寄附のお申し込み
学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学 URYU YOUTH募金

ごあいさつ

 京都造形芸術大学は、芸術と文化を通じて世界の平和創造に寄与することを建学の理念とし、芸術論・芸術史、歴史遺産、こども芸術、映画、舞台芸術から、美術工芸の諸分野、そしてデザインの全分野におよぶ教育研究を推し進め、2017年に開学40周年を迎えました。これを機に、より一層豊かな教養と専門分野の実力を養う質の高いカリキュラムを構築し、優れた芸術の創造と社会に貢献できる人材の育成に努め、邁進していく決意であります。
 このたび、これら建学の理念のさらなる具現化を目指し、「学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学URYU YOUTH募金」を立ちあげました。この「URYU YOUTH」の「YOUTH(わかもの)」とは、年齢に関係なく、志をもった本学にかかわる全ての人たちへの支援を意味し、命名したものです。
 この募金では、「就職活動支援」「学費支援」「施設設備整備」「大学に一任」という、大きく4つの柱を中心に寄附金を募集いたします。学生の意欲を高め、学修を支援する取り組みを進めると同時に、広く社会に活動の舞台を広げ、芸術に志を抱く学生たちの期待に応えるべく努力を重ねて参る所存です。
 これから芸術を学ぼうとする人たちへ、今まさに芸術によって未来を切り拓かんとする学生たちに託す贈りものとして、是非とも、今一度ここに皆様のご理解と温かいご支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

学長 尾池 和夫

京都造形芸術大学 学長

尾池 和夫 | Kazuo Oike

募集要項

寄附名称 学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学URYU YOUTH募金
募集期間 2018年9月1日~2019年3月31日 *以降、毎年度継続
募集単位 【個人】1口1万円 【法人・団体】1口10万円

寄付金の使途

[1] 就職活動支援 *

教育目標に掲げる「社会の変革に役立てる人材の育成」の実現にむけ、在学中より学生の産学公連携プロジェクト活動への取り組みを支援しております。また、「キャリアデザインセンター」による就職活動支援の充実をさせ、進路決定率90%の恒常的な維持を目標に、支援を呼びかけております。

[2] 学費支援 *

大学独自の奨学金を用意しておりますが、経済的事情等により、高い志を持ちながら修学を断念せざるを得ない学生への支援が十分に行き届いておりません。さらなる奨学金の充実のため、支援を呼びかけております。

[3] 施設設備整備

2017年度に、本学のシンボルである望天館建替工事に着手しました。今後も、学生の学習環境向上を目指し、青窓館、悠々館、希望館等の全面改修と施設設備の更新事業に取り組みます。キャンパスの充実と安全確保のため、継続した支援を呼びかけております。

[4] 大学に一任

使途のご指定のないご寄附に関しましては、本学が必要としている分野や新規に取り組む事業にむけ柔軟に活用させていただきます。

*通学部を対象とした支援となります

顕彰制度について

本学の教育理念と寄附金の使途へご理解をいただき、温かいご支援をいただきました寄附者の皆様に感謝し、以下の顕彰制度を設けております。
皆様からのご支援、心よりお待ちしております。

*4月1日~翌年3月31日までの累計寄附金額をもとに顕彰

顕彰制度一覧

税制上の優遇措置

個人でのご寄附の場合

学校法人瓜生山学園は、文部科学省より「特定公益増進法人」の認可を受けております。
そのため、本学へ個人から寄附をされた場合、所得税の「①所得控除」を受けることができます。また、本学へ寄附をされた方のお住まいの自治体によっては、あわせて「②住民税の控除」も受けることができます。

①所得控除

寄附金額が年間2,000円を超える場合には、その超えた金額が、該当年度の所得金額から控除されます。ご寄附いただきました際には、本学が発行する「寄附金領収証」および「特定公益増進法人の証明書写」をお送りします。確定申告の際、所轄税務署へご提出ください。

控除される金額:寄附金額 ― 2,000円 = 所得控除額

*課税される年間所得に応じて、所得税率が異なります。

*控除対象となる寄附金額は、その年の総所得額等の40%が上限となります。

②住民税の控除

本学へ寄附された翌年1月1日のご住所が下記の自治体の方は、確定申告の際に、住民税の寄付金控除もあわせて申告することにより、翌年度の住民税から控除されます。ご寄附いただきました際には、本学が発行する「寄附金領収証」および「特定公益増進法人の証明書写」をお送りします。確定申告の際、所轄税務署へご提出ください。
なお、給与所得者または年金受給者で、確定申告を行わず、住民税の寄付金控除のみを受ける場合は、自治体に申告してください。

本学を条例指定している自治体

京都府(2018年8月現在)

控除される金額

寄附金額 ― 2,000円 ) × 住民税控除率 = 住民税控除額

*控除対象となる寄附金額は、その年の総所得額等の30%が上限となります。

*都道府県指定は2~4%です。

法人でのご寄附の場合

寄附金額を損金算入できる「①受配者指定寄付金」と、一定の額まで損金算入できる「②特定公益増進法人に対する寄付」がございます。

(税制上のメリットがより大きい「①受配者指定寄付金」を推奨しております)

①受配者指定寄付金

日本私立学校振興・共済事業団を通じて、本学に寄附していただく制度です。寄附金額が、当該事業年度の損金額に算入できます。手続きを希望される場合は下記「寄付申込書(日本私立学校振興・共済事業団所定申込書)」に必要事項を記入・押印の上、<京都造形芸術大学 経理課 寄附金係>まで郵送にてお送りください。
また寄附金による確定申告には、日本私立学校振興・共済事業団発行の「寄付金受領書」が必要です。本学経由で、「寄付金受領書」をお送りします。

寄付申込書(日本私立学校振興・共済事業団所定申込書)

②特定公益増進法人に対する寄付

法人より本学へ寄附された場合、「特定公益増進法人に対する寄付」として、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で損金として算入できます。ご寄附いただきました際には、本学が発行する「寄附金領収証」および「特定公益増進法人の証明書写」をお送りします。確定申告の際、所轄税務署へご提出ください。

*税制の詳細につきましては、所轄の税務署へお問い合わせください。

*税制の詳細につきましては、所轄の税務署へお問い合わせください。

お申込み方法

振込による方法

「学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学 URYU YOUTH募金 申込書」に必要事項を記入の上、郵送またはFAXによりお申し込みください。
併せて、下記の寄附専用口座に申込金額をお振り込みください。

【寄附専用口座】

  • みずほ銀行 京都中央支店 普通預金 1054258
    ガク) ウリュウヤマガクエン
    学校法人瓜生山学園
  • ゆうちょ銀行
    00930-6-328825
    京都造形芸術大学

【申込書送付先(事務局)】

宛名 京都造形芸術大学 経理課 寄附金係
住 所 〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
FAX番号 075-791-8246
電話番号 075-791-9123(直通)
メールアドレス
クレッジトカード決済による方法

本学公式サイト(「寄附のお申し込み」 )から、決済代行を委託する(株)フューチャーコマースの寄附支払サイト「F-REGI」を経由してお手続きください。*アクセス後の手順の中で、申込みは完了いたします。

お取り扱いが可能なカードブランドは次のとおりです。

資料請求・問い合わせ先

京都造形芸術大学 経理課 寄附金係(土日祝除く 9:00~17:30)
〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116
[Tel]075-791-9123(直通) 
[FAX]075-791-8246
[E-mail]