プロダクトデザイン学科

Department of Product Design

使う人を想う気持ちが
プロダクトデザイン。

実は、私たちの身の回りにあるもの全てはデザインされています。
車、自転車、テレビ、椅子、コップ、ペン、スマートフォン、時計、玩具など。そういった道具のデザインが、プロダクトデザインです。
プロダクトデザインは形の美しさだけではなく、使いやすさ、使う人がどんな気持ちになるか、そして人々がどんな生活を送れるようになるかを考えます。
そのためには、使う人の心地良さや安全に長く使うための心遣いが必要になります。
本学科では、そうした心遣いと創造性を結びつけてデザインを生み出す方法を学びます。

学科の考え

なりたい “ プロ ” になる

プロダクトデザインは幅が大変広いです。化粧品や電車もデザインの対象領域です。それぞれで求められる能力は基本は同じでも、応用では違います。だから本人がやりたいデザインの領域を探し、将来そのデザインをする “ プロのデザイナー ” になるために何をしなくてはいけないのかを学生と教員で共に考えます。

作ってみる

頭の中だけで考えずに、描いてみる。描いてみて気になるアイデアがあれば、とにかく作ってみる。作って人に使ってもらわないと、本当にそのデザインが良いのか分かりません。机上の空論や自己満足にならないよう、アイデアは作ってみて試します。そして試して知ったことを活かし、デザインをより良くすることが大切です。

卒業生の進路
  • プロダクトデザイナー(家電・家具・自転車・車椅子・IT ・IoT 製品・ 文具・生活雑貨・照明器具・玩具・食器・アメニティ用品・産業用機器・銅器・ペット用品・ゲーム機器・携帯アクセサリー)
  • パッケージデザイナー
  • 模型制作
  • テキスタイル
  • アパレル
  • デザイン事務所ほか

プロダクトデザイン学科 コース一覧

Product Design Course

プロの仕事が学べる
充実の設備と仕組み。

学べる分野

  • 家電
  • 家具
  • 自動車・自転車など乗り物
  • IT ・IoT 製品
  • 文具
  • 生活雑貨
  • 照明器具
  • 玩具
  • 鞄など布製品
  • パッケージデザイン
  • 食器
  • アメニティ用品
  • 模型制作
  • 音響・映像機器
  • 産業用機器
  • インターフェイスデザイン

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら