映画学科

映画製作コース

Film Production Course

一人ひとりの能力を伸ばし、映画作りを通じて、
世界に発信できる人になる。

映画における「製作」「演出」「技術」それぞれの手法や考え方を基本から学ぶコースです。スタジオ、カメラ、照明、音響機材など充実した設備環境で、1 年生から映画をつくります。ただつくるのみならず、時代に即した発信方法も考え、映画を社会に見せていくことも学ぶほか、ストーリーを構想する上で重要なリサーチ手法を学ぶため、さまざまな業種のプロを招いての講義も行っています。
なにより、映画は個人の力が集まってできあがるもの。俳優コースとともにチームで作品の完成を目指し、社会で役立つコミュニケーション能力も養います。脚本や批評・研究の立場で映画を極めることも可能です。

学べる分野
  • プロデュース
  • 監督
  • 撮影
  • 照明
  • 録音
  • 映画美術
  • 編集
  • 脚本
  • 配給・宣伝
  • 映画批評・研究

キャリアの一例

映像制作会社(映画・TV・CM)
  • 東映京都撮影所
  • 角川大映スタジオ
  • ロボット
  • スタジオディーン
  • 太陽企画
  • ギークピクチュアズ
  • C3film
  • パラダイス・カフェ
  • 東北新社
映像技術
  • TFC Plus
  • アーク・システム
  • TREE Digital Studio CRANK
  • 東京舞台照明
  • 三和プロライト
映像美術・装飾
  • NHKアート
  • つむら工芸
  • 京映アーツ
ポストプロダクション
  • イマジカデジタルスケープ
  • シネマサウンドワークス
  • ピラミッドフィルム
広告代理店
  • 博報堂プロダクツ
  • AOI TYOホールディングス
  • PICT
  • ほか

映画製作コースTopics

プロの映画監督やスタッフを輩出

村瀬大智さん、植木咲楽さん、工藤梨穂さん、阪元裕吾さんなど映画監督を多数輩出するほか、映画・映像製作関連のスタッフとして撮影・録音・美術・編集・演出・制作部へと多くの卒業生がプロの現場で活躍しています。

世界に通用する映画表現

本学科は2つのコースが交差する映画撮影所のような場所です。学生ゼミ作品・卒業制作作品をはじめ、プロとのプロジェクト作品など多くの作品が国際・国内映画祭での評価を受け、映画館で上映され続けています。

卒業生作品の上映・受賞・映画祭出品実績

阪元裕吾:『ある用務員』2021年1月公開
村瀬大智:『ROLL』なら国際映画祭2020・NARA-wave観客賞受賞│第21回TAMA NEW WAVEコンペティションノミネート│第23回サンフランシスコ・インディペンデント映画祭ノミネート
矢部凜:『もとめたせい』ぴあフィルムフェスティバルPFF アワード2020入選
瀬浪歌央:『雨の箱舟』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020・国内長編コンペティション部門ノミネート
梅村和史:『静謐と夕暮』第44回サンパウロ国際映画祭・新人監督コンペティションノミネート
柘植勇人:『ロストベイベーロスト』第20 回TAMA NEW WAVEで上映、全国の映画館で上映
荻島健斗:『青のハスより』新宿K’s cinemaで公開
工藤梨穂:『オーファンズ・ブルース』ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2018でグランプリ受賞

カリキュラム

1
年生

映画製作=集団制作。
俳優コースとの合同授業で基礎技術の習得と、映画制作を実践。みんなでつくることを学ぶ。

PICK UP! 授業

企画と製作の基礎

映画が生み出されるきっかけである「企画」と、集団制作の中心となる「製作=プロデュース」の概念を初歩から学びます。グループで企画を出し合い、映画製作における集団性の重要さを実感します。

短編映画の制作

企画から撮影、編集まですべての行程を1年かけて体験する「はじめての映画づくり」。つくりたいものは何かを熟考し、身近な社会問題をテーマにすることも。制作に必要な技術も習得します。

2
年生

脚本、批評研究など映画を複合的に学ぶ授業が開始。
高度な技術を獲得し、「つくる」と「見せる」を考える。

PICK UP! 授業

専門領域を深める

スタジオでのセットの建て込みや小道具の製作、録音や撮影・照明技術・VFX合成を学ぶなど、映画制作に必要な専門技術を身につけます。その後の映画制作に必要な技術となります。

中編映画の制作

さらに高度な技術を習得することを軸に、1年次より長い時間の映画に取り組みます。オリジナルの脚本を執筆したり、批評研究で思考を深めたりと、個人の取り組みで映画を模索することも。

3
年生

卒業制作に向けた企画がスタート。
より専門性を極める1年。
今の時代を踏まえた映画の発信方法を模索する。

PICK UP! 授業

さまざまな表現技術を極める

5.1chサラウンド対応のMAルームや、現在の映画館の上映フォーマット、DCPなど学内の設備を使い、各領域の制作技術を極めます。フィルムカメラでの撮影では新たな映画制作の側面を発見します。

発信・プロデュースを実践する

映画祭への出品やネット配信など、映画館以外にも発信の場が広がる現在。新しい時代の発信方法を考え、ポータルサイトとSNSから映画の発信を行うなど、作品を伝えるためのプロデュース力を養います。

4
年生

学んだことを結集させ、卒業制作に挑む。
4年間の集団制作を経て身についたチームワークが社会で活きる。

PICK UP! 授業

卒業制作・研究

俳優コースと合同で組んだチームに分かれ、集大成となる卒業制作を完成。集団での制作のみならず、脚本や批評研究論文の執筆など、個人での研究・制作で映画への探求を深めることも可能です。

映画学科 コース一覧

Film Production Course

一人ひとりの能力を伸ばし、映画作りを通じて、世界に発信できる人になる。

学べる分野

  • プロデュース
  • 監督
  • 撮影
  • 照明
  • 録音
  • 映画美術
  • 編集
  • 脚本
  • 配給・宣伝
  • 映画批評・研究

Film Acting Course

魅力的な演技者として、
世界へ発信できる人に。

学べる分野

  • 俳優

映画製作コース 
在学生へのインタビュー

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら