2018年7月5日(木)

【通学課程】7月6日(金) 大雨にともなう土砂災害警戒情報・気象警報が発令された場合の通学課程授業の取扱いについて

大学案内

7/5(木)より大雨が続いており、明日7/6(金)も荒天が予想されます。

7/6(金)に土砂災害警戒情報や気象警報が発令された場合の通学課程の授業の取扱いは以下の通りとなりますので、あらかじめ確認をお願いします。

 

■土砂災害警戒情報

1)京都市の左京区北白川学区に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された場合

7/6(金)の7:00時点で発令中の場合 終日休講

7/6(金)の7:00以降に発令された場合(始業時刻後に発令された場合を含む) 全ての授業等を直ちに中止し、以降の授業等は終日休講

※一度発令されたものが解除された場合も7/6(金)の授業等は実施しません。

※「避難準備・高齢者等避難開始」よりも緊急度の高い「避難勧告」「避難指示」が発令されている場合も上記の取扱いとなります。

 

2)自分の居住地(大学に届け出ている居住地)の学区(地域)に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令され、通学困難や身の危険を感じる場合は、自身の安全を最優先してください。これにより授業を欠席した場合は「欠席届」の対象としますので、7/9(月)までに教学事務室教務窓口まで申し出てください(手続きの際は居住地(住所)及び学区を確認させて頂きますのでわかるようにしておいてください)。

※7/10(火)以降の申し出は、原則、受け付けません。この日までに手続きできない理由がある場合は7/9(月)までに教学事務室教務へ本人が直接電話連絡してください。

 

■気象警報  ※学修ガイドブックp.23、学生手帳p.3記載の通り

京都・亀岡地区内の京都市に「暴風警報」、「暴風雪警報」または「特別警報」のいずれかが発令された場合

7:00時点で発令中、及び7:00以降9:00までに発令された場合 1、2講時休講

11:00時点で発令中の場合 3講時以降休講

※授業中に発令された場合、その講時の授業は続行し、次の講時の授業から休講になります。

※大雨などの荒天で交通機関不通が発生した場合は学修ガイドブックp.23、学生手帳p.3記載の通りの取扱いとなります。