アートプロデュース学科

Department of Art Studies and Cultural Production

アートと人との出会いづくりで、
自分自身を成長させる。

アーティストと作品だけでは、「アート」は成り立ちません。
アートには、「みる人」が不可欠なのです。アートプロデュースの仕事は、作品と「みる人」をつなげること。そして、アーティストを世界に羽ばたかせること。アートを世界に広めること。
作品を作る人は、この大学にも日本中にもたくさんいるけれど、作品の魅力をキャッチしてたくさんの人や社会に伝える人は、まだ少ないのです。
本学科では、自らの目で作品をみる力を育て、作品の魅力を社会に伝える場所の運営やプロジェクトに、授業として取り組んでいます。

学科の考え

対話型鑑賞プログラム

学科独自の対話を基本とした鑑賞プログラム(ACOP)では、まず、一人ひとりが「みる人」、優れた鑑賞者になることから始まります。グループで作品を鑑賞・対話を行い、「みる・考える・話す・聴く」能力を高めます。アートとも、人ともコミュニケーションができる達人になります。

社会とつながる場

京都市街地の中心部にあるギャラリーなどで、学生たちが展覧会を企画したり、イベントをしたり、様々な活動を実践することで、社会と直接つながる機会となっています。また、3年次にはインターンシップとして、企業や美術館、ギャラリー、劇場・公共ホールNPOなどで職業経験を積むことができます。

取得可能な免許・資格
  • 中学・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 博物館学芸員資格(※全学科コースで取得可能)
卒業生の進路
  • 美術・博物館学芸員
  • 文化財団職員
  • 自治体職員
  • アートNPO職員
  • 中学・高校教員(美術)
  • 大学院進学
  • アーティスト
  • デザイナー
  • ほか

アートプロデュース学科 コース一覧

Art Studies and Cultural Production Course

アートの現場をつくる。
アートで社会をつくる。

学べる分野

  • アートプロデュース
  • 鑑賞教育
  • コミュニティデザイン
  • 美術史・美学・美術批評
  • 博物館学
  • アートプロジェクト論

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら