開催中のイベント
講座・講演
≪11/12(火)開催≫木ノ下歌舞伎オープンラボ第三期
2019年11月12日
【トーク&実演】田茂井廣道(能楽師観世流シテ方)
展覧会
和中庵を読む 第2回 ー近代邸宅の行間ー
2019年11月07日 〜 2019年11月17日
歴史遺産学科生、大学院生、卒業生、教員との共同プロジェク トによる展覧会
展覧会
「『交響のソロ』11人の作家に見るみやぎ美術のいま」
2019年10月09日 〜 2019年12月01日
大学院日本画専攻修了の川村香月さんらによる特別展
その他
2020年度 共同研究公募事業の募集開始のお知らせ
2019年07月18日 〜 2019年12月10日
新たな舞台芸術のヴィジョンを構想する先進的な研究プロジェクトを募集!
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。

日本の美 美術×デザイン-琳派、浮世絵版画から現代へ-

京都造形芸術大学美術工芸学科の山本太郎准教授が出品

日程 2019年08月10日(土)〜 2019年10月20日(日)
時間 09:30 〜 18:00(入館は17:30まで)
場所 富山県美術館
場所詳細 富山県富山市木場町3-20
カテゴリ 展覧会
エリア その他の地域

京都造形芸術大学美術工芸学科の山本太郎准教授が出品する展覧会「日本の美 美術×デザイン」が富山県美術館で開催されます。
「ニッポン画」を提唱する山本先生の作品のほか、浮世絵版画、現代絵画、ポスターなどを、装飾性やデザイン性に着目して展観します。


ーーーーーー以下、パンフレットより引用------

日本美術の大きな特徴のひとつに装飾性があります。琳派の流れは、自然の豊かさをモチーフとし、きらめく金銀の「かざりの美」と洗練されたデザイン性により、絵画・工芸のジャンルを越えて人々に愛されてきました。
また、江戸時代に人々を魅了した浮世絵版画は、古今東西の表現を柔軟に取り入れたものです。大胆な構図や色彩といったデザイン感覚に富む表現は、19世紀ヨーロッパで印象派の画家たちを魅了し、今なお高い人気を誇っています。
明治以降、「絵画」と「図案・デザイン」は区分されるようになりましたが、日本美術の装飾性は多様なジャンルに浸透し、現代でも多くのアーティストやデザイナーに受け継がれています。
本展では、日本の美術にみる装飾性・デザイン性に着目し、琳派、浮世絵版画から現代絵画、ポスターまで、その多様な美の様相を紹介します。


作品説明)山本太郎 狂言花子用素襖三世茂山千之丞ver. 2018 茂山千五郎家蔵

■費用 一般1300円 大学生650円 高校生以下無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 富山県美術館、北日本新聞社、富山県水墨美術館、アーツナビ
■お問合せ 富山県美術館 TEL:076-431-2711
■URL https://tad-toyama.jp/exhibition-event/8041
■関連教員 山本太郎(美術工芸学科)