さいとう あや

齋藤 亜矢(芸術認知科学)

齋藤 亜矢(芸術認知科学�)
所属 文明哲学研究所
職位 准教授
専門分野 芸術認知科学
学会・学派 日本発達心理学会、日本霊長類学会
学位 学士(理学) 〔京都大学理学部〕
修士(社会健康医学) 〔京都大学大学院医学研究科〕
博士(美術) 〔東京藝術大学大学院美術研究科〕
プロフィール 京都大学理学部卒業、同大学院医学研究科修士課程修了、東京藝術大学大学院美術研究科修了。博士(美術)。日本学術振興会特別研究員、京都大学野生動物研究センター特定助教、中部学院大学准教授などを経て、2016年度より現職。芸術する心がなぜ生まれたのか、進化や発達の視点からアプローチしている。著書に『ヒトはなぜ絵を描くのか―芸術認知科学への招待』(岩波書店)、『ルビンのツボ―芸術する体と心』(岩波書店)、共著書に『ベスト・エッセイ 2018』(光村図書)、『人間とは何か――チンパンジー研究から見えてきたこと』(岩波書店)、『恋う・癒す・究める 脳科学と芸術』(工作舎)、『脳とアート―感覚と表現の脳科学』(医学書院)など。
ウェブサイト https://researchmap.jp/asaito

作品リスト

ヒトはなぜ絵を描くのか――芸術認知科学への招待
2014年
岩波書店

ルビンのツボ――芸術する体と心
2019年
岩波書店

公益財団法人日本モンキーセンターロゴマーク(デザイン)
2014年