映画製作コース

Film Production Course

個人の発信力の結集が
映画という集団制作を前進させる。

本コースでは、スタジオにセットを建てて撮影出来る環境が完備されており、カメラ、照明、録音などの機材も入学時から使用可能です。
1年次から教員と密接に関わり、企画、脚本、演出、撮影、照明、録音、編集、美術など基本から学習していきます。
単に映画技術の習得だけではなく、映画という集団制作の中で長い時間をかけてひとつひとつの問題を解決することで、社会に出たとき役に立つコミュニケーション力を向上させます。
また個人での発信力が集団制作を支えるという考えのもとに、個人での制作の授業もあります。

学べる分野
  • 監督
  • 撮影
  • 照明
  • 録音
  • 映画美術
  • 編集
  • プロデュース
  • 脚本
  • 配給・宣伝
  • 映画批評・研究

NEWS&TOPICS

酒井麻衣監督作品が全国公開

卒業生の酒井麻衣監督(4期生)の『はらはらなのか。』が2017年全国公開されました。さらに、本学で在学生、卒業生たちと撮影した新作映画『ウィッチ・フウィッチ』が全国公開予定。

「北白川派」プロジェクト

プロのスタッフ、キャストと学生が協働して全国公開映画を制作するプロジェクト。第6弾は鈴木卓爾監督『嵐電』で、主演は井浦新さん、共演に俳優コース卒業生の大西礼芳さん。2019年初夏の公開予定。

多くの在学生、卒業生が入賞

「MOOSIC LAB 2017」で卒業生の吉川鮎太さん(7期生)、「破れタイツ」(吐山ゆんさん・西本マキさん、ともに2期生)、在学生の阪元裕吾さん・辻凪子さん(ともに8期生)の作品が受賞しました。

卒業制作(監督)、主な作品と出品・受賞実績
  • 酒井麻衣『いいにおいのする映画』「MOOSIC LAB 2015」で6冠受賞
  • 荻島健斗『ロケーション・ハンティング』たまふぃるむ ナイト (渋谷ユーロスペース)にてレイトショー上映
  • 伊藤祥『いろんなにおいのワカモノだ』「ゆうばり国際ファンタス ティック映画祭2016」スペシャル・メンション賞
  • 村上由季『お姉ちゃんは鯨』「東京学生映画祭」グランプリ・最優秀役者賞ほか
  • 柘植勇人『人間シャララ宣言』「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」「第17回TAMA NEW WAVE ある視点」上映ほか
  • 阪元裕吾『ハングマンズノット』「カナザワ映画祭2017」グランプリ
  • 尾崎健『やさしいフルスイング』PFF にて上映
  • 辻凪子・阪元裕吾『ぱん。』「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」コンペ入賞

カリキュラム

1
年生

「観る」「作る」を通じ専門領域の基本を学ぶ。

前期から全員で映画製作を実践し、後期にそれぞれの専門領域の基本を学びます。技術習得と並行して映画理論や映画史を学び、世界への視野を広げる「世界と映画」という意識を深めます。

PICK UP! 授業

映画製作を体験する

前期で俳優コースとともに全員で映画製作をします。知識も技術も未熟なままの制作の中から、自分のやりたい領域を探し出し、自分の不足を認識したうえで、後期の専門領域の学習へと向かいます。

「映画とは何か」を考える

前期の全員での映画製作と並行し、座学で「映画とは何か」を考察します。多くの映画を観て語り合うことで、映画への視野ばかりでなく、世界への視野を広げ、来るべき映画製作へ結びつけていきます。

2
年生

「作る」ことから発信まで一貫して実践する。

映画をつくるだけでなく、どう観せるかを考えます。そのため企画、プロデュース、配給・宣伝、批評研究も学びます。専門領域での技術習得もより高度になります。

PICK UP! 授業

短編映画を制作

1 年をかけてゼミで短編映画を制作します。完成に向かう中で自分たちでひとつひとつの問題を解決し、コミュニケーション力を向上させます。

映画の衣裳、メイクを学ぶ

映画美術に特化した技術を習得していきます。スタジオでのセットの建て込みや小道具の作成と映画美術領域である衣裳やヘアメイク、メイク等を学ぶ授業で、最終的に特殊メイクにも挑戦します。

3
年生

専門性を高め、集団制作、脚本、批評研究、個人制作に取り組む。

「ゼミでは中編映画製作の他に、脚本、批評研究などがおこなわれ、個人制作の授業もあります。専門領域ではプロをめざす授業内容となります。将来を見据えた実践的経験を積みます。

PICK UP! 授業

中編映画の制作

2年生ゼミでの経験を活かし、より長時間の映画をめざします。また執筆系の脚本ゼミ、批評研究ゼミなどでは個人が言語を用いて映画に関わります。

フィルムでの撮影

デジタル撮影の時代において、フィルム撮影を実践して撮影自体の基本を再考します。現像されたフィルムを編集し、上映します。

4
年生

映画を通じて世界に出ていく。

4年間の集大成として知識と技術を結集して卒業制作・研究をおこないます。映画の世界でも、映画以外の世界でも、即戦力として活躍できる力を養います。

PICK UP! 授業

卒業制作・研究

映画の本来の姿である集団制作での卒業制作を行う中で、4年間のキャリアデザインの集大成を作り上げます。集団制作以外の執筆系である脚本、批評研究においてもキャリアデザインに結びつけます。

映画学科 コース一覧

Film Production Course

個人の発信力の結集が
映画という集団制作を前進させる。

学べる分野

  • 監督
  • 撮影
  • 照明
  • 録音
  • 映画美術
  • 編集
  • プロデュース
  • 脚本
  • 配給・宣伝
  • 映画批評・研究

Film Acting Course

演技者にしか味わえない
感動がある。

学べる分野

  • 俳優

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら