チェン・レイチェル(2015年度修了)の作品:台湾で出版された2冊の絵本

デザインの力で社会を変える

デザインは常に社会を変える原動力となってきました。世界情勢や科学技術が大きく変動している現在、デザインの役割はますます重要になってきています。この領域では5年先10年先の世界を見据えて、デザインとビジュアルクリエーションの実践者を育んでいます。

領域の特長

世界を刺激する、日本のクリエーション

中国、韓国、台湾、タイ、インドネシア、チュニジア、ジャマイカなど、世界中から日本のグラフィックアートやデザインに関心をもつ学生が集まってきています。世界に影響を与えた先人の仕事をリスペクトしつつ乗り越えるクリエイターの輩出をめざします。

多様性を活かし相互作用を生む

多様な分野を包含するデザイン領域では、その多様性を活かして相互作用を生み出すことを大切にしています。たとえば「特殊演習Ⅲ」の授業では、世界的なアーティストである田名網敬一と多彩なゲストにモデレーターとなってもらい、分野を超えたクリエイティブに挑戦してもらいます。そこから、実験的・意欲的な作品が生まれています。

領域長メッセージ

“即戦力”では、すぐに消費されてしまう

ただ、注目されるイラストを描きたいとかデザインで社会のニーズを満たしたいというだけなら、大学や専門学校で十分かも知れません。しかし今や、上手な人や器用な人はいくらでもいて、クリエイターは飽和状態です。イノベーションが求められています。かつてないほどの速さで時代が変化する中、いわゆる即戦力的な社会への適応では、クリエイターとしての消費期限がすぐに来てしまいます。今の社会に照準を合わせるのではなく、5年先、10年先を見据えて研究を行い制作スキルを高めてゆく。これは、大学院だからこそできることです。皆さんと一緒にデザインやクリエーションの未来を切り拓いて行きたいですね。

大西 宏志

デザイン領域長

大西 宏志

本学マンガ学科教授。映像・アニメーション作家。国際アニメーションフィルム協会理事。広島国際アニメーションフェスティバル運営メンバー。映像プロダクション、CGプロダクション等のディレクターを経て2002年より本学勤務。

修了生紹介

中島 佳那子
中島 佳那子(なかしま かなこ)さん

デザイナー [ 2015年度修了 ]

長崎県で幼少期を過ごし、子どものころから絵を描き始める。本学情報デザイン学科イラストレーションコース卒業。現在は、京都市内のデザイン事務所に就職し、ブックデザインの仕事に携わる。将来的にはイラストを描く仕事を増やしていくことを目標に、勉強を続ける日々。

描いたものが、人にどう届くか。
社会に共有できるイラストを。

なぜ、イラストレーションが好きなのだろう。自分の中に湧き起こった疑問と向き合うために大学院に進み、イラストと自分、イラストと社会の関わりを見つめてきました。実際の仕事も、経験しました。印象的だったのは、生まれ育った長崎の企業から、新しくできる施設に向けて絵を頼まれたことです。10数点ものイラストを額装して展示する、初めての大きな仕事。先生方の手厚い支えが力になりました。私が研究したい内容と展示の内容が乖離しないように、言葉による整理を手助けしてくれたうえ、仕事を全うできるように、電話やメール、領収書などの実務面までサポートしていただきました。描き上げたのは、ただ空間に飾る絵ではなく、コンテクストを共有できる鑑賞者にとっては挿絵として機能し、長崎の情景を感じてもらえる絵。描いたものが人にどう届くか。その大切さを学んだ2年間でした。

ヨルギウ・パノス
ヨルギウ・パノスさん

ゲームデザイナー [ 2014年度修了 ]

キプロス出身。幼少期から日本のアニメやゲームにふれて育つ。ロンドン芸術大学を卒業後、文部科学省の試験に合格、奨学生として来日。修了後はゲーム制作会社の演出プランナーとして、「キングダムハーツシリーズ」などの制作に携わっている。

入学前とは、別の自分に。
すべての経験が、ゲームの演出に生きている。

幼いころから、日本のアニメが大好きでした。自分でも絵を描くようになり、ロンドン芸術大学に進学。そこであらためて、技術では日本が世界一だと感じて、より憧れが強くなりました。大学院では、葛飾北斎のラインワークを取り入れたキャラクターをシンプルな墨絵の世界に置いた作品を制作。キャラクターを際立たせながらも浮き過ぎた存在にならないよう、モーションや背景との関係性についても研究を深めていきました。さらに、テレコム・アニメーションフィルムの方との出会いをきっかけにアニメ塾に参加。ライン1本の意味を考えるような課題を1年間で40個クリアし、ラインワークが格段にレベルアップしました。学内でも様々なアーティストと交流し、発想を自由にしてもらいました。入学前とは、別の人間になった。そんな風に感じます。2年間のすべてが、今の仕事であるゲームの演出に生きています。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。