日本画を京都で学べる。
それは最大の贅沢。

京都は日本の「美」の中心。ひとたび街を歩けば、まるで街中が美術館や博物館であるかのように優れた作品や歴史物語に出会えます。京都の寺社の襖絵など、国宝・文化財級の貴重な作品を通して絵画の本質を知ることは、日本画の基礎をつくる上でも大切な要素となります。本物がいつも身近にある環境で学ぶこと。それが本学の日本画コースにおける最大の贅沢です。デッサン力に不安がある人でも大丈夫です。筆の持ち方や一本の線の引き方、さらに日本画制作のための構図構成まで、基本から学び、どの分野でも通用する描写力を養います。

学べる分野
  • 日本画
  • 写生
  • 模写
  • 戯画・マンガ
  • 素材研究
  •   

NEWS&TOPICS

在学生の絵本が優秀賞受賞

在学生の豊原さんが制作した絵本が瓜生山大賞展で優秀賞を受賞。宮城県出身の彼女が震災で失った大切なものを、美術の力で「残し伝えたい」という思いを強く表現する作品となりました。

学生作品が多数選出

卒業生の丹羽くんが、佐藤国際文化育英財団、日本文化藝術財団の奨学生として選出されました。長谷川等伯や伊藤若冲に倣い、その表現を現代に活かした作風が評価され、ART AWARDTOKYO 2017の出展作家に選出されました。

伝統的技法・材料を世界に

欧米では、コレクションの条件に「100年後の作品状態の安定」が求められます。アメリカ、ロシア、中国などの美術館の要請を受け、卒業生の岩泉さんが日本画の伝統的技法・材料の普及に取り組んでいます。

カリキュラム

1
年生

絵を描くには
理由がある。

目の前にある自然物に対峙しながらも、形を追うだけの写生にとどまらず、生気・活力・気力の表出に心血を注ぎます。また主題の設定に重きを置き、自分の言葉で自作を伝えることをめざします。

PICK UP! 授業

一本の樹を描く

たっぷりの木炭粉を手につけて野外で樹一本を描きます。絵を描く原点を模索しながら、描く喜びを体感します。対象を注意深く観察することで、その本質を描く技術を習得します。

紫陽花の日本画制作

鉢植えの紫陽花を写生して、念紙、骨描き、胡粉、岩絵具の技法を学びながら日本画を描きます。形や構図を踏まえて、季節や情緒的な表現をも獲得していきます。

2
年生

自分の想いを
素材に託す。

支持体(紙、絵絹、板など)を生かした顔料の扱いを学び、素材と技法の理解を深め、自己の表現に繋げます。自分の想いを、多様な支持体を用いて表現する技術を学びます。

PICK UP! 授業

支持体の特性を知る

何に描くのかは、今後自己の表現を求める上で重要な選択となります。楮、綿布生成り、綿布石膏地、鳥の子、絹などの異なった支持体の特性を学びます。

美しい箔表現

箔を使った天井画の制作を通して、箔の扱い方、面ぷた、砂子散らし、箔の削り出し等を学びます。金銀箔等の輝きは作品に重厚さをもたらし、顔料と共に装飾的な美しさを表現出来ます。

3
年生

京都に学び、独自を表現する力をつける。

制作クラス、模写クラスにわかれて制作。日本画表現に最も適した京都の地域性を活かして先人に学び、墨表現・マチエール研究・モノタイプ制作などを実践。日本美術の独自性ある表現をめざします。

PICK UP! 授業

描画材料がもたらす絵肌

日本画表現は素材やマチエールに大きな魅力があります。粒子のある岩絵具や墨を水の力で動かし、感性を研ぎ澄ませます。和紙、麻布、綿布、PP紙などの支持体研究から独自性ある表現をめざします。

制作クラスと模写クラス

制作クラスでは、様々な素材を駆使し、各自の絵画世界を模索します。模写クラスでは、古典の模写を勉強する中で、古来からの日本画技法を学び、描く事で日本美術の歴史と精神を読み込んでいきます。

4
年生

自分を掴んで
未来に羽ばたく。

4年間の学びをもとに自己を認識し、想いを明快な形に表現します。これまで積み重ねてきたことが集大成としての確かな作品となり、それが自信となって社会に出るためのステップに繋がります。

PICK UP! 授業

卒業制作

のめり込み、葛藤し、心の底から引き出した自分の姿を他者にも見える形にしたものが作品です。展示して分かる他者の目に映る自分の姿とは? 恥も外聞もなく、全てをさらけ出した者が勝ちです。

美術工芸学科 コース一覧

Kyoto Art Course

基礎美術で、
日本と世界にブリッジをかける

学べる分野

  • 立花
  • 茶の湯
  • 能楽
  • 漆芸
  • 陶磁
  • 障壁画

Japanese Painting Course

日本画を京都で学べる。
それは最大の贅沢。

学べる分野

  • 日本画
  • 写生
  • 模写
  • 戯画・マンガ
  • 素材研究

Oil Painting Course

描くことは生きること。
描くことで問いかける。

学べる分野

  • 油画
  • 版画
  • テンペラ・フレスコ
  • ドローイング
  • デジタル表現

Photography and Video Course

「撮る」ことで、
あなたは「あなた」と「世界」を学ぶ。

学べる分野

  • 写真
  • 映像
  • 現代アート
  • 写真史・映像史

Textiles Course

伝統に触れ先端を知る。
染織のまち京都で「手しごと」を学び、テキスタイルのプロになる。

学べる分野

  • 染め
  • 織り
  • ファッションテキスタイル
  • インテリアテキスタイル
  • 伝統表現
  • ファイバーアート
  • 雑貨

Mixed Media Course

3つの工房で挑む
自由な立体表現。

学べる分野

  • 彫刻
  • 陶芸
  • ウルトラゼミ
  • 3Dデジタルモデリング

京都造形大学 美術工芸学科が今なぜ注目されているのか!?

京都造形大学 美術工芸学科が今なぜ注目されているのか!?

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら