開催中のイベント
映像・舞台
【studio21】『飛び乗り物の森の人』
2019年07月20日 〜 2019年07月21日
2019年度3年生 総合演習Ⅸ 山下残クラス 授業発表ダンス公演
展覧会
「田名網敬一の観光」展
2019年07月05日 〜 2019年07月21日
東京で田名網敬一教授の展覧会が開催されます!
展覧会
民俗資料の保存修復
2019年05月11日 〜 2019年07月28日
京都造形芸術大生が民俗資料の保存修復に取り組む様子を紹介するコーナー展
展覧会
展覧会「朝は来るのか」
2019年07月20日 〜 2019年08月04日
美術工芸学科16名とゲストアーティスト3名によるグループ展
展覧会
えんとつ町のプペル体験ツアー
2019年07月13日 〜 2019年09月01日
西野亮廣さん原作の絵本の世界を京都造形芸術大生が再現

京都造形芸術大学 芸術館 コレクション展Ⅱ

−コレクション・セレクト−

日程 2019年05月18日(土)〜 2019年07月13日(土)
時間 10:00 〜 17:00(日曜休館)
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

このたび、2019年度コレクション展Ⅱを開催いたします。
京都造形芸術大学芸術館は1997年に天心館アネックスに開館、2011年より現在のギャルリ・オーブ2階に場所を移し、大学付属ミュージアム(博物館相当施設)としてコレクション展や企画展などの活動を行っています。
主な収蔵作品・資料は、各々寄贈による「シルクロード資料」(江上波夫コレクション)、「縄文土器群」(宗左近コレクション)、「浮世絵版画」「郷土人形」(いずれも大江直吉コレクション)であり、年3回のコレクション展や特別展等で順次紹介を行っています。今期はこれら4つのコレクション群から選んだ約40点を展示いたします。どうぞご高覧ください。

なお本展の展示構成(下記)、作品レイアウトは、京都造形芸術大学の学生が学芸員課程の一環(博物館実習IA)として手がけました。

・シルクロード資料
イラン産の土器、清時代の皿、日本の伊万里大皿と時空をまたぐ資料を出品
・縄文土器
土器の模様に注目し、各時代の特徴的な資料7点を出品
・郷土人形
「かわいらしい動物」をテーマに比較的小さな動物の人形と張子の虎を出品
・浮世絵
豊原国周作の、同じ版木で異なる摺りの錦絵(多色木版画)を5組出品

■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学芸術館
■お問合せ 075-791-9243
■URL http://geijutsu-kan.com/