舞台芸術学科

舞台デザインコース

Stage Design Course

本物の劇場があなたのキャンバス。
三次元の舞台空間を想像する。創造する。

舞台の創作には、俳優や演出家の他に、舞台美術や音響、照明、衣装、舞台監督など様々な分野を担当するメンバーが必要です。
仲間たちと協働し、互いの発想と技術を組み合わせることによって、ひとつの作品が完成します。
本コースでは、まずは舞台美術、音響、照明など舞台デザイン全般をトータルに体験します。そして、学内のプロ仕様の劇場で行われる演劇、ミュージカル、ダンス公演では、デザイナー、プランナー、スタッフとして参加します。また、産学連携授業により、学外の劇場で行われているプロの現場で、技術だけでなくプロの舞台人としての心得も学びます。

学べる分野
  • 舞台美術
  • 照明
  • 音響
  • 舞台映像
  • 舞台衣装
  • 大道具
  • 小道具
  • 舞台管理(舞台監督)
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

舞台デザインコースだからできること

劇団四季との産学連携授業

劇団四季からスタッフを招き、「魔法をすてたマジョリン」などのミュージカルを題材に演習を行います。また、インターンとしてロングラン公演や新作ミュージカルの現場で働きます。

学外の劇場との連携

一般公演も行う学内の劇場「春秋座」はもちろんのこと、「びわ湖ホール」や「ロームシアター京都」など近隣の劇場での公演にスタッフとして参加する機会を多く設けています。

世界に通用する舞台デザイン

毎年、本学科では世界的に活躍する舞台デザイナーを招聘してデザインやアートワークの授業を行っています。また、国際舞台芸術祭に参加するなど、海外で舞台デザインを学ぶ学生たちとの交流の場を設けています。

カリキュラム

1
年生

舞台をトータルに学びながら、基礎を身につける。

舞台美術、音響、照明のデザイン基礎や舞台監督を中心としたスタッフワークなど舞台をトータルに学びます。演技・演出コースとの合同授業では、俳優や演出家との協働作業を体験します。

PICK UP! 授業

舞台人としての基礎

この授業では、舞台人の基礎「劇場で安全に作業すること」を学びます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」で実施されるこの授業を修了すると、「安全ライセンス」を取得できます。

舞台デザインの基礎

舞台美術や照明、音響を駆使して戯曲の世界を舞台化する過程を体験します。舞台デザイナーとしての「戯曲の読み方」にはじまり、「空間構想」を経て、実際に劇場で「舞台空間」を創造します。

2
年生

小劇場で公演。自分自身の進む領域を選ぶ。

小劇場での公演に向けて、舞台美術、音響、照明の分野に分かれてデザインからスタッフワークでのプロセスを学びます。公演では、自分自身が選択した分野のスタッフとして活動します。

PICK UP! 授業

舞台美術のデザインプロセスを習得

この授業では、小劇場公演の演目をモチーフに、一人ひとりが発想からデザイン画、図面、模型の制作までのプロセスを学びます。実際に公演でつかわれるデザインが、講評会で選ばれます。

デジタル化された技術を習得

近年では、照明や音響機材などのデジタル化が進んでいます。また、舞台図面も特殊な3Dソフトをつかって作成されています。この授業では、高度な技術や知識に対応する力を身につけます。

3
年生

大劇場で公演。選択した領域での能力を発展させる。

大劇場での演劇公演やミュージカル公演に向けたデザインワーク、スタッフワークを体験します。また、産学連携授業やインターンに参加することで、社会人として通用する高い技術と広い視野を獲得します。

PICK UP! 授業

演劇公演(大劇場)にスタッフとして参加

各分野に分かれて、大劇場の大きな舞台空間、大掛かりな舞台機構や高度な設備を使いこなすスキルを身につけます。プロの舞台スタッフと協働する機会でもあり、舞台人として働く心得も学びます。

ミュージカル公演(大劇場)にスタッフとして参加

歌ありダンスありのミュージカル公演では、デジタル化された設備を駆使することなど、高い技術力が求められます。これまで学んだことを総動員して、ミュージカルの世界観の創造に挑戦します。

4
年生

卒業制作。4年間の集大成を社会に向けて発信する。

卒業制作は、4年間の総まとめであると同時にプロの舞台人としての第一歩でもあります。身につけた技能や知識を総動員し、卒業制作公演を1年かけて運営、または舞台芸術をテーマに卒業論文を執筆します。

PICK UP! 授業

卒業制作(公演)

卒業制作公演では、演技・演出コースの学生とともに、演目や劇場の選択からスタッフィングまでの企画・制作、そしてデザインやスタッフワークなど、すべて学生だけの力で運営します。

卒業制作(個人研究)

個人で舞台美術や音響、照明などについて研究し、論文を執筆することで4年間の集大成とすることも可能です。これまで実践的に学ぶ中で生まれた問題意識や関心を深く掘り下げて研究します。

舞台芸術学科 コース一覧

Directing and Acting Course

独自のトレーニングと、本物の舞台に立つ公演活動で、人の心を動かす表現者へ。

学べる分野

  • 演技
  • 演出
  • ダンス
  • ミュージカル
  • 劇作
  • ボーカル
  • 殺陣
  • 日本舞踊
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

Stage Design Course

本物の劇場があなたのキャンバス。三次元の舞台空間を想像する。創造する。

学べる分野

  • 舞台美術
  • 照明
  • 音響
  • 舞台映像
  • 舞台衣装
  • 大道具
  • 小道具
  • 舞台管理(舞台監督)
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

受験生向け情報

KUAD 受験生向け情報

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら