文化財保存修復・歴史文化コース

Conservation of Cultural Property and Historical Culture Studies Course

歴史と文化が息づくまち、
京都でしかできない学び方。

本コースでは、日本をはじめ世界の有形・無形の文化財について学びます。
また、その保存・修復・活用を実践する意欲を養うとともに、豊かな地域社会を実現する創造力を持った人材の育成をめざしています。
京都は宮廷や社寺、町衆の文化が今も息づき、歴史と文化を学ぶには絶好の環境です。
授業では、京都の豊富な文化財を中心に実際に訪れ、伝統行事へも参加することで歴史遺産が息づくまちの魅力を実感します。
さらに、専門的な講義や演習によって、広範な知識や文化財保存修復の基礎技術を身につけます。
歴史遺産をしっかりと正確に受けとめ、後世に守り伝える一員となることをめざします。

学べる分野
  • 歴史文化学
  • 考古学・歴史まちづくり
  • 文化財保存修復(書画・古写真、古文書、民具、祭礼具、仏画・仏像、漆工芸品、庭園、建築彩色、考古遺物)

NEWS&TOPICS

民俗文化財の保存修復

奈良県立民俗博物館と本学とは連携協定を結んでいます。博物館が所蔵している民俗文化財を教材として提供していただき、授業において、その取り扱いや保存修復の実習をおこなっています。

国際フォーラムで学生が発表

旧真田山陸軍墓地展示室の再構築を学生がおこないました。「史実を分かり易く伝える」を主軸に、聞き取りや文献調査の結果を国際フォーラム「地域文化の再発見-大学・博物館の視点から」で発表しました。

和中庵の考古学的調査

京都市左京区のノートルダム女学院中学・高等学校内にある近代建築「和中庵」。建物の実測や庭園遺構の発掘調査に取り組んでいます。今年度も継続し、庭園の修復をおこなう予定です。

取得可能な免許・資格
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 博物館学芸員資格(※全学科コースで取得可能)
  • 2級考古調査士

カリキュラム

1
年生

実物の歴史遺産に触れ、見て考え、修復のための基礎を身につける。

講義では歴史遺産に関する考え方、基本姿勢を学びます。またフィールドワークを通じて京都の歴史遺産を見学し、保存修復の基礎実習によって、自身の目で見て、聞いて、修復する視座を身につけます。

PICK UP! 授業

フィールドワーク

神社・寺院、町家、町並み、祭礼など、身近な生活空間から世界遺産まで、京都の歴史遺産に実際に足を運びます。京都でしかできない現場主義の学び方です。

保存修復・保存科学の基礎を学ぶ

保存修復や保存科学の基礎的な知識を得ることを目的に、装潢文化財(表装した書画)、漆工芸、日本画模写、文化財の素材について実習形式で学びます。

2
年生

歴史遺産・保存修復に関する幅広い知識や技術を手に入れる。

歴史遺産の幅広い分野の知識を専門的な講義で学びます。演習形式の授業では、歴史をひもとく古文書実習などを通じて保存・修復の基礎的な技術について学びます。

PICK UP! 授業

古文書から歴史と文化を探る

実際の古文書を手にとり、共同作業でその内容や歴史について調べます。古文書読解能力を習得することによって、新たな歴史を発見することが可能となるのです。

文化財保存修復プロジェクト型実習

現実の社会で解決が求められる課題について、学生自身で発見し、実行していく実践的な実習です。写真は、地域所蔵古典籍の修理技法や、建築彩色技法研究の様子です。

3
年生

領域別のゼミや演習で研究の実践的能力を養う。

専門領域クラスに分属し、担当の教員とともに学生自らの問題意識にそって研究課題に取り組みます。調査・研究や実習・実験などの実践を通じて学びます。

PICK UP! 授業

テーマ別の実践演習〈文化財保存修復領域〉

「乾漆伎楽面の制作」「古文書・絵画の保存修復」「民俗文化財の調査」の3クラスで行う演習です。実物を用いた本格的な演習で文化財についての理解を深めます。

専門領域を深める〈歴史文化領域〉

歴史文化、考古学・歴史まちづくりの2クラスに分かれて実践的な活動をおこないます。寺院の未整理史料の調査や京町家の庭園発掘調査など、専門領域をより掘り下げ、自身の研究に活かします。

4
年生

個々の歴史遺産に関する調査・研究・活動成果を社会に発信・提案する。

自らの研究課題に即した卒業論文を執筆。調査・研究・復元制作をおこない、先行研究を踏まえ現状の問題を鋭く指摘し、今後あるべき歴史遺産の姿を追究することを共通の目標としています。

PICK UP! 授業

卒業研究

4年間の集大成として、歴史遺産の保存・修復・活用に関する研究論文を発表。社会に成果を還元します。中間発表では地域の住民や行政担当者などからもアドバイスを受けることにより、幅広い視点から研究を進めていきます。

卒業論文題目(一部抜粋)

〈歴史文化領域〉長野県における近代交通網の整備-七道開鑿事業を中心に- 〈文化財保存修復領域〉新潟県湯沢町におけるマキと年中行事│群青焼けの研究-緑青と比較して-│伏見の剣鉾│紙本墨書の墨の移動について

歴史遺産学科 コース一覧

Conservation of Cultural Property and
Historical Culture Studies Course

歴史と文化が息づくまち、
京都でしかできない学び方。

学べる分野

  • 歴史文化学
  • 考古学・歴史まちづくり
  • 文化財保存修復(書画・古写真、古文書、民具、祭礼具、仏画・仏像、漆工芸品、庭園、建築彩色、考古遺物)

芸大のなかにある歴史遺産学科でしか学べない教育とは!?

芸大のなかにある歴史遺産学科でしか学べない教育とは!?

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD BLOG 学科の最新情報・作品紹介はこちら