修士課程カリキュラム

必修要件を含み32単位以上を修得し、「論文」または「制作研究ノート」の審査に合格すると、修士(芸術)の学位を取得できます。但し、文化創生、芸術文化、歴史遺産研究、芸術環境研究、環境デザインなどの専門領域の研究論文については、内容によって修士(学術)が授与されます。

グローバル・ゼミ
必修特論(必修履修)
日本の芸術文化を広い視野から概観すると共に、トップランナーの言葉に刺激を受け自己の専門的視座を問い直す。(芸術文化論特論1・2 各2単位)
様々な地域、時代、ジャンルを超えた芸術文化の主題を中心に展開し、全学生の問題意識の共有化を図る必修科目。第一線で活躍している研究者、作家等をゲストとして招へいし、講義・ディスカッションを通して問題発見、批評、分析、論述能力の伸長を期す。
原論(1科目以上選択履修)
芸術文化の基底となる考え方と研究の基本的道筋を学ぶ。(各2単位)
1. 思想と(しての)芸術 6. エキゾチシズムとローカリズム
2. 歴史文化 -文化財保存修復の視点からみた(美術)作品 7. 日本文化論を英語で読む
3. 日本美術史-描かれた行事と風俗 8. 美術を空間との関係から考える
4. 心の内なる環境デザイン 9. 建学の理念と「芸術と平和」
5. アジアのアートとキュレーションの現在 10. 地域文化と芸術教育
※2021年度の内容です
分野特論(1科目以上選択履修)
研究・制作の基礎、基盤となる、より専門的視座に特化した講義科目。(各4単位)
1. 現代アートとは何か:「美」から「知」へ 10. 庭園論・ランドスケープデザイン論
2. 喫茶文化と庭園文化 11. 映画を介した芸術論+芸術における言語表現
3. 文化財保存修復の理論と技術 12. 日本芸能史―相撲と芸能/神仏と芸能・芸道
4. 現代作家としての思考法とプレゼンテーションの技術を学ぶ 13. 現代美術を取り巻く世界の構造と将来を踏まえた美術史、 社会史、伝統文化などの探求
5. 現代美術・写真を読む 14. 近代の工芸運動、デザイン運動は何を目指したか
6. アナロジカル・シンキング(類推的思考) 15. 近現代美術史、西洋哲学史、現代思想の確認
7. 視覚形成論 :日本のビジュアルカルチャーとグラフィックデザイン 16. グローバルな視野を持つ人材育成のための特別強化プログラム
8. 統合的視点で考える現代デザイン特論 17. コミュニティーと芸術教育/地域文化の特性理解と芸術的貢献
9. 建築設計特論 18. マンガ・アニメーション・ゲームで研究するための教養
※2021年度の内容です
演習・研究
指導教員による研究・制作指導を中心にしながら、分野横断的な領域ゼミ、専攻内合同プレゼンテーション等を通じて複数の教員の視点によるアドバイスも定期的に行っていく。
演習 1(4単位) 課題設定のための基本調査、研究方法の実践的検討など、修士課程における基盤を整える。
演習 2(4単位) 専門領域における演習によって知見をさらに深める。
研究 1(4単位) 専門演習からの継続性を重視しつつ、得られた成果を展開して学位審査に向けた課題を設定する。
研究 2(4単位) 研究成果の提示方法の研鑽に主眼を置き、学位申請のための成果物を完成させる。
特殊演習
領域を問わず、全領域の学生を対象としたテーマ別演習。
研究・制作テーマ別の合同演習
学術基礎 1〜4 日本語による論述能力の向上、学術論文執筆における基礎的技法の習得、
英語による口述プレゼンテーションのスキルアップなどを目的とした基礎講義。
建築実務演習 1〜5
建築総合演習・建築総合研究
建築設計の現場における補助業務と実務を通じて知識や技術、
職業倫理の基礎から応用までを身につける。
論文 制作研究ノート
[学位取得]
修士(学術)または 修士(芸術)
[学位取得]
修士(芸術)

京都芸術大学 大学院 修了生紹介

通信制大学院