開催中のイベント
講座・講演
GLOBAL ART TALK 014 マイケル・ジュー
2018年12月17日
本学とHAPSが共催する世界的クリエイターを招聘したトークイベント
展覧会
『Arts and Apes』
2018年12月11日 〜 2018年12月21日
芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展
展覧会
「melty」
2018年12月08日 〜 2018年12月24日
キャラクターデザイン学科 グラフィックデザイン応用クラス成果展

福田直樹写真展「嘱目」

日程 2018年07月28日(土)〜 2018年08月12日(日)
時間 09:00 〜 17:00
場所 瓜生山キャンパス エントランス・ラウンジ
場所詳細 2-116

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

福田直樹写真展「嘱目」概要

開催日時:2018年7月28日(土)〜8月12日(日)9:00- 17:00
開催場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館エントランスラウンジ
料金:入場無料

二人の男が鍛え抜いた肉体を絵筆とし、リングというカンバスに 10 ラウンドの攻防を描く極限のスポーツ「ボクシング」。 躍動する肉体の美しさはもちろん、勝利の栄光にかける情熱や修練によって到達する技巧の極み、筋書きのないストーリーなど、ボクシングには単なるスポーツの枠を超えた芸術的な側面が色濃く含まれています。 本写真展では、ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストであり、WBA 世界ミドル級王者・村田諒太という世界最高峰のボクサーを被写体とし、『パンチを予見する男』と呼ばれ、世界一のボクシング・カメラマンとの呼び声も高い写真家・ 福田直樹氏の美麗な写真によって、村田諒太という稀代のボクサーが持つ魅力、そしてボクシングの持つ芸術性を余すところなくご紹介します。

※本展覧会タイトル「嘱目(ショクモク)」とは? ・今後どうなるか、関心や期待をもって見守ること。「将来を―される」 ・目を向けること。「満場衆員の、最も―する所は」

■費用 無料
■定員
■申込方法 事前申し込み不要
■主催 学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学
■お問合せ 075-791-9122(平日10〜17 時) kouhou@office.kyoto-art.ac.jp(企画広報課)