開催中のイベント
展覧会
コレクション展Ⅲ-コレクション×4-
2019年01月12日 〜 2019年01月26日
芸術館所蔵の作品を約70点展示します。
展覧会
【ARTZONE】塑性と蘇生
2019年01月12日 〜 2019年02月03日
神馬啓佑と久保ガエタンによる二人展
その他
【新設】2019年度リサーチ支援型公募研究の募集のお知らせ
2018年12月28日 〜 2019年02月14日
舞台芸術の作品創造における「リサーチ」に特化した研究を募集
展覧会
「太郎冠者と太郎画家 茂山千之丞襲名披露記念|装束披露」
2019年01月12日 〜 2019年02月16日
美術工芸学科 山本太郎准教授の個展が開催。
展覧会
第68回長浜盆梅展
2019年01月10日 〜 2019年03月10日
歴史ある盆梅展を本学の学生が展示プロデュース

Quo Vadis Design … デザイン 何処へ

ディター ラムス氏 とのデザイン シンポジウム

日程 2016年04月20日(水)
時間 18:00 〜 20:30(開場17:30)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

Less But Better 並びに10の原則、また多くの作品などを通して、プロダクトデザインの基本理念や在り方を提示され、世界に大きな影響を及ぼした 巨匠 D.Rams氏がご訪日され、デザインシンポジウムを京都で開催いたします。

グローバルにご活躍され我が国を代表するパネリストの方々を交え、これまでのご活動を振り返ると共に、今後のデザインの在り方を論じる有為 且つ歴史的なイベントと考えます。 モノ創りに関わる方々のご参加をお願い申し上げます。

Quo Vadis Design実行委員会


メインスピーカー: Dieter Rams 氏 (プロダクトデザイナー ミュンヘン工科大学 名誉教授)
講演者 : Fritz Flenkler 氏 (プロダクトデザイナー ミュンヘン工科大学 教授)
パネリスト : 黒川雅之 氏 (建築家・プロダクトデザイナー)
深澤直人 氏 (Naoto Fukasawa Design 代表)
長谷川豊 氏 (ソニー(株)クリエイティブセンター長)
ファシリテーター: 植松豊行 (京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科 教授)

アジェンダ:
1.イントロダクション : ディーター・ラムスとドイツデザイン
2.ディーター・ラムスへのメッセージ :パネリストからのプレゼン、対話
3.ディーター・ラムスと若いデザイナー :学生との対話
4.サマリー

■費用 一般 2000円(当日お支払いください)、 学生無料 (当日、学生証をご提示願います)
■定員 800名(先着350名様は同時通訳 ヘッドフォンの使用が可能です)
■申込方法 d.r.con@office.kyoto-art.ac.jpに氏名、所属・役職、メールアドレス を記載して送信(確認の返信はありません) ※申請締切:2016年4月12日(火)17時
■主催 主催: Quo Vadis Design実行委員会(DDI) 共催: ベルリン日独センター、 京都造形芸術大学 後援: f/p design 、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 等
■お問合せ Quo Vadis Design 実行委員会(DDI )info@ddi-jp.com
関連機関 プロダクトデザイン学科