開催中のイベント
展覧会
ICA京都特別研究員成果発表展「海の中の美術館プロジェクト」
2022年11月30日 〜 2022年12月08日
大学院附置機関ICA京都 特別研究員 韓成南氏の成果発表展を開催!
展覧会
宮田彩加『裏腹のいとは よすが』
2022年10月11日 〜 2022年12月17日
修了生の宮田彩加さんの個展が開催!
展覧会
『KOHEI NAWA: DECODE』
2022年10月26日 〜 2022年12月31日
本学教員、卒業生、修了生の展覧会が上海にて開催!

大学院グローバル・ゼミのゲスト講師によるトーク第36回

GLOBAL ART TALK 036 荒木悠氏「再の差異、Reの話」

日程 2022年11月28日(月)
時間 19:00 〜 20:30
場所 オンラインにて実施。 ウェビナーにてご登録の上ご参加ください。
カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

来る11月28日(月)19:00より、一般社団法人HAPSとの共催による世界的なトップクリエイターを招聘したトークイベント「GLOBAL ART TALK」第36回「再の差異、Reの話」by荒木悠氏(アーティスト・映画監督)を開催いたします。

「彫刻に挫折し、翻訳業を廃業した末に辿り着いた映像インスタレーションを主な表現媒体とし、ここ15年ほど制作を続けてきました。当初パフォーマンスやアニメーションから出発した制作も16mmフィルムやSD/HDヴィデオといったレンズ・ベースの形態に変わり、シングル/マルチチャンネル、同期/不同期といった展開に加え、作品発表の場もギャラリーや美術館、映画祭からオルタナティブ・スペースまでと多岐にわたります。そんな一見捉えどころのない活動を、今回のアーティストトークでは「繰り返し」や「再び」を意味する英語の接頭辞「Re」を手掛かりに、「再現」「再演」「再生」といった3つの領域から紐解いてゆきます。また、本講演を機にあえて母語を封印することで、衰えつつある神経回路の再起を図ります。」

■費用 無料
■定員 500名
■申込方法 ウェビナー事前登録制 http://bit.ly/GAT036_221128
■主催 京都芸術大学大学院、一般社団法人HAPS
■お問合せ GLOBAL_ARTTALK@office.kyoto-art.ac.jp