こども芸術学科

こども芸術コース

Art and Child Studies Course

こどものための教育やデザインをつくる。
未来を育むこどものために芸術を実践する。

「こども」「芸術」「教育・福祉」をキーワードに、こどもの学びをデザインする幼児教育の新しい方向を探っていきます。
本コースの学びは、保育士や幼稚園教諭として直接こどもに関わる専門職はもちろんのこと、おもちゃや絵本、遊びのデザインや、こどもを取り巻く環境のデザインなど、多くの場面で活かされます。また保育士資格や幼稚園教諭一種免許状の取得が可能。
芸術表現を自ら学ぶことで、表現を通したコミュニケーション能力や、こどもの成長をサポートする芸術の力を身につけられるのは、本コース独自の試みです。また学内の認可保育園と連携し、こどもと直に関わりながら制作や実践を行います。

学べる分野
  • 幼児教育
  • 保育
  • 子ども家庭福祉
  • 子どもの発達
  • 子育て支援
  • 食育
  • 心理学
  • ソーシャルワーク
  • あそびのデザイン
  • 保育環境デザイン
  • ワークショップデザイン
  • 海外保育
  • ほか

こども芸術コースTopics

理論と実践を行き来する

学内の認可保育園と連携した授業を行い、継続的にこどもと関わりながら保育者にとって必要な力を養います。通常の実習に加え、免許や資格取得に向けた本コース独自のインターンシップに全員が参加します。

海外の保育園に研修

オーストラリア・ブリスベンにある保育園での短期研修も実施。「アートを通してこどもを育むノウハウ」を実際に試し、環境や文化の違いを肌で感じながら、新たな学びを得る貴重な機会です。

芸術と福祉をつなぐプロジェクト

滋賀県の社会福祉施設「やまなみ工房」の利用者が手がけたアート作品を広めるプロジェクトを実施。こどもと向き合う中で培った作者や作品の理解力、他者に伝えるコミュニケーション能力を発揮しました。

カリキュラム

1
年生

五感をフルに使い、こどもに関わる基礎を学ぶ。

教養や保育・幼児教育の基礎的な専門知識を身につけます。身近にあるさまざまな素材に触れて遊んだり、感覚をひらいたりすることで、こどもの感性に働きかける素材遊びの基礎を学びます。

PICK UP! 授業

保育・幼児教育の基礎

こどもの学びや遊びをデザインするために必要な基礎力を身につけます。心理、発達、保育内容、幼児理解、制度といった専門的理解を深めることが自身の制作や実践の場で必要な土台になります。

素材遊びのプロフェッショナルになる

五感を使う素材遊びの中で、モノが持つ素質や機能などへの理解を深めます。多彩な素材を扱う経験が、こどもに向けた製品デザインや、表現方法への展開力につながります。

2
年生

理論と実践を通して、こどもについて理解する。

幼児の表現を支える上で必要な技能を身につけるため、こどもに関わるプロジェクトを企画・実施。また資格取得課程で必要な実習に向け、その入口となる本コース独自のインターンシップも行います。

PICK UP! 授業

豊かな心を育むプログラムを構想

実際の保育所でこどもと関わりながら、こどもの心が豊かに育つ環境について追求します。1年次に学んだ素材遊びの感性を生かしたプログラムを構想し、制作と実践を繰り返します。

「こどもの心」に届くプレゼンテーション法

こどもの目線(想像力)をイメージし、こどもの心に届けるプレゼンテーション方法を探ります。こどもたちの素直な反応は、自身のものづくりへのフィードバックになります。

3
年生

現場での実践を繰り返し、自分らしい専門性を考える。

幼稚園、保育所、施設実習で経験を積み、卒業後の進路を見据え専門性を深める1年。ワークショップや作品を通してこどもと関わることで知識と経験をつなげ、自分らしい展開を考えます。

PICK UP! 授業

保育園・幼稚園での実習

保育士資格、幼稚園教諭免許の取得を目指して、幼稚園や保育所、児童館、福祉施設などで実習を行います。実際の現場での体験的な学びが、より質の高い保育の実践力を育みます。

多様な専門性をかたちにする

本コースで学ぶことによって、表現方法や進路は多様に広がります。実践や制作の中で保育・幼児教育実践に関する課題を一人ひとりが発見し、かたちにしながら解決する能力を養います。

4
年生

社会に目線を向け、制作。卒業後は保育のプロへ。

卒業制作・研究を通して、「こども」「芸術」「教育・福祉」について考えます。進路はこどもと関わる仕事、育つ環境をデザインする仕事、広く社会を支える仕事などさまざまです。

PICK UP! 授業

卒業制作・研究

各自が設定したテーマに沿って、制作や研究に取り組みます。表現方法は多様で、中には研究論文を書く学生も。展示が魅力的なものになるように、企画、広報、会場構成にも取り組みます。

こども芸術学科 コース一覧

Art and Child Studies Course

こどものための教育やデザインをつくる。
未来を育むこどものために芸術を実践する。

学べる分野

  • 幼児教育
  • 保育
  • 子ども家庭福祉
  • 子どもの発達
  • 子育て支援
  • 食育
  • 心理学
  • ソーシャルワーク
  • あそびのデザイン
  • 保育環境デザイン
  • ワークショップデザイン
  • 海外保育
  • ほか

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら