アート
プロデュース学科

Department of Art Studies and Cultural Production

アートと人をつなぐ。
アートの力で社会を動かす。

学科の考え

対話型鑑賞プログラム

学科独自の対話を基本とした鑑賞プログラム(ACOP)では、まず、一人ひとりが「みる人」、優れた鑑賞者になることから始まります。グループで作品を鑑賞・対話を行い、「みる・考える・話す・聴く」能力を高めます。アートとも、人ともコミュニケーションができる達人になります。

社会とつながる場

ギャラリーなどで、学生たちが展覧会を企画したり、イベントをしたり、様々な活動を実践することで、社会と直接つながる機会となっています。また、3年次にはインターンシップとして、企業や美術館、ギャラリー、劇場・公共ホールNPOなどで職業経験を積むことができます。

取得可能な免許・資格
  • 中学・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 博物館学芸員資格(※全学科コースで取得可能)
卒業生の進路
  • 美術・博物館学芸員
  • 文化財団職員
  • 自治体職員
  • アートNPO職員
  • 中学・高校教員(美術)
  • 大学院進学
  • アーティスト
  • デザイナー
  • ほか
教員一覧
  • 山下 里加教授 文化による地域創造、文化政策、編集・ライティング
  • 伊達 隆洋准教授 人間科学、臨床心理学
  • 阿部 将伸専任講師 哲学、倫理学、思想史
  • 林田 新専任講師 写真史/写真論、視覚文化研究
  • 大野 左紀子客員教授
  • 島 敦彦客員教授
  • 山城 大督客員教授

アートプロデュース学科 コース一覧

Art Studies and Cultural Production Course

人・モノ・コトが出会う場所をつくりだし、社会に働きかける、それがアートプロデュースの力。

学べる分野

  • アートプロデュース
  • 鑑賞教育
  • コミュニティデザイン
  • 美術史・美学・美術批評
  • 博物館学
  • アートプロジェクト論

受験生向け情報

KUAD 受験生向け情報

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら