開催中のイベント
その他
国際アニメーションデー2019 IN 京都
2019年10月18日
情報デザイン学科が10年以上参加する上映イベントを今年も本学で開催!
映像・舞台
ウィリアム・ケントリッジ 『冬の旅』
2019年10月18日
KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭2019公式プログラム
展覧会
大鬼の住む島
2019年09月21日 〜 2019年10月20日
京都造形芸術大学教員2名・卒業生4名によるグループ展
展覧会
日本の美 美術×デザイン-琳派、浮世絵版画から現代へ-
2019年08月10日 〜 2019年10月20日
「ニッポン画」を提唱する美術工芸学科の山本太郎准教授が出品
展覧会
幾原邦彦展
2019年10月16日 〜 2019年10月21日
京都芸術短期大学出身のアニメ監督・幾原邦彦さんの作品を振り返る特別展

箱入り娘_Les Modesties

日本とフランスで活躍する女性美術家2人による展覧会

日程 2019年05月15日(水)〜 2019年06月22日(土)
時間 10:00 〜 20:00(土曜は10:00~17:30 日曜、月曜休館)
場所 ワコールスタディホール京都
場所詳細 京都市南区西九条北ノ内町6ワコール新京都ビル1、2階
カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

美術工芸学科のミヤケマイ教授と、パリを拠点にファッション、テキスタイル、コスチュームデザインの分野で活動するオロール・ティブー(Aurore Thibout)の作品を紹介します。

ーーー以下、ホームページより引用ーーー

日本の伝統的な美術や工芸の要素をベースに過去と現在、未来までをつなぎながら物事の本質を問う作品を制作。骨董、工芸、現代アート、デザインなど既存のジャンルを超えて活動している美術家・ミヤケマイ。
パリを拠点とし、ファッションをテーマに、衣装、彫刻などさまざまなメディアを通して、世界各地の展覧会やプロジェクトに参加し アートとファッションの両面において自身の作品を確立してきた現代美術作家オロール・ティブー。
二人とも女性的で繊細な作品を作る作家であり、京都の職人さんと仕事をしている点も似ています。
伝統と、女性らしさ、ノスタルジーと現代性が繋がる、そんな二人の、箱から出たり入ったりするコラボレーション展示をぜひお愉しみください。

■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 ワコールスタディホール京都
■お問合せ ワコールスタディホール京都 075-556-0236
■URL https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article92271
■関連教員 ミヤケマイ(美術工芸学科 教授)