開催中のイベント
展覧会
吉田勝信展
2019年11月17日 〜 2019年11月26日
山形を拠点に活動するデザイナー・吉田勝信さんの滞在制作・展覧会を開催!
展覧会
「『交響のソロ』11人の作家に見るみやぎ美術のいま」
2019年10月09日 〜 2019年12月01日
大学院日本画専攻修了の川村香月さんらによる特別展
その他
2020年度 共同研究公募事業の募集開始のお知らせ
2019年07月18日 〜 2019年12月10日
新たな舞台芸術のヴィジョンを構想する先進的な研究プロジェクトを募集!
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。
展覧会
COLLECTIONS ! COLLECTIONS !
2019年02月23日 〜 2020年04月26日
美術工芸学科仁尾敬二教授が出品するタペストリーとテキスタイルアートの展示

akakilike

『眠るのがもったいないくらいに楽しいことをたくさん持って、夏の海がキラキラ輝くように、緑の庭に光あふれるように、永遠に続く気が狂いそうな晴天のように』

日程 2019年08月17日(土)〜 2019年09月03日(火)
場所 京都芸術センター 講堂
場所詳細 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546‐2
カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

akakilike
『眠るのがもったいないくらいに楽しいことをたくさん持って、夏の海がキラキラ輝くように、緑の庭に光あふれるように、永遠に続く気が狂いそうな晴天のように』


akakilike2年ぶりの新作は、出演者に京都ダルクのメンバーを迎え、京都・東京の2都市で上演!

薬物依存症リハビリ施設「京都ダルク」で日々を過ごす13人の出演者たち。
2018年3月に彼らと出会った倉田は、これまでその生活の一部を共にしてきました。
そこで知ることができたのは、彼らが生きてきたこと、そして今生きていること。
京都ダルクは、違法薬物(覚醒剤・大麻など)に限らず、向精神薬(精神安定剤・睡眠薬など)、市販薬(風邪薬・鎮痛剤など)、
アルコール等の薬物から解放されるための薬物依存症回復支援施設です。
薬物を止め続けたい仲間を手助けすることを目的に、「プログラムに従って徹底的にやれば必ず回復できる」という希望のメッセージを伝える活動を行っています。


《京都公演》
日程
 2019年 8月17日(土)17:00-☆トークあり
     8月18日(日)11:30-/15:00-
チケット料金[日時指定・全席自由]
 前売 一般        2,500円
    ユース(25歳以下) 2,000円
    高校生以下     1,000円
会場
 京都芸術センター 講堂
 〒604-8156
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546‐2


《東京公演》
日程
 2019年 9月3日(火)14:00-/19:00-

チケット料金[日時指定・全席自由]
 前売 一般        3,000円
    ユース(25歳以下) 2,000円
    高校生以下     1,000円
会場
 d-倉庫
 〒116-0014
 荒川区東日暮里6‐19‐7‐2F

※京都・東京会場とも日時指定・全席自由/当日は500円増/受付開始は開演の30分前
小学生以下無料(席が必要な方は要事前予約・akakilikeメールまで)
*ユースチケット及び高校生以下チケットをご購入の方は、証明書の提示が必要です。
*車いすでご来場のお客様は事前にakakilikeまでご連絡ください。

【チケット取扱】
▶WEB予約フォーム https://akakilike.jimdo.com/tickets/[24時間受付・当日精算]
*京都・東京公演共通
*ご予約の受付は各回当日の午前0時までといたします。

▶京都芸術センター 窓口 TEL:075-213-1000[10:00〜20:00 ※7/14(日)〜 7/16(火)は10:00〜17:00]
*8月14日(水)・15日(木)は臨時休館

☆ポストパフォーマンストーク(8/17)
ゲスト:村川拓也(演出家・映像作家)
1982年生まれ。京都市在住。
ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を、映像・演劇・美術など様々な分野で発表し、国内外の芸術祭、劇場より招聘を受ける。
1人のキャストとその日の観客1人を舞台上に招き、介護する/されることを舞台上に再現する『ツァイトゲーバー』 (2011年)は国内外で再演され、
2014年にはHAU Hebbel am Ufer(ベルリン)の「Japan Syndrome Art and Politics after Fukushima」にて上演された。
村川から事前に送られてきた手紙(指示書)に沿って舞台上の出演者が動く『エヴェレットゴーストラインズ』 (2013年)などの作品群は、
虚構と現実の境界の狭間で表現の方法論を問い直し、現実世界での生のリアリティとは何かを模索する。
近作、『インディペン デントリビング』(2017年)は京都国際舞台芸術祭で初演、翌年ドイツ・テアターフォルメンフェスティバルで再演された。
セゾン文化財団ジュニア・フェロー、平成28年度東アジア文化交流史(文化庁)。京都造形芸術大学舞台芸術学科 非常勤講師。

【お問合せ】
MAIL:akakilike.c.u@gmail.com
WEB:https://akakilike.jimdo.com

【主催】
akakilike、京都芸術センター


※HPより一部抜粋

■費用
■定員
■申込方法 https://akakilike.jimdo.com/tickets/
■主催 akakilike、京都芸術センター
■お問合せ akakilike.c.u@gmail.com
■URL https://akakilike.jimdo.com
■関連在学生 黒木優花(4年生)
■関連卒業生 倉田翠、平澤直幸、岡南杏奈(2009年度卒業)