アートプロデュース学科

アートプロデュースコース

Art Studies and Cultural Production Course

アートと人をつなぎ、新たな「コト」を生み出す
アートプロデュースを学ぶ。

本コースでは展覧会や企画といった、人・モノ・コトが出会う「しかけ」をつくるアートプロデュースを学びます。
すぐれた作品も、だれの目にも触れなければ存在しないも同然。モノと人が出会う場や、出会い方をつくり、新たな意味や価値=アートを生み出すために、プロデュースが必要です。芸術の魅力を最大化する展覧会やイベントの企画・運営、アートを人々の学びや社会に活かす教育・普及、アートが社会にもたらす意義の調査・評価など、アートの現場や実社会でプロデュースのスキルが求められています。出会いをつくり出し、人・モノ・コトをつないで未来の社会を変えられる人を育てます。

学べる分野
  • アートプロデュース
  • 鑑賞教育
  • コミュニティデザイン
  • 美術史・美学・美術批評
  • 博物館学
  • アートプロジェクト論
  • 文化政策
  • キュレーション論
  • 教育普及

キャリアの一例

美術館・博物館(学芸員・教育普及・事務)
  • 金沢21世紀美術館
  • 猪熊弦一郎現代美術館
  • ヴァンジ彫刻庭園美術館
  • YCAM
  • 京都芸術センター
  • 福武財団
地域支援
  • おおさか創造千島財団
  • 江之子島文化芸術創造センター
  • 長野県文化振興事業団
  • アーツセンターあきた
  • 地域おこし協力隊
教員
  • 高等学校教諭(美術)
  • 中学校教諭(美術)
一般企業
  • TASCO
  • 野村不動産ホテルズ
  • 京都信用金庫
  • 日本アート印刷
  • やまなみ工房
  • 日展
進学
  • 東京藝術大学
  • 京都大学
  • 九州大学
  • 神戸大学
  • 大阪大学
  • 大阪市立大学
  • 関西大学
  • ほか

アートプロデュースコースTopics

展覧会の企画・運営

企業や地域からの依頼を受け、展覧会の企画を実施。これまでに開催した「EXSCO – 拡張するスコア」展(豊中市立文化芸術センター)では企画・運営に携わるのみならず、学生もパフォーマンスや展示に参加しました。

教育普及プログラムを実施

学内の劇場・春秋座で行われた演劇「演じる高校生」では、鑑賞者と出演者が意見を交換し合う機会をつくりました。本コースの学生が進行をつとめ、アートで人々をつなぎ、普及するプログラムとなりました。

カリキュラム

1
年生

歴史や思想、社会背景をもとに「アートプロデュースとは何か」を知る。
作品をみる目と思考力を備えたすぐれた鑑賞者になる。

PICK UP! 授業

企画の立て方を学ぶ

歴史や思想、社会背景から「アートプロデュースとは何か」を理解します。また、実際の展覧会づくりを通して、企画やプロジェクトを運営するマネジメントの基礎スキルを身につけます。

ACOP(対話型鑑賞)

グループで作品を読み解く対話型鑑賞で、作品をみる目や、論理的思考、コミュニケーション能力を身につけます。アートプロデュースにおいて重要なものごとをみて考える力を鍛えます。

2
年生

現場を知り、問題を見つける。
アートの役割を理解し、社会で必要とされるアートプロデュースを探る。

PICK UP! 授業

社会と連携したプロジェクト

企画・普及・評価の3領域で社会とつながりながら実践的に学びます。地域や団体と連携した展覧会や、企業や教育現場に向けた普及活動、こうした活動の効果の調査・分析など多様です。

アートの現場から学ぶ

社会の中でアートプロデュースがどのような役割を担っているのか、現場の実践者から学びます。アートを通して現代の問題を学び、どのようなプロジェクトが行われているのかを知ります。

3
年生

研究や企画など個人の関心領域を深める。
インターンシップなど現場で実践し、進路の方向性を探る。

PICK UP! 授業

展覧会を企画・運営する

全員で協働し、展覧会の企画・運営を行います。また企業だけでなく芸術祭やアートプロジェクトの現場にインターンシップとして参加するなど、現場の実践でプロデュースの力を試します。

進路に向けた調査・研究

卒業論文・制作に向け、個人の進路や関心に応じた調査や研究を始めます。アート、コミュニケーション、コミュニティの分野で、内容も美術の研究から企画に向けたリサーチまでさまざまです。

4
年生

自身のテーマを追求する1年間。
学内外での活動や発表を通し、社会でアートと人をつなぐ人を目指す。

PICK UP! 授業

卒業論文・制作

アートを中心としたさまざまな領域からテーマを選び、1年かけて論文にまとめます。またキュレーターやディレクターとして展覧会などの企画にまとめ、実施する卒業制作も選べます。

2020年度卒業論文テーマ

  • ・劇場の公共性と私たちの公共性 ─分断された私たちの足掻き─
  • ・演出家藤田貴大のまなざし ─他者の記憶を描く作家と他者の記憶を体感する観客─
  • ・〈異文化〉を摺り合わせる ─展覧会「イメージの力」にみるポストコロニアリズム─
  • ・怖くて素敵な〈魔女〉 ─1925年代における〈魔女〉イメージの転換─
  • ・無縁仏と縁を紡ぐ ─小さな記録と微かな記憶を辿る私的なドキュメント─
  • ・水面から差す「青緑色の微光」 ─19世紀パリにおける空間装置としての水族館─
  • ・「住み続けられるニュータウン」を目指す地域づくり ─「地元」としてのニュータウンのあり方─
  • ・アンビバレントな眼差し ─アピチャッポン・ウィーラセタクン『Ashes』論─
  • ・生き方を「買う」 ─ホストクラブにおける消費行動の意味─
  • ・閃光と煩悶 ─成人式にみる、過渡期を足掻く若者たちの通過儀礼─
  • ・武器を授けるキャリア教育 ─〈適応〉と〈抵抗〉の両輪で進める─
  • ・変容しづらい日本社会 ─Kelmanの理論の限界を超えて─

アートプロデュース学科 コース一覧

Art Studies and Cultural Production Course

アートと人をつなぎ、新たな「コト」を生み出すアートプロデュースを学ぶ。

学べる分野

  • アートプロデュース
  • 鑑賞教育
  • コミュニティデザイン
  • 美術史・美学・美術批評
  • 博物館学
  • アートプロジェクト論
  • 文化政策
  • キュレーション論
  • 教育普及

アートプロデュースコース 
在学生へのインタビュー

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら