開催中のイベント
映像・舞台
芝居×狂言 わ芝居~その弐 『サヨウナラバ』※全公演中止
2020年04月07日 〜 2020年04月19日
舞台芸術学科非常勤講師のわかぎゑふ先生が脚本・演出。第二弾は狂言コラボ!
展覧会
COLLECTIONS ! COLLECTIONS !
2019年02月23日 〜 2020年04月26日
美術工芸学科仁尾敬二教授が出品するタペストリーとテキスタイルアートの展示
映像・舞台
【新国立劇場】『反応工程』※全公演中止
2020年04月09日 〜 2020年04月26日
舞台芸術学科10期・卒業生が出演!
展覧会
【延期・開幕日未定】さいたま国際芸術祭2020
2020年03月28日 〜 2020年05月17日
美術工芸学科ミヤケマイ教授が出展

香川県文化芸術新人賞展

本学大学院修士課程修了の安冨洋貴さんによる作品展

日程 2020年02月08日(土)〜 2020年02月24日(月)
時間 09:00 〜 17:00(入館は16:30まで。休館:月曜日(祝日は開館、翌日休館))
場所 香川県文化会館
場所詳細 香川県高松市番町1-10-31
カテゴリ 展覧会
エリア その他の地域

2018年香川県文化芸術新人賞の、受賞展として京都造形芸術大学大学院修士課程を修了された画家の安冨洋貴さんらによる作品展が香川にて開催されます。
人が通り過ぎた後の静寂の夜、雨粒に濡れる薔薇や水辺の波紋、雨降る夜の透明ビニール傘などを描いた作品を、鉛筆画を中心に約30点展示されます。

-以下HP(https://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/index.html)より引用-
香川県では、将来の文化芸術の振興に貢献することが期待される若手芸術家を顕彰するために文化芸術新人賞を授与しています。平成29年度には香川県出身の画家 安富洋貴(やすとみ ひろき)と漆芸研究所修了生の漆芸家 神垣夏子(かみがき なつこ)が選ばれました。安富洋貴は香川県出身。夜の心象風景をテーマに、国内でも数少ない鉛筆画の製作をしており、鉛筆の透明感と独特の色彩による写実的な表現で高く評価されています。神垣夏子は東京都出身。中央大学理工学部土木工学科を卒業後、香川県漆芸研究所において、籃胎蒟醬(らんたいきんま)をはじめ讃岐漆芸特有の技法に取り組みました。銅版画の用具を蒟醬剣に応用し、深みのある色合いの独自の蒟醬が高く評価されています。
本展では、将来の香川県の芸術活動を支える画家 安富洋貴、漆芸家 神垣夏子を紹介します。


会期中は作者による作品解説も行われます。
是非ご参加下さい。
■作品解説
日時 2月8日(土)、9日(日)、16日(日)、23日(日)
各13:30~14:30   
場所 香川県文化会館 2・3階 展示室
※予約不要

■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 香川県立ミュージアム
■お問合せ 087-822-0002
■関連卒業生 安冨洋貴さん(本学大学院修士課程修了)