開催中のイベント
展覧会
ビビビット展
2020年02月14日 〜 2020年02月21日
学生デザイナーによるデザイン展。京都造形芸術大学から8名の学生が参加。
展覧会
第12回恵比寿映像祭
2020年02月07日 〜 2020年02月23日
美術工芸学科写真・映像コース専任教員の多和田有希さんらによる展示
展覧会
_act_RELATE つたえる を つくる展
2020年02月11日 〜 2020年02月23日
卒業生・城下浩伺さん所属の_act_× 豊中市の企画展覧会
展覧会
HINOKUNI
2020年02月12日 〜 2020年02月24日
山本太郎准教授らのグループ展が開催!
展覧会
香川県文化芸術新人賞展
2020年02月08日 〜 2020年02月24日
本学大学院修士課程修了の安冨洋貴さんによる作品展
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク
2020年02月23日 〜 2020年02月26日
世界の教科書としての現代アート
講座・講演
市川猿之助×杉原邦生トークセッション『新版オグリ』歓喜への道
2020年03月07日
京都芸術劇場 春秋座 市川猿之助芸術監督プログラム

第12回恵比寿映像祭

美術工芸学科教員の多和田有希さんらによる展示

日程 2020年02月07日(金)〜 2020年02月23日(日)
時間 10:00 〜 20:00(10日(月)、17日(月)休館。最終日は18:00まで。)
場所 東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか
カテゴリ 展覧会
エリア 首都圏

年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァル。
期間中、東京都写真美術館2Fにて京都造形芸術大学美術工芸学科教員の多和田有希さんの作品が展示されます。
初日の2月7日(金)16:30よりラウンジトークも開催されます。是非お越しください。

---以下HPより引用--
第12回 開催概要
2020年、恵比寿映像祭は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質に迫ります。
恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化をめざし、東京都写真美術館全館および地域会場で開催されます。第12回となる今回は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質について迫ります。展示や上映の作品から、鑑賞者と映像を巡り・楽しみ・考えるプログラム「YEBIZO MEETS」の展開までを通じて、多様な映像表現に触れていきます。

なお、第12回恵比寿映像祭は、オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する、2020年を盛り上げる文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の1つとして実施するものです。

■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京/日本経済新聞社
■お問合せ 03-3280-0099
■URL https://www.yebizo.com/jp/information/
■関連教員 多和田有希
関連機関 美術工芸学科