犀皮漆器の復元:劉 暢(2017年度修了)

プロフェッショナルとしてのクオリティーを獲得する

本領域では、世界の第一線に立てるアーティスト、あるいは、各々の分野でプロフェッショナルとして活躍できる人物の輩出をめざし、そのために必要なクオリティーを磨き上げていきます。技術や専門性を高めるとともに、自己の作品や立ち位置を客観的に見つめられる視点を身につけ、作品を言語化して社会と結びつけていく力を養います。

領域の特長

現役作家と直結した、ゼミ活動と実践

椿昇、名和晃平、ヤノベケンジ、やなぎみわをはじめ、第一線で活躍する作家たちが間近で現代美術に取り組む本学。「ウルトラファクトリー」や名和晃平が主催する「SANDWICH」で、その創造の現場にふれ、自らも創作やプロジェクトを手がけながら、作家としての自覚をまとっていきます。

社会とつながるチャンスが、ふんだんにある環境

鬼頭健吾、大庭大介らが“今、学生に会わせたい”ゲストを招へいする「Pr PROJECTS」や、他大学の修士生と刺激を与え合う「サマーキャンプTOKYO」、著名なギャラリストやコレクターが訪れる「修了展」など、自主的・主体的に動くことで、様々なチャンスを享受できる環境があります。

領域長メッセージ

ひとつのことに、すべてを注ぐ2年間を

大学院では、学部時代に見つけた自分の「核」となるテーマや表現をもとに、作品の「クオリティー」をどこまで高められるかが、ひとつの鍵になると考えています。少なくとも同世代の中でトップに立たなくては、プロとして第一線でやっていくことは難しい。全国に優秀な学生がいる中で、抜きん出ていかなければならない。そのためにも、大学院では自分のやりたいこと一本に、すべてを注いでもらいたいと思います。2年間集中することができれば、どんな世界に行っても、それは生きる。大学院に入ったばかりの4月と、修了間際の3月とでは、学生の目つきも全然違います。やった人は、伸びていく。みなさんの変化と成長を、楽しみにしています。

鬼頭 健吾

美術工芸領域長

鬼頭 健吾

本学大学院芸術研究科准教授。インスタレーションをはじめ絵画や立体など多様な作品を国内外で発表。五島記念文化財団の助成を受けニューヨークへ、文化庁新進芸術家海外研修員としてドイツでも活動。

修了生紹介

わだ ながら
許 品祥(キョ ヒンショウ)さん

アーティスト [ 2016年度修了 ]

台湾出身。大学で舞台美術を専攻し、ステージデザイナーを経て京都へ。やなぎみわの演劇プロジェクトに参加。生と死の間の曖昧な状態を現出させる「半死半生-写真シリーズ」を修了展で発表し、同年、東京での個展も開催。現在は、台湾で音楽・写真の仕事をしながら次作の制作に取り組む。

誰かの答えは、私の答えではない。
自分を、貫き通す自由。

やなぎみわさんの作品に惹かれて、台湾から京都に来ました。先生の演劇プロジェクトに参加し、小道具のデザインなどを手がける一方で、理論的なことも深めたいと考え、大学院に進みました。京都造形は現代美術に強いうえ、「現場」の多い大学です。世界レベルのアーティストが、いかに周りを巻き込み、作品をつくり上げていくか。自己を貫き通していく尋常ではないエネルギーを見せつけられました。私自身も他者に囚われることなく、自由な2年間を過ごしてきました。他人の答えは、自分の答えではありません。その意識が無ければ、学部5年生、6年生になってしまいます。毎日研究室に座って考えることそのものも、私の作品でした。生/死、精神/肉体といった二元論ではなく、そのどちらでもない状態、真ん中の答えというものを探したい。今も、死とその周辺にあるものを見つめ続けています。

周 焱
大久保 紗也(おおくぼ さや) さん

ペインター [ 2016年度修了 ]

福岡県出身。京都に自身のアトリエを構え活動中。「NEWSPACE」WAITINGROOM(東京)、「Japan Young Artist Exhibition」ujung gallery(ソウル)、「第4回CAF賞入賞作品展」など、展示実績を重ねる。 2018年2月には、WAITINGROOMにて個展「a doubtful reply」を開催。

ここを逃してはならない。修了展に賭けて、世界がひらけた。

京都造形は、社会との接点がとても多い大学院。他の大学と比べても、こんなにチャンスにあふれた環境はない。社会に出て、あらためてそう思います。台北との交流展、HOP展、ARTZONEでのグループ展、SPURT展、修了展。短いスパンで次々と展示に追われ、常に負荷がかかっている2年間でした。外とのつながりを否が応でも感じる、緊張感のある毎日。印象に残っているのは、やはり修了展です。自分の作品が売れた。ギャラリーと契約を結んだ。そんな話を先輩から聞いていました。「ここを逃してはならない。出ていかなければ」。3つの作品を出展し、すべて売れた日から、世界が変わりました。作品を買っていただいたコレクターさんのはからいでNYに滞在して制作できる機会をいただき、そこで描いた作品がCAF賞の白石賞を受賞。東京での個展や、コミッションワークなど、いくつもの縁が広がっています。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。