開催中のイベント
その他
国際アニメーションデー2019 IN 京都
2019年10月18日
情報デザイン学科が10年以上参加する上映イベントを今年も本学で開催!
映像・舞台
ウィリアム・ケントリッジ 『冬の旅』
2019年10月18日
KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭2019公式プログラム
展覧会
大鬼の住む島
2019年09月21日 〜 2019年10月20日
京都造形芸術大学教員2名・卒業生4名によるグループ展
展覧会
日本の美 美術×デザイン-琳派、浮世絵版画から現代へ-
2019年08月10日 〜 2019年10月20日
「ニッポン画」を提唱する美術工芸学科の山本太郎准教授が出品
展覧会
幾原邦彦展
2019年10月16日 〜 2019年10月21日
京都芸術短期大学出身のアニメ監督・幾原邦彦さんの作品を振り返る特別展

京都造形芸術大学 芸術館 コレクション展Ⅱ

−コレクション・セレクト−

日程 2019年05月18日(土)〜 2019年07月13日(土)
時間 10:00 〜 17:00(日曜休館)
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

このたび、2019年度コレクション展Ⅱを開催いたします。
京都造形芸術大学芸術館は1997年に天心館アネックスに開館、2011年より現在のギャルリ・オーブ2階に場所を移し、大学付属ミュージアム(博物館相当施設)としてコレクション展や企画展などの活動を行っています。
主な収蔵作品・資料は、各々寄贈による「シルクロード資料」(江上波夫コレクション)、「縄文土器群」(宗左近コレクション)、「浮世絵版画」「郷土人形」(いずれも大江直吉コレクション)であり、年3回のコレクション展や特別展等で順次紹介を行っています。今期はこれら4つのコレクション群から選んだ約40点を展示いたします。どうぞご高覧ください。

なお本展の展示構成(下記)、作品レイアウトは、京都造形芸術大学の学生が学芸員課程の一環(博物館実習IA)として手がけました。

・シルクロード資料
イラン産の土器、清時代の皿、日本の伊万里大皿と時空をまたぐ資料を出品
・縄文土器
土器の模様に注目し、各時代の特徴的な資料7点を出品
・郷土人形
「かわいらしい動物」をテーマに比較的小さな動物の人形と張子の虎を出品
・浮世絵
豊原国周作の、同じ版木で異なる摺りの錦絵(多色木版画)を5組出品

■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学芸術館
■お問合せ 075-791-9243
■URL http://geijutsu-kan.com/