開催中のイベント
講座・講演
社会を翻訳するデザイン 2018
2018年01月11日 〜 2018年01月25日
デザイン系5学科連携授業の制作展
展覧会
時吉あきな展「ナンバーワン」
2018年01月10日 〜 2018年01月26日
第16回グラフィック「1_WALL」グランプリを受賞した卒業生の個展
展覧会
ALL TALKING IS SHIT
2018年01月23日 〜 2018年02月05日
ニュージュエリーと雑貨の展覧会及び販売。
展覧会
おもかげものがたり-山本太郎作品と館蔵品と-
2017年11月18日 〜 2018年02月19日
ウルトラプロジェクトによる卒業生の山本太郎さんの新作が展示
展覧会
交わるいと 「あいだ」をひらく術として
2017年12月22日 〜 2018年03月04日
卒業生の宮田彩加さんが参加する展覧会
注目のイベント
展覧会
2017年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展
2018年02月10日 〜 2018年02月18日
キャンパス全体が集大成の発表の場となる9日間
展覧会
KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫
2018年02月23日 〜 2018年02月26日
片岡真実が卒業制作の制作段階で選抜・キュレーションしたテーマ展

都をどり in 春秋座

日程 2017年04月01日(土)〜 2017年04月23日(日)
時間 (1日3回公演(開演時間:1回目13:00/2回目14:45/3回目16:30)※但し4月10日(月)・17日(月)は休演)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

2017年、京都の春の風物詩「都をどり」を、京都芸術劇場 春秋座で開催します。

明治6年(1873年)、花見小路通西側にあった建仁寺塔頭清住院が歌舞練場として改造されて誕生した「祇園甲部歌舞練場」。京都の春の風物詩「都をどり」は第2回からこの歌舞練場を会場として開催されてきました。

大正2年(1913年)3月には現在の場所に新築移転。昭和25年から3年間、大修理のために四条南座で上演された以外、「都をどり」は100年以上の長きにわたり「祇園甲部歌舞練場」で上演されてきました。
その「祇園甲部歌舞練場」が、2016年秋の「温習会」をもって耐震工事を行うため一時休館。2017年は会場を京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス内の「京都芸術劇場 春秋座」に移し、舞台設備を最大限に活用する演出も取り入れた「都をどり in 春秋座」として開催する運びとなりました。

2017年、装いも新たに開催される「都をどり」にご期待ください。

チケットは、恒例のお茶席券がついた「茶券付特等観覧券」が4,600円(税込)。「壱等観覧券」は3,500円(税込)。

チケットの購入は都をどりオフィシャルサイトより。

http://www.miyako-odori.jp/

■費用 茶券付特等観覧券 4,600円(税込)/壱等観覧券 3,500円(税込)
■定員 各回約700名
■申込方法 都をどりオフィシャルサイト http://www.miyako-odori.jp/
■主催 主催:公益社団法人京都市観光協会/祇園甲部歌舞会 共催:京都造形芸術大学
■お問合せ 祇園甲部歌舞会 電話:075-541-3391(平日10:00~17:00)
■URL http://www.miyako-odori.jp/index.html
■関連教員 井上八千代教授(芸術学部)