開催中のイベント
展覧会
コレクション展Ⅰ 明治の浮世絵と郷土人形
2022年05月16日 〜 2022年06月11日
2022年度春季コレクション展を開催します

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

日程 2021年12月18日(土)〜 2022年02月27日(日)
時間 10:00 〜 17:00((入場は16:30まで))
場所 府中市美術館 2階企画展示室
カテゴリ 展覧会
エリア 首都圏

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

池内晶子教員の美術館での初個展です。
池内教員は絹糸をつないで帯や紡錘状のかたちをつくり、空間にはりめぐらして、周囲の空気を含みもつ作品を発表してきました。糸のみを用いて造形するミニマムで繊細な作品には一方で、絹糸という素材の持つ歴史や文化的背景、展示会場の場所性など、外部との多様な関わりが織り込まれています。1980年代末より活動をはじめ、近年は東京都現代美術館、国立新美術館のグループ展や新潟での芸術祭に参加するなど活躍しています。
今回は展示室を大胆につかい、ほぼ現場での制作による新作を発表します。池内教員は事前に美術館とその周囲をリサーチして場所の特性を受けとめ、この場でしか生まれえない空間を、丁寧な手仕事により準備しています。しなやかで力強い世界に出会う、またとない機会となることでしょう。


日時:2021年12月18日(土)から2022年2月27日(日)
開館時間:午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
会場:府中市美術館2階企画展示室
観覧料:一般 700円(560円)
    高校・大学生 350円(280円)
    小・中学生 150円(120円)
    ※お支払いは現金のみとなります。
    ※( )内は20名以上の団体料金。
    ※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
    ※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料。
    ※「池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて」展観覧料金で常設展もご覧いただけます。
    ※最新の開館状況については、当館ウェブサイト、またはハローダイヤル等にてご確認ください。
特設サイト:https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakuten/akikoikeuchi.html
主催:府中市美術館

■費用 観覧料:一般700円、高校・大学生350円、小・中学生150円
■定員
■申込方法 事前申込不要
■主催 府中市美術館
■お問合せ 050-5541-8600
■URL https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakutenkaisai/2021_4_ikeuchi.html
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakuten/akikoikeuchi.html
■関連教員 池内晶子(通信教育課程リベラルアーツセンター准教授)