舞台芸術学科

舞台デザインコース

Stage Design Course

本物の劇場をキャンバスに、
頭に描いた舞台空間をつくり出す。

舞台を制作するには、俳優や演出家のほかに、舞台美術、音響、照明、舞台監督などさまざまな分野を担当するメンバーが必要です。
個々の分野のプロフェッショナルが協働し、互いの発想と技術を組み合わせることによりひとつの作品が完成します。
本コースではそれぞれを分けることなく舞台デザイン全般をトータルで学び、自分の進みたい道を探ります。学内の劇場で行われる演劇、ミュージカル、ダンスなどの公演ではスタッフとして参加し、演技・演出コースとともに舞台をつくりあげ、専門技術を磨きます。
そのほかに、学内外の劇場で行われているプロの現場で、技術だけでなく舞台人としての心得も学びます。

学べる分野
  • 舞台美術
  • 照明
  • 音響
  • 舞台映像
  • 舞台衣装
  • 大道具
  • 小道具
  • 舞台監督
  • 劇場管理
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

舞台デザインコースTopics

劇団四季と連携した授業

劇団四季のスタッフを招いた授業や、ミュージカルの舞台裏を見学するだけでなく、照明や音響などすべてのセクションを間近で体験。またロングラン公演や新作公演の現場にインターンとして参加も。

学内外の劇場にスタッフとして参加

一般公演も行う学内の大劇場「春秋座」で行われるほぼすべての公演に、本コースの学生がスタッフとして参加。開演までの仕込みなどスタッフワークに関わり、プロと一緒に働きます。

世界に通用する舞台デザイン

世界的に活躍する舞台デザイナーを招聘し、デザインやアートワークの授業を行います。さらに国際舞台芸術祭に参加するなど、海外で舞台デザインを学ぶ学生との交流の場も設けています。

カリキュラム

1
年生

すべてのプロセスを体験し、舞台創作の基礎を学ぶ。

劇場の安全な使い方を理解し、舞台空間をつくるプロセスを経て、舞台人としての土台を形成。また演技・演出コースとの合同授業を通し、舞台創作の基本である協働作業での心得を学びます。

PICK UP! 授業

舞台人としての基礎

まずは舞台人の基礎である「劇場で安全に作業すること」を学びます。学内にある劇場を教室に高所作業などの実習を行い、安全ライセンスを取得します。

舞台デザインの基礎

舞台美術や照明、音響を駆使して、戯曲の世界を舞台化する過程を体験。舞台デザイナーとしての戯曲の読み方や空間構想を経て、実際に劇場で機材を使いながら舞台空間をつくりあげます。

2
年生

小劇場での公演を通して、選んだ専門技術を磨く。

小劇場での公演に向け、舞台美術、音響、照明などの分野にわかれてデザインからスタッフワークまでを行います。専門分野のスタッフとして公演制作に携わり、より高度な技術を身につけます。

PICK UP! 授業

舞台美術のデザインプロセス

公演での演目をモチーフに、発想からデザイン、図面、模型の制作までを行い、舞台美術のデザインプロセスを理解します。実際に公演で使うデザインは演出家へのプレゼンテーションによって選ばれます。

デジタル化された技術の習得

照明や音響のほか、舞台図面を作成するための特殊な3Dソフトなど、さまざまなデジタル機材を使いこなすことを目指した授業を行います。高度な技術や知識を養います。

3
年生

大劇場で公演。
社会に通用する高度な技術を習得。

大劇場での演劇・ミュージカル公演に携わり、より難易度の高いデザインワーク、スタッフワークを体験。産学連携授業やインターンに参加し、社会に通用する高い技術と広い視野を獲得します。

PICK UP! 授業

演劇公演(大劇場)にスタッフとして参加

分野にわかれ、大劇場の大きな舞台空間、大掛かりな舞台機構や高度な設備を使いこなすスキルを身につけます。プロの舞台スタッフと協働し、間近で舞台人としての心得も学びます。

ミュージカル公演(大劇場)にスタッフとして参加

歌やダンスを含むミュージカル公演では、デジタル化された設備を駆使するなど高い技術力が必要。これまで学んだ知識や経験を総動員させ、ミュージカルの世界観の創造に挑みます。

4
年生

卒業制作公演をつくりあげ、舞台人としての第一歩を歩む。

2コース協働で1年かけ卒業制作公演をつくります。プロの舞台人として公演制作に携わり、身につけた技術や知識を発揮します。公演には一般の観客も多く動員され、社会に向け発信する機会です。

PICK UP! 授業

卒業制作(公演)

演技・演出コースの学生とともに、演目や劇場の選択、キャスティングまでの企画・制作、そして演出、演技などすべてを学生たちだけで行います。ジャンルは演劇やミュージカルなどさまざまです。

卒業研究(個人研究)

個人で舞台美術や音響についての研究論文を書き、4年間の集大成とすることもできます。これまで実践的に学んできた中で見出した問題意識や関心を掘り下げ、研究に取り組みます。

舞台芸術学科 コース一覧

Directing and Acting Course

独自のトレーニングと、本物の舞台に立つ経験が、人の心を動かす表現者を生む。

学べる分野

  • 演技
  • 演出
  • ダンス
  • ミュージカル
  • 劇作
  • ボーカル
  • 殺陣
  • 日本舞踊
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

Stage Design Course

本物の劇場をキャンバスに、頭に描いた舞台空間をつくり出す。

学べる分野

  • 舞台美術
  • 照明
  • 音響
  • 舞台映像
  • 舞台衣装
  • 大道具
  • 小道具
  • 舞台監督
  • 劇場管理
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら