開催中のイベント
その他
2020年度 共同研究公募事業の募集開始のお知らせ
2019年07月18日 〜 2019年12月10日
新たな舞台芸術のヴィジョンを構想する先進的な研究プロジェクトを募集!
展覧会
旅と文学
2019年12月03日 〜 2019年12月15日
美術工芸学科 写真・映像コース3年生による展覧会
展覧会
フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート
2019年12月03日 〜 2019年12月15日
「KUAD ANNUAL 2020」第3弾プレビュー展
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。
展覧会
芸術館秋季特別展 平成と縄文のあいだ
2019年11月28日 〜 2019年12月24日
縄文土器をはじめとしたコレクション展
注目のイベント
展覧会
フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート
2019年12月03日 〜 2019年12月15日
「KUAD ANNUAL 2020」第3弾プレビュー展

木ノ下歌舞伎 舞踊公演『娘道成寺』

日程 2019年12月07日(土)〜 2019年12月08日(日)
時間 15:00(各回開演30分前ロビー開場、10分前より整理番号入場)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細 特設客席

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

歌舞伎舞踊の大曲で 豊饒な<生>が躍動する— 木ノ下歌舞伎の代表作、 待望の長唄生演奏上演

歴史的な文脈を踏まえつつ、斬新な切り口で歌舞伎作品を現代化してみせる木ノ下歌舞伎。
本作『娘道成寺』は、2008年に『三番叟/娘道成寺』の二本立てで初演し、2012年に30分に短縮した長唄音源を用いて初上演。その後、2017年には長唄の録音音源をほぼ全曲使用した60分のフルヴァージョンとして再創作し、再演を重ねるたびに進化してきました。演出・振付・出演は、きたまり。長唄を基に、背景や心情から、演目そのものを換骨奪胎し、ダンスへと昇華させるきたまりの手腕が、『娘道成寺』に新しい息吹を吹き込みます。今回は、念願の長唄・囃子生演奏ヴァーションを特別に製作。歌舞伎劇場である春秋座にて、迫力の舞台をお届けします。

監修 木ノ下裕一
演出・振付・出演 きたまり

【日時】
12月7日(土)、8日(日)15:00
各回開演30分前ロビー開場、10分前より整理番号入場

【会場】
京都芸術劇場 春秋座 特設客席

【出演】
きたまり

長唄 

―杵屋 東成

―芳村伊四太郎
―今藤小希郎
―杵屋佐喜之

三味線
―杵屋 勝禄

―杵屋 禄宣
―杵屋 禄亮
―稀音家淳也


囃子

―望月太 明 藏
―望月太 明 吉
―望月太明十郎

―望月太八一郎

―藤舎 艘 秀

笛 藤舎 伝 生

舞台美術 杉原邦生
照明 吉本有輝子
音響 大久保歩
衣装 大野知英
舞台監督 大田和司
舞台監督補佐 大鹿展明
演出部 山道弥栄
振付アシスタント 斎藤綾子
宣伝写真 東 直子
宣伝美術 外山 央
制作 本郷麻衣

【チケット情報】
≪整理番号付自由席≫
一般発売 2019年10月9日(水)
友の会先行発売 2019年10月8日(火)

一般         4000円
京都芸術劇場友の会  3500円
学生&ユース     2500円
*未就学児入場不可

【チケット取り扱い】
京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
劇場オンラインチケットストア http://k-pac.org/ *要会員登録(無料)
その他のプレイガイド(チケットぴあ・大学生協)

制作:木ノ下歌舞伎、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)l 独立行政法人日本芸術文化振興会
京都芸術センター製作支援事業

【託児サービス(要事前予約)】
12月8日(日)は、託児サービスをご利用いただけます。
対象:生後6ヶ月以上7歳未満
料金:お子様1名につき1500円
申込み期間:11月29日(金)17時まで
予約・お問い合わせ 舞台芸術研究センターTEL:075-791-9437(平日10-17時)



【関連企画情報】
・木ノ下歌舞伎オープンラボ第三期~『道成寺』編
会場:春秋座ロビー 無料・要事前申込み
お申込み先:京都芸術劇場チケットセンター
ナビゲーター:木ノ下裕一
9/26(木)19時 講師 渡辺保(演劇評論)
10/5(土)15時 講師 山村友五郎(上方舞山村流宗家)
11/12(火)19時 講師 田茂井廣道(能楽師観世流シテ方)

・明倫ワークショップ「“道成寺”をみる」
きたまり版『娘道成寺』をより楽しむために歌舞伎舞踊『道成寺』を中心に、能からアニメまで様々な映像をみながら多角的に検証することで、“道成寺”の魅力に迫ります。
11月17日(日)15時スタート
講師:木ノ下裕一
会場:京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)
定員30名 無料・要事前申込み(10月20日(日)10時より受付開始)
お申込み先:京都芸術センター TEL 075-213-1000

■費用 一般 4,000円   京都芸術劇場友の会 3,500円   学生&ユース 2,500円
■定員 京都芸術劇場 春秋座 特別客席
■申込方法 【京都芸術劇場チケットセンター】TEL075-791-8240  【劇場オンラインチケットストア】http://k-pac.org/ *要会員登録(無料)
■主催 木ノ下歌舞伎、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ 京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
■URL http://k-pac.org/?p=8106