歴史遺産学科

文化財保存修復・歴史文化コース

Conservation of Cultural Property and Historical Culture Studies Course

歴史や文化を学ぶことは、豊かな未来を育むこと。
守り、伝え、つくる人に。

「歴史遺産」は暮らしの中で生み出され、代々受け継がれてきた文化的な遺産です。世界遺産に登録されるような社寺などの文化財のみならず、町家や民家、仏像や書画、伝統工芸品、また現在の営みなど、さまざまです。過去を知り、歴史を学ぶとは未来に向かいどう生きていくかを考えること。本コースでは現存するモノや人から歴史を読み解き、後世に残す方法を提案、実践します。歴史文化と文化財保存技術を広範囲に学ぶことで、作品として新たな歴史をつくることも可能となります。京都を舞台にフィールドワークを行い、保存・修復・活用の実践、さらに専門領域ごとの研究で理解を深めていきます。歴史を通し「モノ」と「ココロ」両方がわかる専門家を育てます。

学べる分野
  • 歴史文化学
  • 考古学・歴史まちづくり
  • 文化財保存修復(書画・古写真、古文書、典籍、民具、祭礼具、仏画・仏像、漆工芸品、庭園、建築彩色、考古遺物)

キャリアの一例

学芸員
  • 石川県立歴史博物館
  • 舞鶴引揚記念館
  • 奈良県十津川村立歴史民俗資料館
  • 平和祈念展示資料館
研究職・文化財保存技術者
  • 文化庁
  • 大阪府教育委員会
  • 滋賀県立琵琶湖博物館
  • 名古屋城総合事務所
  • 元興寺文化財研究所
  • 空間文化開発機構
  • 美術院
  • 岡墨光堂
  • 松鶴堂
  • 修美
製造・販売・営業
  • 仙太郎
  • くろちく
サービス関連
  • 下鴨茶寮
  • 自遊人
  • 錦水館
  • 住友金属工業
  • ユー花園
  • JA京都
寺社仏閣関連
  • 石清水八幡宮
  • 相国寺
  • 称名寺
  • 京都古文化保存協会
観光・出版関連
  • 淡交社
  • ほか

文化財保存修復・歴史文化コースTopics

歴史に基づいた多様な学び

古今の美術工芸品に触れ、幅広く学べるのが本コースの特徴です。他学科と連携し、歴史や伝統を学びながら制作をすることも可能。今ある歴史を守る人と、未来で「歴史」となるものをつくる人を育てます。

多様なジャンルの研究会

授業外の学びの場として研究会活動も盛んに行っています。ジャンルは音楽や考古学などさまざまで、外部からゲストを招いて研究会を開くこともあります。学年の垣根を超えた交流もこの活動の醍醐味です。

カリキュラム

1
年生

現場に行き、実物を見て、触れる。
歴史遺産に対する考え方や基本姿勢を体得する。

PICK UP! 授業

フィールドワーク

現存する社寺や町並み、祭礼など、世界遺産や身近な生活空間を探訪。教員による解説をただ聞くだけでなく、観察し、考えたことをノートにまとめ、基本となる「気づく姿勢」を身につけます。

歴史遺産を守る調査と計画

仏像など京都に残る歴史遺産を、守っていくための調査。同じテーマでもそれぞれが異なる視点で歴史遺産としての価値を見出します。保存修復計画を提案し、ショート論文を書きます。

2
年生

専門的な講義授業で歴史遺産の知識を習得。
実物を使い保存・修復の演習を行い、基礎的な技術を自らの手に。

PICK UP! 授業

歴史資料から学ぶ

素材である「紙」の特性を知ることからスタート。古文書や絵画史料などを読解する能力を習得します。実際に社寺や地域に伝わる仏像なども調査し、新たな歴史的価値を発見することにつなげます。

文化財科学の基礎を身につける

紙・木材・金属ほか、文化財に使用されている素材の基礎的な知識を習得。顔料や金箔などを用いて模写をするなど、実物の素材に触れながら、科学分析によってそれぞれの特性について理解します。

3
年生

領域別の研修や実習・実験をスタート。
応用的な技術を得る。
他学年と合同で学ぶなどし、研究への視野を広げていく。

PICK UP! 授業

テーマ別の実践実習

「歴史文化学」「考古学・歴史まちづくり」「文化財保存修復」などのクラスに分かれて行う実習。連携する奈良県立民俗博物館の所蔵資料を活用するなど伝統的な技法も学び、文化財への理解を深めます。

専門領域の技術を習得

東洋書画・古写真・民俗文化財・仏像・漆工芸・考古遺跡・庭園など各種文化財の修復技術を学ぶほか、文化財科学、考古学、歴史まちづくりなど専門領域を深めます。

4
年生

全員が研究論文を執筆。
調査、研究、保存修復・活用など自身の専門性をより高める。
今後あるべき歴史遺産の姿を追求する。

PICK UP! 授業

卒業制作・研究

地域住民や行政担当者からのアドバイスも受けながら、幅広い視点をもって論文をまとめます。研究成果が他者に伝わるように考え、展示発表も行います。自身の研究が社会に還元される第一歩です。

卒業論文題目の例(2020年度)

  • ・平安貴族の饗宴―宇治別業出土土師器皿の考古学的研究―
  • ・漆紙文書の劣化条件と出土後の保存性について
  • ・剣油と椿油の防錆性能の比較~刀剣の保存の観点から~
  • ・江戸時代の生活文化から見る行灯の変遷
  • ・水木しげると日本「妖怪」文化
  • ・京都のこれからの観光―新型コロナウイルス感染症(COVID-19)前後から考察する持続可能な観光―

歴史遺産学科 コース一覧

Conservation of Cultural Property and
Historical Culture Studies Course

歴史や文化を学ぶことは、豊かな未来を育むこと。守り、伝え、つくる人に。

学べる分野

  • 歴史文化学
  • 考古学・歴史まちづくり
  • 文化財保存修復(書画・古写真、古文書、典籍、民具、祭礼具、仏画・仏像、漆工芸品、庭園、建築彩色、考古遺物)

文化財保存修復・歴史文化コース 
在学生へのインタビュー

受験生向け情報

KUA 受験生向け情報

芸大のなかにある歴史遺産学科でしか学べない教育とは!?

芸大のなかにある歴史遺産学科でしか学べない教育とは!?

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUA BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら