018年12月24日
キャラクターデザイン学科 グラフィックデザイン応用クラス成果展
展覧会
センサリー・メディア・ラボラトリー
2018年11月22日 〜 2018年12月24日
アートプロデュース学科の山城先生の個展が開催されます
講座・講演
2018年度 公開連続講座『日本芸能史』
2018年05月07日 〜 2018年12月24日
【前期】人間国宝の世界/【後期】能と狂言の世界

今村源個展

「パラパラパラ」

日程 2018年03月03日(土)〜 2018年03月18日(日)
時間 (平日13:00 – 20:00 / 土日祝12:30 – 20:00)
場所 ARTZONE
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

展覧会概要:京都造形芸術大学アートプロデュース学科が運営するアート・スペースARTZONEでは、京都を拠点に活躍するアーティスト今村源の個展「パラパラパラ」を開催します。
パラサイト、パラソル、パラドックス…。本展において今村は、ARTZONEを宿主にしてキノコを寄生させます。キノコの傘の下、菌糸がパラサイトした会場は、こどもの頃に親に内緒で忍び込んだ森の中のようで、魅惑的だけどちょっと怖い、矛盾に満ちた世界となることでしょう。
「パラ」とは何かの傍らに寄り添いながら、決して交わることなく逸らしていくという、逆説的な在り方を示します。ひとつでは存在しない「パラ」という接頭語は、連なることで何者かになっていきます。「パラパラパラ パラパラ パラ…」と、何かが降ってくるような、崩れていくような、そんな音が聴こえてきそうです。
今村の作品は、イタズラのように私たちの日常的な通年や価値観をひっくり返してみせます。そして、そのささやかな衝撃は、菌糸のようにどこまでも広がっていくのです。

作家経歴:
今村源
Hajime Imamura
1957 大阪府生まれ
2017 “ひかりにカエル” ギャラリーノマル , 大阪
  東アジア文化都市2017京都 “アジア回廊 現代美術展” 京都芸術センター、京都
2013 Shizubi Project 3 “わた死としてのキノコ” 静岡市美術館、静岡
2012 越後妻有アートトリエンナーレ2012 “京都精華大学 枯木又プロジェクト”
十日町旧枯木又分校、新潟
2011 “VOID—通路あるいは音として” ギャラリーノマル、大阪
2009 水都大阪 水都アート回廊 “茸的熟考” 適塾、大阪
2006 “連菌術 Over the Ground Under the Ground” 伊丹市立美術館、兵庫
2001-05 “life/art” 資生堂ギャラリー、東京


展覧会名:今村源個展「パラパラパラ」
会期:2018年3月3日 (土) – 3月18日(日)
時間:平日13:00 – 20:00 / 土日祝12:30 – 20:00
会場:ARTZONE
住所:〒604 8031 京都府京都市中京区 河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2F
入場料:無料
連絡先:電話 075 212 9676  Mail info@artzone.jp
出展作家:今村源(いまむら はじめ)
企画:屋宜初音 / 西村歩 / 高想 / 山本晋也 / 江南実菜恵 (アートプロデュース学科2回生)齊藤樹里(美術工芸学科2回生)
主催:京都造形芸術大学ARTZONE
協力:ギャラリーノマル

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学ARTZONE
■お問合せ 連絡先:電話 075 212 9676  Mail info@artzone.jp
■URL http://artzone.jp/?p=3277
■関連在学生 屋宜初音 / 西村歩 / 高想 / 山本晋也 / 江南実菜恵 (アートプロデュース学科2回生)齊藤樹里(美術工芸学科2回生)
関連機関 芸術表現・アートプロデュース学科 / 美術工芸学科