開催中のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫
2018年02月23日 〜 2018年02月26日
片岡真実が卒業制作の制作段階で選抜・キュレーションしたテーマ展
展覧会
交わるいと 「あいだ」をひらく術として
2017年12月22日 〜 2018年03月04日
卒業生の宮田彩加さんが参加する展覧会
展覧会
イチハラヒロコ+箭内新一「プレイルーム。」
2018年01月23日 〜 2018年03月11日
卒業生で美術家のイチハラヒロコさんと箭内新一教授によるインスタレーション
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫
2018年02月23日 〜 2018年02月26日
片岡真実が卒業制作の制作段階で選抜・キュレーションしたテーマ展

触れる地球ミュージアム2017 2050年の地球展

日程 2017年09月15日(金)〜 2017年10月15日(日)
時間 11:00 〜 19:00(金曜日休館)
場所 京駅前・丸の内の行幸通り地下通路
場所詳細 東京都千代田区丸の内 2-4-1 先

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 首都圏

現在、東京駅前・丸の内の行幸通り地下通路では「触れる地球ミュージアム2017 2050年の地球展」と題した展示が展開されています。

京都造形芸術大学の竹村真一教授が代表を務めるこのミュージアム企画は、現在の子どもたちが大人になり、社会の中核となって子育てをする2050年に、地球や日本はどうなっていくのかという課題を、20世紀の大人の常識で縛らず、ポジティブなビジョンで見通そうというもの。

竹村教授が発案・開発プロデュースしたデジタル地球儀「触れる地球」5台による「2050年の地球」をテーマにした展示に加え、2030年までに各家庭・世界にも普及したい「宇宙船内のように尿までリサイクルする水浄化・超節水システム」、「2050年、人類は海に暮らす」海上都市・海底都市モデルなども展示されています。

また、行幸通り地下通路の柱には、2050年の地球がどのような世界になっているのか、今予想されているAの未来と、視点や方法を変えたBの未来を、対にして比較できる工夫がされています。

この「触れる地球ミュージアム2017 2050年の地球展」は10月15日(日)まで午前11時から午後7時まで開催されています(金曜日休館)。お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。


■費用 無料
■定員
■申込方法
■主催 NPO法人Earth Literacy Program / 〔共催〕NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
■お問合せ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfGS4JOI7uPfuMBuLrA-dOh8r28WwlCkVEhzxF4_rS3fmN4JQ/viewform?c=0&w=1
■URL http://earth-museum.jp/marunouchi/
■関連教員 竹村真一(創造学習センター教授)