美術工芸学科

油画コース

Oil Painting Course

多様なアートの表現を学びながら、
描くことを極めていく。

本コースでは描きながら試行錯誤を積み重ね、「手(実技)」と「目(視覚、感覚)」を鍛えます。油画表現のみを極めるのではなく、歴史や表現を広く捉え、立体物の制作や写真、コンセプチュアルアートの制作なども行います。このように体感しながら学んだ、アートの多様性を自分自身の絵画表現に還元し、追求していきます。企業と連携した展覧会や、卒業制作展で行うアートフェアなど、作品が社会に出ていくきっかけも用意しています。何を、どのようにして作品として表現していくのかを思考し、実現させる力を身につけることはもちろん、思考を言葉で他者に伝えられるコミュニケーション能力、自分をセルフマネジメントする力も高めます。

学べる分野
  • 油画
  • 版画
  • テンペラ・フレスコ
  • ドローイング
  • デジタル表現
  • 美術史・絵画史
  • 鑑賞と読み解き

キャリアの一例

美術系専門職
  • 京都アニメーション
  • コシノヒロコ
  • コロプラ
  • セガ
  • 任天堂
  • ターナー色彩
  • 日動画廊
一般企業等
  • 上新電機
  • イノブン
  • 聖護院八ツ橋総本店
  • 三田市役所
教職
  • 公立高校教員(大阪府・京都府・兵庫県ほか)
  • 私立高校教員
  • 本学教員
起業
  • ギャラリーサイハテ
  • アニマリアル
  • LEESAYA
  • 吉本アートファクトリー(3D造形師)
大学院進学・留学
  • 京都芸術大学
  •  
  • 京都市立芸術大学
  • 東京藝術大学
  • 愛知県立芸術大学
  • ロンドン芸術大学(チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ)
  • エストニア芸術アカデミー
  • ほか

油画コースTopics

充実のポートフォリオ制作

卒業後の進路に向け、自分の作品を他者により効果的に見せるためのポートフォリオを制作します。1年次からPCのデザインソフトの使い方を授業内で学び、出版物のデザインスキルを身につけ実践につなげます。

学外での評価・受賞

若手作家の登竜門である「国際瀧冨士美術賞」で在学生や卒業生が連続受賞。「シェル美術賞」では卒業生の今西真也さんがグランプリのほか在学生3名が受賞するなど、作品を社会に発信し高い評価を受けています。

カリキュラム

1
年生

絵画表現の歴史を「始まり」から学び、基礎を身につける1年。
モチーフをよく観察し、描くトレーニングをする。

PICK UP! 授業

油彩画の始まりを学ぶ

油彩画誕生の黎明期、ルネサンス前後に描かれてきたフレスコやテンペラなど、古典絵画技法について制作を通して学び、油彩画の歴史を理解します。特徴を知り、絵画表現の幅広さを実感します。

基礎技術の習得

風景画や人物画の制作を通して、対象をよく観察し、描くトレーニングを行いながら必要な基礎技術を習得。素材の知識や技法を身につけると同時に、美術史や作家についても学びます。

2
年生

「ただ描く」ことから離れ、多様な表現方法を模索。
歴史をなぞりながら現代的な素材や表現を知り、自身の絵をより豊かなものにする。

PICK UP! 授業

版表現からコンセプチュアルアートまで

版による転写表現やコンセプトの構築など、絵を構成する要素について学びます。あえて「描かない作品づくり」に取り組むことで自分自身の表現の幅を広げ、新たな可能性を模索します。

異なる素材の組み合わせ(メディア・支持体・マテリアル)

作品によっては油絵具のみならず、アクリルや樹脂など、異なる素材を組み合わせての制作を行います。さまざまな素材について実践しながら学び、より多様な絵画表現を獲得します。

3
年生

立体物を制作したり、写真を撮ったりさまざまなアプローチを試みる。
異なる表現から知覚を得ながら、作品の質を高めていく。

PICK UP! 授業

ドローイングで表現を応用する

これまで学んできた近代から現代までの表現方法をふまえ、展開の一つとしてドローイング表現を応用。体を使って線を引いてみることで、近現代の作品を読み解くきっかけにもなります。

油画クラスと版画クラス

専門領域別のゼミに分かれ、技法や表現力を磨きます。油画クラスでは作品の質を高めます。版画クラスでは木版やシルクスクリーン、エッチングなどさまざまな技法に挑戦します。

4
年生

卒業後の進路を見据え、自分の作品を社会に発信。
集大成となる作品制作のほか、ポートフォリオの作成なども。

PICK UP! 授業

卒業制作

卒業制作展は、描く力を発揮する場だけでなく、他者へ思いを伝えるプレゼンテーションの場でもあります。作品制作を通し、自分の言葉で作品について語るコミュニケーション能力もさらに磨きます。

美術工芸学科 コース一覧

Kyoto Art Course

伝統と文化のまち・京都で学ぶ、「日本のアート」の基礎。

学べる分野

  • いけばな
  • 茶の湯
  • 能楽
  • 漆芸
  • 陶芸
  • 水墨画

Japanese Painting Course

京都で本物の日本の美に触れる。広い角度で学び、自分の日本画を確立する。

学べる分野

  • 日本画
  • 墨表現
  • 古典絵画検証・模写
  • 表現のための技法・素材研究

Oil Painting Course

多様なアートの表現を学びながら、描くことを極めていく。

学べる分野

  • 油画
  • 版画
  • テンペラ・フレスコ
  • ドローイング
  • デジタル表現
  • 美術史・絵画史
  • 鑑賞と読み解き

Photography and Video Course

写真と映像、両方を「撮る」ことで世界と向き合い、他者に伝える力を育む。

学べる分野

  • 写真
  • 映像
  • 現代アート
  • 写真史・映像史

Textiles Course

染織の街・京都で「手しごと」を学ぶ。伝統から先端まで知る、テキスタイルのプロになる。

学べる分野

  • 染め
  • 織り
  • ファッションテキスタイル
  • インテリアテキスタイル
  • 伝統表現
  • ファイバーアート
  • 雑貨

Mixed Media Course

陶芸、彫刻、現代美術、3つの工房を活用しながら、最先端とアナログを行き来し、表現をつくる。

学べる分野

  • 彫刻
  • 陶芸
  • ウルトラゼミ
  • 3Dデジタルモデリング

油画コース 
在学生へのインタビュー

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら