環境デザイン学科

Department of Environmental Design

環境とともに人が生きる、
すべての場所をデザインする。

私たちがデザインするのは、人が生きるすべての場所です。「家具」「インテリア」「住宅」「建築」「庭園」「まちづくり」「ランドスケープ」の7つの領域が連携し、暮らしを豊かに彩り、まちに潤いをもたらす環境の創造を目指しています。京都のまちに息づく伝統と革新のエネルギーを受け継ぎ、芸術大学ならではの企画力・設計力・表現力を鍛えます。本学科で学ぶことで、狭い専門領域に閉じこもることなく、地球規模の環境意識を持ちながら、芸術的感性を駆使し、美しい環境づくりに貢献する人材へと成長します。

学科の考え

入学後に決められる専門領域

本学科では、1・2年生で建築・インテリア・ランドスケープ3領域の基礎となる、製図や模型を使った空間創造を学び、3年生からそれぞれ専門領域を選択し、専門性を深めます。環境デザイン全般に関する基礎を培っているからこそ、それぞれの専門領域で、幅広い視点からのアプローチができるようになるのです。

実務(仕事)に直結した学び

100%実務経験者である本学科の教員から世界で通用する技術や知識を吸収できます。また学科独自のインターンシップ制度では、実際に仕事の現場を体験することで進路を決定する重要な機会を生み出しています。卒業と同時に二級建築士の受験資格が取得可能で、卒業後2年以上の実務経験を経て一級建築士の受験資格を取得できます。

卒業生の進路
  • 設計職
  • インテリアデザイナー
  • 家具職人
  • 庭師
  • ランドスケープデザイナー
  • 現場監督
  • 設計事務所
  • ハウスメーカー
  • ゼネコン
  • 花・園芸店
  • 工務店
  • イベント企画
  • 不動産会社
  • ギャラリー経営
  • 自治体職員
  • 大学院
  • ほか

環境デザイン学科 コース一覧

Architecture,Interior and Environmental Design Course

建築・インテリア・ランドスケープの全てを学び、
自分の進みたい道を見つける。

学べる分野

  • 建築
  • 住宅
  • まちづくり
  • インテリア
  • 家具
  • ランドスケープ
  • 庭園

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら